山脇 道子 バウハウスと茶の湯

posted on : □ 本や雑誌

今年の春、久々に帰国して実家に帰省した際、どうしても読み返したかった本を数冊ベルリンへ持って帰りました。

その中の1冊がコチラ、日本人女性で初めてバウハウスへ留学した山脇 道子著書の『バウハウスと茶の湯』の本です。

yamawaki

私はこちらの本を発売当初、誕生日プレゼントで頂いたのですが、まさか自分がその後にドイツ(ベルリン)へ行き、そしてデッサウのバウハウス校舎やMeisterhaus (教授らの住宅)でを見に行くなんて、全く想像していませんでした。

ただ、デザインが大好きでバウハウスに憧れ、いつかは行きたい!と思ったのは事実ですが、特に強く思い続けていたわけではありません。人生って不思議ですね。

デッサウへはベルリンから比較的近いと思います。2010年に行行きました。ベルリンに観光に来られた際はぜひ、デッサウまで足を伸ばしてみてください。日帰りで大丈夫です。ちなみに、お時間がない方は Bauhaus-Archiv(バウハウス・アーカイヴ)へ。

yamawaki02

 

本の中身ですが、けっこう画像が盛り沢山です。大半がモノクロですが全てではなく、カラーの箇所もあります。主に道子さんのバウハウス留学してた頃の作品等ですね。

文章は至ってシンプルで文字も大きめですが、彼女の生い立ちからのストーリーにはググっと引き込まれ、集中して読める内容です。それにしても道子さん、凛としていて、どのお写真も美しいです。

yamawaki03

 

上の画像は山脇 巌邸 (山脇夫妻の邸宅) です。マルセル・ブロイヤーの椅子の配置も素敵な上、物でゴチャゴチャしてないので生活感が一切ない。以前、ブログで記事にしたタマラ・ド・レンピッカのアトリエのパリのアトリエを思い出しました。

こちらもスッキリ・シンプル!この記事を書いてて無性に掃除したくなりました。

『バウハウスと茶の湯』の本は既に絶版ですが、アマゾンのマーケットプレイスで中古品であれば購入可能です。定価自体は3200円でしたので、中古でも当時販売されていた価格より高いプライスになってる可能性がございます。

[amazonjs asin=”4104042013″ locale=”JP” title=”バウハウスと茶の湯”]

You might also like

読書しなきゃ!

最近、積読(つんどく)が増え始めている事に気付き、いいかげんに、きちんと読んでいないものを読み始めな

オススメ! ベルリンのガイドブック

夏休みにベルリンに旅行に来られる予定の方、いつか旅行に行きたいと思っている方、短期・長期問わず住みた

改めて読みたい「魂の目的」ソウルナビゲーション

私の MacBook Air は購入から6年経過。 キーの「O」と「M」部分の色が剥がれ、白く

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

60’s マグナム マガジンより string ( ストリング ) 広告

インテリア好きの方なら名称まで知らなくても見た事ある!という方が多いと思います。 画像は1960年

こんなにも本の表紙デザインが違うとは!

去年、友人から面白かったよ!と教えてもらった本。 新しい主婦「ハウスワイフ2.0」という生き方

Heidi Swanson(ハイディ・スワンソン)レシピ本

数年前に素敵なレシピサイトがあるよ〜! とEMIKOちゃんが教えてくれたのがこちら 101

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。 既に4年も前になるとは...

旅で再び出会った本、あるヨギの自叙伝

皆さんは海外旅行の持ち物チェックリストの中に『本』は入っていますか? それとも旅に『本』は不要でし


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
エア配送? 荷物を紛失させたDPD

オンラインショップで買い物をした際、配送業者を 選べることが出来たら

天才たちの日課 天才たちの「制作・仕事」の秘訣

もう6月。 2019年の半年が過ぎようとしています。 新年に目

友人、スペイン巡礼の旅へ

先週から1週間ほど我が家にステイしていた広島の友人が『スペインの巡礼』

インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top