転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で
ドイツ国内を南下中なのだが、まだゴタゴタしている部屋を見渡しながら、転勤族の家具選びは、かなり大変なのではないかと思った。

一般的に『転勤族』というのは会社や官公庁に勤め、勤務地が変わる人(家族含め)を指すらしいので、大学やプロジェクトで、よりよいポジションを目指して自ら動く、リサーチャー(研究職)は、転勤族ではなく、単なる「引っ越し族」なのかもしれない。

完全にヴィースバーデンに引っ越したから言えるのだけど、2年弱のゲッティンゲン生活は自分にはあわず、正直キツかった。

やはり、言えるのは土地にも相性があって
自分に合う、合わないはあるのだと痛感。

住んでいる時は、絶対にその土地に対して愚痴は言わない!とベルリンを出る前に決意していたので、かなり気をつけていたと思う。

自分の思い込みではあるのだけど、不平不満を口に出せば出すほど、嫌な出来事が自分にふりかかったり、精神的にも更にツラくなるような気がしたからだ。

モヤモヤ感が出て来たら、直ぐさま窓ガラス拭きとかバスルームのタイル磨きとか、掃除ばかりしてたような気がする。

本題の家具選びであるが、とてもじゃないけど大型の家具の所有は出来ない。

ゲッティンゲンで借りていた家の寝室には、壁一面に備え付けのクローゼットが設置されていたので、洋服をはじめ、あらゆるものが収納出来、非常に助かったのだが、ヴィースバーデンではどの部屋にも無し。

何かしら収納用の家具を買わないといけないのだが、このヴィースバーデンも、いつまで住むのかわからないので、サイズは確認必須である。

というわけで、大型家具は持てないとか、買えないとか「ない」にフォーカスすると、しんどくなるので、”その土地” で、意外な良いものに出会えるかも♡ という意識に変えて、出歩くようにしている。

例えば、このデンマーク製の小さめのチェスト。家具を販売してたのを一度も見かけたことはなかった、ゲッティンゲンの、とあるお店で見つけたもの。

チェストの上にのっかってる、DDRのタイプライター( 旧東ドイツ製)の方が3倍もの値段で、店主は私にこちらの方を強く勧めてきたくらい。

この経験からヴィースバーデンでも同様に、散歩がてら諦めず探索する事で、ランプとソファを見つける事が出来た。

今後、時間はかかるかもしれないけれど、大型家具に変わる何か面白いものが見つかるかもしれない!と楽しみにしている。

国内外限らず、古道具屋さんや、売ります・買います系の小さなお店は、大都市よりも小さな街や田舎の方が穴場で面白いもの、素敵なものが見つかる可能性は大きいはず。

引っ越し先の土地に不安があっても
引きこもらず、ぜひ周辺探索をしてほしい。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

You might also like

ドイツ ヴィンテージ Van Daalen の陶器

久々にヴィンテージのお買い物をしました。 Van Daalen のカップで(旧)西ドイツ製です。

ドイツの根管治療(2)

ドイツで根管治療(1)の続きで クーダムの歯科からミッテにある某歯科に変え、診察を受けた後。

ドイツの老人ホームで日本の祖母をおもう。

去年の11月、日本に一時帰国中に認知症で老人ホームにいる祖母に会いに行きました。そして年始はドイツ。

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

インフルエンザを自然治癒で治した経験

インフルエンザを自然治癒で治した経験

熱・のど・鼻にルルが効く♬ のCMにすっかり洗脳された母から『風邪にはルル』 それでも治らない場

ヴィンテージ ランプを分解!銅の錆、緑青の落とし方

まさか、私が自分でランプを分解してみようなんて思うとは... 先週、手に入れたデニッシュ・デザ

Haldenwanger Berlin

Haldenwanger社のアポテケ 小皿 2個セット販売スタートしました。 下の画像

イギリスの最高傑作 POOLE Pottery を使う

久々に更新するカテゴリ「ヴィンテージ記録帳」ですが、ドイツヴィンテージではなくイギリスの最高傑作 P

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.

日本の労働環境 (1) 病欠編

ベルリン在住の日本人の友人に会うと、よく出る話題の1つでもある「日本の労働環境」 フリ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287
新型コロナウィルス マスク着用の義務化

数年前、一時帰国を終えドイツに戻る前日に、母がインフルエンザ予防にと何

新型コロナウィルス その後

自宅隔離中の義弟家族ですが、新型コロナウィルスの陽性反応が出た子供との

義理の弟家族、2週間の自宅隔離に…

ヴィースバーデンでは2名程度だった感染者(確か共にイタリア帰り

新型コロナウイルス 3月になって大きく変化

2020年、今年初めての投稿です。 名称も内容(方向性)も変え、

2度目の熱波より凄まじい暑さのソウル

6月の熱波に続き7月下旬に一度ならずも二度目の熱波到来!! 一度

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top