レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イベントに行ってきました。場所は、CFA Berlin

FANZINES ですが、同人誌 と言えば良いのでしょうか。置かれてる数々のFANZINESはオリジナルでしたが、触っても良いという事で、トーク・イベント終了後はこのテーブルの前は立ち読みする人でいっぱいに。

最初は、なかなか近づく事ができなかったのですが、人が少なくなったところでブログのために!どうにか画像を!と頑張って、この1枚。

pettibon

最初にトーク・イベントに行ってきたと書きましたが、トーク・イベントに「顔」を出してきた、といった方が正しいです。
実は大遅刻してしまったので。

友人に誘われ、現地で待ち合わせをしたものの、当日の夕方、30分の仮眠のつもりが、いつの間にかガッツリ2時間弱も爆睡!

ここ数週間ほど『早朝起き』を心がけ、続けていたのですが、夕方あたりに強い眠気が襲ってくるのです。何の為の早朝おきなのか… 反省!
という事で、内容の詳細を書けなくてすみません。
[amazonjs asin=”0847835006″ locale=”JP” title=”Raymond Pettibon”]

保存

You might also like

Sonntag Berlin

アメリカ人女性とドイツ人男性のアーティスト・カップルが今年の9月にスタートした『Sonntag』とい

Zoologischer Garten Berlin (ベルリン動物園)

小学生の頃に動物園(広島市安佐動物公園)へ遠足で行った以降、ず〜っと長く動物園に行く機会がなく、東京

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 早めにと

フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。 ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽど

お土産に頂いた Bonanza Coffee の豆

2泊3日の短いベルリン滞在中、友人と会う時間を作るのが非常に大変だったのですが、最終日は空いている時

ベルリン

ベルリンの家賃は引き続き値上がり中

久々にベルリン滞在してきました。 すっかり秋模様で道には枯れ葉だけではなく、カスタニエンもごろごろ

ドイツ国内の引っ越し ③

前回 ② からの続きで不動産会社から、唯一コンタクトしてくれた物件に関して 言われた内容な

久々にFehrbelliner Platzの蚤の市

久々にFehrbelliner Platzの蚤の市に行ってきました。 観光客が一気に増える夏、

印象的なセルフ ポートレート

時々、波のように押し寄せてくる感情...『Facebook疲れ』 とはいっても私個人のであって、D

オーストリアのアーティストErwin Wurm

Berlinische GalerieでERWIN WURM展

6月中旬に2泊3日ほどベルリン滞在したのですが、Berlinische Galerieで 今年の4


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
エア配送? 荷物を紛失させたDPD

オンラインショップで買い物をした際、配送業者を 選べることが出来たら

天才たちの日課 天才たちの「制作・仕事」の秘訣

もう6月。 2019年の半年が過ぎようとしています。 新年に目

友人、スペイン巡礼の旅へ

先週から1週間ほど我が家にステイしていた広島の友人が『スペインの巡礼』

インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top