レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イベントに行ってきました。場所は、CFA Berlin

FANZINES ですが、同人誌 と言えば良いのでしょうか。置かれてる数々のFANZINESはオリジナルでしたが、触っても良いという事で、トーク・イベント終了後はこのテーブルの前は立ち読みする人でいっぱいに。

最初は、なかなか近づく事ができなかったのですが、人が少なくなったところでブログのために!どうにか画像を!と頑張って、この1枚。

pettibon

最初にトーク・イベントに行ってきたと書きましたが、トーク・イベントに「顔」を出してきた、といった方が正しいです。
実は大遅刻してしまったので。

友人に誘われ、現地で待ち合わせをしたものの、当日の夕方、30分の仮眠のつもりが、いつの間にかガッツリ2時間弱も爆睡!

ここ数週間ほど『早朝起き』を心がけ、続けていたのですが、夕方あたりに強い眠気が襲ってくるのです。何の為の早朝おきなのか… 反省!
という事で、内容の詳細を書けなくてすみません。
[amazonjs asin=”0847835006″ locale=”JP” title=”Raymond Pettibon”]

保存

You might also like

久々にFehrbelliner Platzの蚤の市

久々にFehrbelliner Platzの蚤の市に行ってきました。 観光客が一気に増える夏、

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 早めにと

ベルリン Cafe Einstein Stammhaus

ベルリンに旅行に来られた方は、ガイド本にも紹介されていて有名なので、既に行かれたり、ご存知の方も多い

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って

ベルリンで iPhone のフロントガラス修理

とうとうやってしまいました。フロントガラスの破損。 たしか1月下旬だったと思います。バスの中にて。

ライプツィヒ 日帰り旅行 (2) グラッシィ工芸美術館

日帰り旅行でのメインとなる場所「グラッシィ工芸美術館」に行ってきました。 MUSEUM IM

ベルリン ケーペニック Köpenick

ベルリン Köpenick (ケぺニック) に行ってきました!今年は少しでもあいた時間ができたらAB

ハンブルガーバーンホフの常設展

現代美術好きにはたまらない?! ヨーゼフ・ボイスやウォーホルの作品がみれる「ハンブルガーバーンホフ

長い間、行かずじまいだった Thai Park

初めてベルリンで一人暮らしをした時、最寄り駅が Fehrbelliner Platz 駅。Thai

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287
新型コロナウィルス マスク着用の義務化

数年前、一時帰国を終えドイツに戻る前日に、母がインフルエンザ予防にと何

新型コロナウィルス その後

自宅隔離中の義弟家族ですが、新型コロナウィルスの陽性反応が出た子供との

義理の弟家族、2週間の自宅隔離に…

ヴィースバーデンでは2名程度だった感染者(確か共にイタリア帰り

新型コロナウイルス 3月になって大きく変化

2020年、今年初めての投稿です。 名称も内容(方向性)も変え、

2度目の熱波より凄まじい暑さのソウル

6月の熱波に続き7月下旬に一度ならずも二度目の熱波到来!! 一度

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top