Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

posted on : ◎ デザイン / アート / 博物館

ノリオ君の first solo show のオープニングに
GALERIE ALBRECHT へ行ってきました。

武蔵野美術大学出身でベルリン在住のアーティストです。残念ながら顔写真はございません。本人が顔写真はダメよ… との事で作品のみの画像です。

このブログ記事に使用してる画像はごく一部で、実際にギャラリーに行けば、沢山の作品が観れます。特に両壁ズラリと並んでいた亀の甲羅は圧巻で、IKEAのカタログを使用し貼られたデザインのパターンが何とも魅力的でした。

norio01

オープニングの終了後は皆で近所のカフェに移動して御茶をしたのですが、そこで面白いエピッソードを話してくれました。

展示のために4ヶ月ほど制作を続け、その間の休みは4日のみ。途中、体調を崩して風邪を引いてしまい、熱が出てしまったそうなのですが、制作するリズムを崩したくないという信念からアトリエに通い続けたそうです。

そして、仕事の合間、展示するギャラリーへ行くため、地下鉄に乗っていた際、近くにいた人が携帯電話で話していたそうです。(ちなみに日本と違って、地下鉄車内でもガンガン携帯電話で話してる人は多数です)その声を聞いた人が駆け寄って「君とサハラ (Sahara) で会ったよね?顔はハッキリとは覚えてないけど、声を覚えてて…」

よっぽど印象のある声だったのでしょうね。この2人はベルリンの地下鉄で『偶然の再会』をしたのでした。そして、片方の人が「サハラでは仕事がぶっ続けであって4ヶ月休みがゼロだったんだよ」と言ったそうです。

それを横で聞いたノリオ君は心の中で
僕は4日休んだ… まだまだだな、と思った、と…

norio02

私はその話に感動してしまいました。
決して “激務” 礼賛をするわけではありません。

ただ、人生において、頑張らなければいけない時はしっかりと熱意を持ってやらなければいけないんだ!と感銘したのと、彼等のベルリン、地下鉄での偶然の再会。

それも「声」での手がかり!もし、その男性が携帯で話してなかったら?単にすれ違ってただけでしょうね。人生って不思議ですね〜。

norio03

来年の1月11日までGALERIE ALBRECHTで展示してるそうなので、ベルリン在住の方、もしくはこの期間、ご旅行で来られる予定のある方、ぜひ行ってみてください。

14日(土曜日)は12時から16時までギャラリーにいるそうです!

GALERIE ALBRECHT
http://www.galeriesusannealbrecht.de
7.12.2013 – 11.1.2014
Charlottenstr. 78
10117 Berlin

Norio Takasugi(高杉憲央)
www.norioiron.com

You might also like

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 早めにと

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

艾未未(アイ・ウェイウェイ)が釈放!

今年の4月3日に中国当局による不当逮捕で長期拘束されていた芸術家で人権活動家もある艾未未(アイ・ウェ

ワイマール Haus am Horn

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)

旅行前からバウハウス大学はしっかり頭に入れていたのですが、義弟(Weimar在住)に、 Haus a

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

ryoji ikeda db – Hamburger Bahnhof

先月、Hamburger Bahnhof (ベルリン) で開催中だった ryoji ikeda db

HENRIK VIBSKOV (ヘンリック ヴィブスコフ)

Nordic Design Today – exhibition に行ってきました! 展示ワンフロ

NOA ESHKOL ダイナミックなウォール カーペット

Dance composer であり、テキスタイルアーティストのNOA ESHKOL(ノア・エシュコ

オーストリアのアーティストErwin Wurm

Berlinische GalerieでERWIN WURM展

6月中旬に2泊3日ほどベルリン滞在したのですが、Berlinische Galerieで 今年の4


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287
新型コロナウイルス 空き店舗が増えてきた…

7月あたりからお店が集まる中心地での空き店舗が増えてきたな... と感

日帰りのみだった夏休み

今年の夏はドイツから出ませんでした。 車で片道1時間で行ける範囲内の

新型コロナウィルス マスク着用の義務化

数年前、一時帰国を終えドイツに戻る前日に、母がインフルエンザ予防にと何

新型コロナウィルス その後

自宅隔離中の義弟家族ですが、新型コロナウィルスの陽性反応が出た子供との

義理の弟家族、2週間の自宅隔離に…

ヴィースバーデンでは2名程度だった感染者(確か共にイタリア帰り

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top