広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

posted on : ◎ カフェ / レストラン, 広島情報

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが
文末に 『ベルリンは雨・・・冬。 チーン』
と書いてあり、思わずパソコンの前でひとり声を出して
笑ってしまいました。

確かにドイツの冬は厳しいです。

冬は長いし、日が沈むのも早いので、あっという間に
夜がやってくる感覚。

そこから脱出して、ドイツより暖かい広島の冬を満喫中なのですが
お寺マルシェの翌日、友人が運転する車で「野の花かふぇ」に
行ってきました。

私の実家は広島市ですが、「野の花かふぇ」の場所は
広島県山県郡なので、山奥です。

この地域、冬は雪が積もるので、車はスタッドレスタイヤが
必須なんだそうです。

野の花かふぇの建物に入る正面、左側に素敵なテラス席のスペースがあり、木々の景色が美しかったので、外で食事をしようかなと一瞬、頭をよぎったのですが、広島市内側の気候と異なり、青空でも空気が冷たかったので諦めました。

冬以外であれば、とっても良さそうです!

“野の花ランチ” がオススメ!という事で、友人が事前に予約を取って
くれてたのですが、限定10食だったとは …

このメニューの黒板を店頭で見るまで知りませんでした。

窓に近い席を選び、一旦着席して注文をした後、店内の中央あった
炎がゆらめく薪ストーブに引き寄せられたのですが、薪が積まれていた上の
フライヤー コーナーで目を引くタイトルのもの発見しました。

~モノづくりからはじまる恋づくり~
D I Y × 婚活

「就活」「婚活」「妊活」「保活」「終活」etc
「●活」と見かけただけで、楽しさよりも、苦しいイメージがあり
ゾワゾワ〜っとしちゃうのですが、D I Y × 婚活 フライヤーは可愛らしい
ほんわか系のイラストでした。

でも「●活」という表現、押し付けられた感があって私は苦手です。

さて、限定食の「野の花ランチ」ですが
コチラ!

想像していた以上のボリュームで、驚いたのですが残すことなく
完食しました。

どれも美味しかったのですが、特にごはん!
炊き方にコツがあるのでしょうか? 硬めで味がしっかりしていて
感動しました。

店内の奥側には「手作りギャラリー」のお部屋があったのですが
食後は「ある場所」に行かなければならず、時間がなかったため
入ってません。

その「ある場所」は次回、続きで紹介します。

車がないと厳しい場所で、平日の営業はなく、金・土・日・祝のみ。

そう簡単には行けないのですが、機会をつくって食事をしに再び
訪れたいと強く感じたお店でした。

野の花かふえ
〒731-1712
広島県山県郡 北広島町都志見733−99
営業時間:金・土・日・祝 10:00〜17:00
TEL:090-7974-8289
道の駅どんぐり村 より車で2〜3分

2018年6月に行った「野の花かふぇ」画像のみの追加です!

You might also like

ベルリン Cafe Einstein Stammhaus

ベルリンに旅行に来られた方は、ガイド本にも紹介されていて有名なので、既に行かれたり、ご存知の方も多い

BULLYSBAKERY – ノイケルン

ノイケルンにあるカフェ BULLYS BAKERY こちらも比較的、新しいカフェです。 今回

Weinerei FORUM

2回ほど立て続けに『Cafe/Restaurant』カテゴリでオープンから1年未満のカフェを記事にし

コンディトライ DU BONHEUR

前から気になっていたものの、外から見る店内の雰囲気(インテリアが...)に心が動かされず、行かずじま

西八王子 Gare de M(ガレ ド エム)

友人の旦那さんが、西洋料理店 Gare de M(ガレ ド エム)を オープンしました! 店

ロザンゼルス Superba Food + Bread で朝食を

「 旅 – America 」 の続きとなります。 サンフランシスコでは、きちんと調べずに外食

(6) パリ ベトナム料理 Au Coin des Gourmets

Parisで美味しかったベトナム料理のレストラン『Au Coin des Gourmets』(オウ・

ワイマール 最古のカフェ Residenz Cafe & Restaurant

ヴァイマー ( ワイマール ) 最古のカフェ レストラン

10月に入り、終日グレーの雲が空を覆うようになり 冬の到来をひしひしと感じております。 再び

もみじ饅頭とフェアトレード

晴れたと思いきや、すぐ曇になって雨が降り出す天気模様だった本日のベルリン市内。仕事が一段落したところ

宮島のタムカイマ(hanauta こやまよしこ+マサハさんのライブ)

以前から地元の友人から聞いていた 『宮島の静かな時を過ごす空間』タムカイマ 一時帰国の時は必


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top