ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ!
の続きとなります。

ウィーン大学で研究職をしているドイツ人女性Vさんと卓球場で合流後、大学に移動。ランゲガッセから、かなり近い場所にあります。キャンパス内にあるカフェで私だけ昼食をとり、夫とVさんはプレゼンテーションのため、校舎の中へ。

食事中にスマホで周囲のトラムや地下鉄を確認し、食後はひとりで行動開始。(キャンパス内はWi-Fiが無料解放されており簡単ログインできます!)

旅行前に調べていた、気になるお店を数軒ほどササっと行った後、ウィーン美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)へ…という予定をたてていたのですが、様々な場所で道に迷い、やっと発見したお店は営業してる様子がなく、移転中なのか改装中なのか不明。この時すでに16時過ぎ。

ウィーン美術史美術館はとても広いと聞いてたので、この日は諦め
翌日に変更して行ってきました!!

ウィーン 美術史美術館

見てください〜。
カヌレ型のような木と可愛らしい丸くカットされた
ポコポコ・シェイプの組み合わせ。

チケット売り場は私達のような観光客で長い列になっていたのですが、スタッフの方が手際よいのでしょう。サクサクと進み、ラクに入館できました。

ウィーン 美術史美術館

入り口付近ですでに豪華絢爛!

ウィーン美術史美術館

きらびやかで美しい
なんて豪華なんだろう…

これが私の心の中の第一声でした。

ウィーン美術史美術館

下画像はクリムトの壁画。

クリムトの壁画 ウィーン 美術史美術館

望遠鏡のようなもので見る場所があるのですが、1台しかない上、順番を待ってみたのですが、よく見えない。

結局は、持参していたカメラの望遠で見た方がラクでした。

クリムト ウィーン 美術史美術館

そして、以前から気になっていた「世界一美しいカフェ」といわれる
有名な Cafe Gerstner(カフェ ゲルストナー)

Cafe Gerstner ウィーン 美術史美術館のカフェ

遅めの朝食をとったのですが、残念な事にあまり美味しくありませんでした。
コーヒー類も。(※ ケーキは食べてないのでわかりません!)

このカフェで御茶や軽食をとらなくても写真は撮れますし、カフェ・スペースに入る事もできるので、美しいカフェは見るだけにした方が良いと個人的に思います。特に上の階から見るとうっとりです ♡

さて、作品ですがマジメに時間をかけて鑑賞していたため、半分も観れませんでした。この日、ウィーン市内から南へ約1時間かかる場所に移動せねばならず、電車の本数が少ないこともあり、泣く泣く美術館をあとにしました。

いつかウィーンに再び行く機会があれば
最低でも1週間は滞在したいですね。

次回はウィーン大学の某教授のお宅に2日ほどステイした内容を書く予定です!

 

You might also like

ベルリン Cafe Einstein Stammhaus

ベルリンに旅行に来られた方は、ガイド本にも紹介されていて有名なので、既に行かれたり、ご存知の方も多い

ゲッティンゲン ベトナム料理 Vietal Village

インテリアがキメキメで、こだわってる風なお店ほど お料理はあんまりかな… という所が多かったゲッテ

ワイマール 最古のカフェ Residenz Cafe & Restaurant

ヴァイマー ( ワイマール ) 最古のカフェ レストラン

10月に入り、終日グレーの雲が空を覆うようになり 冬の到来をひしひしと感じております。 再び

睡魔が襲う人気のBar

どこかしら、アットホームな雰囲気のバー。 人気のバーに行くと、多くの店内が黄色がかった

初めての Air Berlin(エア ベルリン)

Air Berlin エア ベルリンの飛行機[/caption] 先々週、初めて Air B

P103 Mischkonzern

最近、この P103 Mischkonzern に行く機会が多いのですが、夜はチャンスを逃し続け、日

アムステルダム PEER PAPER PLATFORM

お散歩中、ひと際目立っていた黒色の外壁のお店。 立て看板には ART BOOKS MAGAZ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した、ヴィラ クレメンティーネ内に

ライプツィヒ 日帰り旅行 (2) グラッシィ工芸美術館

日帰り旅行でのメインとなる場所「グラッシィ工芸美術館」に行ってきました。 MUSEUM IM

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top