デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS(1)

先月末、念願だった K21 STÄNDEHAUS へやっと行ってきました!

デュッセルドルフは初めてではなく2回目なのですが、初回はケルンから短時間の日帰りだったため、美術館へは行けず。ただディナーをして再びケルン戻りで街の雰囲気さえわからないままでした。

今回はゲッティンゲンから直接、デュッセルドルフではなく、用事があって彼の実家のモンタバウアーに滞在中、そこから車で行きました。片道約2時間くらいです。

出発した午前、4月下旬なのに外は吹雪!雨と雪が混じったような感じだったの「みぞれ」といった方がいいかもしれませんが、春とは思えない驚くような悪天候。

運良く、現地のデュッセルドルフでは晴れていたものの、いきなりの
大雨 → 快晴 → 大雨 → 快晴 の繰り返し。

気温はかなり低くて駐車場からK21Ständehaus まで歩く間「手が寒い〜!手袋が欲しい!」と思ったくらい冷たかったです。

建物の扉をあけて中に入った時はホっとしました。

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS トマス サラセーノ - in orbit

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS

チケットを購入し、展示をみはじめようと思った時は快晴だったこともあり、吹き抜けとなっている空間から上をみあげると Tomás Saraceno(トマス・サラセーノ)のインスタレーション。

大きなシルバーの球が太陽の光りに反射していて非常に美しかったです。

トマス サラセーノ - in orbit

トマス サラセーノ

さて、トマス・サラセーノのインスタレーションですが、安全上、一度に中に入れる人数は最大で10人。混雑時のみ滞在時間は最大で10分なのだそうです。

実は、展示空間には入りませんでした。
今更なのですが少々後悔しております。

トマス サラセーノ - in orbit

トマス サラセーノ

並んでいる人が少なかったので簡単に入れたと思うのですが、見ているだけでも十分楽しめたので、まぁいっか…となってしまいました。

ちなみにこの展示は延長が無い限り、6月までだそうです。

トマス・サラセーノ以外のアーティストの作品も写真を沢山撮ったので、次回は
K21 STÄNDEHAUS(その2)で続きを書く予定です!

You might also like

ワイマール Haus am Horn

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)

旅行前からバウハウス大学はしっかり頭に入れていたのですが、義弟(Weimar在住)に、 Haus a

ワイワイマール リストの家

ヴァイマー (ワイマール) の旅 〜 リストの家 〜

バウハウス大学(Bauhaus University, Weimar) の近くにある『リストハウス

ニュルンベルク名物 レープクーヘン

ゲッティンゲン(1泊2日)から ニュルンベルグへ。 こちらはクリスマス・マーケット&ニュルンベ

Tate Modern – Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) 展

Tate ModernにてGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)展を観に行きました!

ベルリン → ゲッティンゲン → ニュルンベルグ → フランクフルト(郊外)

☆★☆ Merry Christmas and Happy Holidays! ☆★☆ 1泊2

Sonntag Berlin

アメリカ人女性とドイツ人男性のアーティスト・カップルが今年の9月にスタートした『Sonntag』とい

印象的なセルフ ポートレート

時々、波のように押し寄せてくる感情...『Facebook疲れ』 とはいっても私個人のであって、D

Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

ノリオ君の first solo show のオープニングに GALERIE ALBRECHT へ

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

NOA ESHKOL ダイナミックなウォール カーペット

Dance composer であり、テキスタイルアーティストのNOA ESHKOL(ノア・エシュコ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top