久々にお皿を購入

posted on : ヴィンテージ記録帳

数年前に日本に帰国した際、実家におきっぱなしにしていた和食器類を持ってベルリンに戻った以降、食器を購入してなかったのですが、先週ひさびさに購入しました。

heinrich01

同じものが3枚しかなかったので3枚購入。(できれば4枚欲しかった…)日本から持って帰ったものは、15年近く使用していた出西窯のお皿に小鹿田焼の小皿、大皿、沖縄陶器類など。

heinrich02

少し前まで、和食器で洋食も良いもんだぁ〜(その逆も)なんて自分の中で思っていたのですが、変わるものですね。いろいろ試して感じた事なのですが、洋食を和食器で食べるというのは、なんだかしっくりこないのです。

最近は和食を作る機会が減った事もあり、使用頻度がめっきり減っちゃいました。

heinrich03

お皿全体に柄が入っているのではなく、基本『白ベース』でフチに控えめな模様がついているのに惹かれたのですが、お皿の裏にベルリンの住所が入っているのが特に気に入りました。

この、Heinrich Porzellan (Heinrich & Co. )を調べてみたのですが、最初は50年代のモノかなと思ってたのですが、30年代のお皿だと思われます。30年代後半から「Heinrich」部分が筆記体に変更してるようです。

住所をGoogleマップでチェックしたり、細々とした所を見たり調べたりするのが好きです。

You might also like

真鍮クリップを使う

最近、1度開封した袋を留めるのに、木製の洗濯バサミから ヴィンテージの真鍮クリップに変えました。

プッチ(ローゼンタール)のポット

本日から発売スタート『ローゼンタール × エミリオ・プッチ 』の紹介です。 この記事は

クリスマス・プレゼント用のタッセル作り

蚤の市で見つけたヴィンテージのリペア用の毛糸。 赤や緑を選べば、クリスマス・プレゼントの装飾用

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未使用の片手鍋を じっと見つめ

イエナグラスの収納方法

ベルリン在住の日本人男性アーティストのお茶会に呼ばれた時に、キッチンで見かけた良いアイディア。使い込

ナゾの メリタ 陶器フィルター 112

今まで一度も見た事がなかったメリタの陶器フィルター 112 通常、本体にMelittaとあるの

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

ヴィンテージを使用したイースターのデコレーション

日本ではあまり馴染みがないイースター。 各国問わず、クリスチャンの方には非常に大事な行事の1つです

ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

約半年前から欲しいな... と思っていた『Buchlese-Lampe』 文字通りBuch (


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287
新型コロナウィルス マスク着用の義務化

数年前、一時帰国を終えドイツに戻る前日に、母がインフルエンザ予防にと何

新型コロナウィルス その後

自宅隔離中の義弟家族ですが、新型コロナウィルスの陽性反応が出た子供との

義理の弟家族、2週間の自宅隔離に…

ヴィースバーデンでは2名程度だった感染者(確か共にイタリア帰り

新型コロナウイルス 3月になって大きく変化

2020年、今年初めての投稿です。 名称も内容(方向性)も変え、

2度目の熱波より凄まじい暑さのソウル

6月の熱波に続き7月下旬に一度ならずも二度目の熱波到来!! 一度

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top