内側に釉薬が塗られていない器

posted on : 日常のあれこれ

数週間前に内側に釉薬が塗られていない器(デンマーク製)を購入。
『湯のみ』らしいのですが、お椀並みのサイズ。

表面が美しいので一目惚れで即決したものの、内側に釉薬が塗られていない上、色が薄いのでお茶やカフェオレ・ボウルとして使用した場合、すぐ洗わないと色がつくのでは?と懸念していたのですが…

yuyaku

ある日、緑茶を入れて飲み終えた後、そのままテーブルの上に置いていた器の底を見ると、薄緑のラインがクッキリ!慌てて洗ったものの、消えないのです!

重曹を取り出し、すり込むように洗っても、緑色のラインが取れなかったのですが、何度も同じ事を繰り返して、や〜っと消えたのでした。飲み終えた後、”即” 洗うか、クッキー等の乾きものを入れるしかないのかもしれない。

素地は味わい深いものの、特に内側は日常生活では厳しいものがあるな、と痛感。実は内側に釉薬が塗られていない、ヴィンテージのデンマーク製の器の販売を考えていたので、良い経験でした。

この手の器は、汚れを付き難くするため、幾つか方法があるようなのですが、販売は見送ろうと決めました。

You might also like

芥子色 (からしいろ) の 世界

東京に住んでいた頃、洋梨は高かった記憶があるのですが、もっぱら安価で購入できる「梨」(和なし)を好ん

ドイツの近所付き合い

ヴィースバーデンに引っ越して2ヶ月経過した頃でしょうか。建物中のエントランスで会った男性が、「ヒンタ

多肉植物レポート パテンシス

ベルリンに住んでいた頃に多肉植物の記事を幾つか書いたのですが、この時期に育てていた多肉植物は1種類の

初めての来客とパスポート事件

ゲッティンゲンに引っ越して3ヶ月経ちました。 引っ越し後、ベルリンに戻りたくなったり、淋しくな

連日、工事の騒音でストレスが…

ちょっとした宮殿?のような正面玄関の両壁と天井。 残念ながら"同じ建物"に住んでいるのにも関わ

ドイツ国内の引っ越し ①

去年の10月15日にゲッティンゲンの家を完全退去したのですが、実は9割近くの荷物はゲッティン

大変だったベルリン戻り

1週間ほどフランクフルト郊外に滞在したのですが、ベルリンに戻るのがとても大変でした。 27日に

都内の猛暑は苦い思い出

続きの「オーストリア で11世紀の要塞城に宿泊(3)」の前に ひと休みさせてください。今日はここ数

初めてベルリン以外でビザ更新 ②

初めてベルリン以外でビザ更新 ① の続きです。 3回目のビザ更新をベルリンでした際、3

多肉植物レポート(ベルリン)

パリ記事つづきの合間に『多肉植物レポート』を。 友人からプレゼントで頂いたにも関わらず


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287
新型コロナウィルス その後

自宅隔離中の義弟家族ですが、新型コロナウィルスの陽性反応が出た子供との

義理の弟家族、2週間の自宅隔離に…

ヴィースバーデンでは2名程度だった感染者(確か共にイタリア帰り

新型コロナウイルス 3月になって大きく変化

2020年、今年初めての投稿です。 名称も内容(方向性)も変え、

2度目の熱波より凄まじい暑さのソウル

6月の熱波に続き7月下旬に一度ならずも二度目の熱波到来!! 一度

熱波の到来で強烈な暑さ

6月に、これほどまで強烈な暑さになったことが あっただろうか。

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top