オススメ! ベルリンのガイドブック

posted on : □ 本や雑誌

夏休みにベルリンに旅行に来られる予定の方、いつか旅行に行きたいと思っている方、短期・長期問わず住みたいと思ってる方にオススメしたい本があります!

P-Vine Books から出版されているコチラの CITY BOOK OF BERLIN

berlin01

色目もデザインもシンプルでカッコイイですよね。

他、情報盛りだくさんの内容で決して薄くないのにも関わらず軽いのです!!
旅行中の持ち歩きに非常に適してるなと思いました。

berlin02

ショップや観光案内だけではなく、クリエイターのインタビュー・ページもあるので読み物としても面白く、特にベルリンに住もうかなとご検討されている方にはピッタリだと思います。

berlin03

 

余談ですが、クリエイターのインタビュー・ページに掲載されているカールステン・ニコライ 氏。まだ私が東京に住んでいた頃、代官山のどこかで展示を観に行った事があります。CDも持っていました。なのにも関わらず「音」と「作品」だけしか知らず、この本を手に取って初めて「お顔」を見たのでした。

最後に。マップとしての情報が盛りだくさんなので、住み始めてからも引き続き使える本です。私は今だに行った事がなかったり、知らなかったりするお店が沢山ありました。忘れないうちに、再び本を開いてチェックしてみたいと思います!

【注意】この本に限らず、Webマガジンやブログで紹介されている、ベルリンにあるショップの閉店や移転は少なくありません。実際、私がブログ初期に紹介したカフェも数店舗は既に閉店してます。行く前にHPページで調べる事をおすすめします。

[amazonjs asin=”4906700330″ locale=”JP” title=”CITY BOOK OF BERLIN (P-Vine Books)”]

You might also like

読書しなきゃ!

最近、積読(つんどく)が増え始めている事に気付き、いいかげんに、きちんと読んでいないものを読み始めな

Heidi Swanson(ハイディ・スワンソン)レシピ本

数年前に素敵なレシピサイトがあるよ〜! とEMIKOちゃんが教えてくれたのがこちら 101

山脇 道子 バウハウスと茶の湯

今年の春、久々に帰国して実家に帰省した際、どうしても読み返したかった本を数冊ベルリンへ持って帰りまし

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。 既に4年も前になるとは...

こんなにも本の表紙デザインが違うとは!

去年、友人から面白かったよ!と教えてもらった本。 新しい主婦「ハウスワイフ2.0」という生き方

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

旅で再び出会った本、あるヨギの自叙伝

皆さんは海外旅行の持ち物チェックリストの中に『本』は入っていますか? それとも旅に『本』は不要でし

recycled home / ベイリー夫妻

以前、facebookの DILL objectsのファンページ のwallで、イギリス在住の163

60’s マグナム マガジンより string ( ストリング ) 広告

インテリア好きの方なら名称まで知らなくても見た事ある!という方が多いと思います。 画像は1960年


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top