カメルーンの青年に助けられる

断ったらいきなり豹変!引っ越しトラブル
の続きです。

オーナーの奥様に”前日” に、明日の12時まで引き取りに来い!
と無理難題をふっかけられ、危機状態だったのですが、無事にゲッティンゲンで全ての荷物の引き取りが完了。

しかし、ヴィースバーデンに到着した後に再び新たな危機が!

ヴィースバーデンでは3名の人を雇い、18時にアパート前で集合にしていたにも関わらず、1名の青年のみで、他の2名はドタキャン。ひとまずキャンセルして予定を変更しても良いのですが、雇った人が翌日、確実にきてくれる保証はありません。

どうしよう… と頭をかかえてたところ、唯一時間通りにきてくれたカメルーンの青年が、明日 必ず来れる人材を僕が個人的に確保してくるから!と言ってきたのです。

青年の名前はチャールズ。

何か不思議な魅力がある人というのが第一印象で瞳が綺麗。おまけに服装がインテリ風。とりあえず私達は携帯番号を交換し、翌日の14時にアパート前に集合にしました。

そして翌日、きちんと約束通り2名を連れてきてくれたチャールズ。

彼と同様、カメルーンから来ている留学生の青年でした。引っ越し作業は慣れているのか、着替えや軍手のような手袋も持参してきていて、作業が的確でとっても早いのです。

ちなみに彼等と会うまで私はカメルーンの事を何1つも知らなかったのですが、母語はフランス語なんですね。

作業中の3人の会話がフランス語だったので、なぜ留学先をフランスではなくてドイツにしたの?と聞いたら、フランスはドイツよりビザの取得が厳しいからドイツにした。フランスだと語学をゼロから学ばなくても良かったんだけどね。と言っていました。

最終的に、彼等の真面目できちんとした仕事のおかげで予定していた時間よりも早く終わる事ができ、その晩は、有り難いな。本当に良い出会いだったな…と感動しながら眠りについたのでした。


例のゲッティンゲンのオーナーの奥さんですが、私達は奥さんに関して旦那さんに彼女からのメール内容の報告や抗議はせず、もう一切、関わらないでおこうと決めて、このトラブルもすっかり忘れつつあったところ、先方から敷金とは異なるお金が振り込まれたのです。

どうやら私達から光熱費を多く取っていたらしく、返金しますと。

どういう展開かわかりませんが、結果的には良かったです。

You might also like

真剣に選び、大事に使い続ける事

キッチンに何かしら柳 宗理デザインのものを持っている方 決して少なくないと思います。 こちら

進まないどころか始まらない工事

シャワー・スペースのドアが壊れて既に1ヶ月経過。 かなり古いタイプだったせいか、大家に連絡した

ベルリン

ベルリンの家賃は引き続き値上がり中

久々にベルリン滞在してきました。 すっかり秋模様で道には枯れ葉だけではなく、カスタニエンもごろごろ

や〜っと、ヴィースバーデンへ

や〜っと、引っ越し出来ました。 家の契約自体は2月1日からだったのですが、沢山のトラブル続きで

ドイツ国内の引っ越し ③

前回 ② からの続きで不動産会社から、唯一コンタクトしてくれた物件に関して 言われた内容な

本当にウサギの顔ですか?ねずみ男に見えるマジパン

今年のイースターは3月31日。スーパーではイースター・エッグ・チョコやバニー・チョコが販売されている

イースター休暇

引っ越し後、インターネットのトラブルで使えず。 先週の土曜日にやっと02の人がきてくれて開通し

帰国したら、街はすっかりクリスマス風景!

2ヶ月近い、一時帰国を経てドイツ(ゲッティンゲン)に帰国しました。 街並はすっかりクリスマス!

インフルエンザを自然治癒で治した経験

インフルエンザを自然治癒で治した経験

熱・のど・鼻にルルが効く♬ のCMにすっかり洗脳された母から『風邪にはルル』 それでも治らない場

アジアは若いうちに行け?(モンゴル)

最近ふと思うのが、まだ日本に住んでいた頃、そして若い頃にもっとアジア旅行をしておくべきだったなという


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top