ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

posted on : ● いろいろヴィースバーデン

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元号「令和」が始まった5月1日、以前から気になっていた場所『ゾンネンベルク』へ行ってきました。

ヴィースバーデンの中心地からバスで約15分程度で行ける距離なので、いつでも行けると思いつつ、行くことがないまま2年も経過!

そういえば、友人の友人が「いつでもノートルダム大聖堂 (パリ) へは行ける。建物はなくならない … 」という考えで、パリへ旅行に行っても観光名所の1つであるノートルダム大聖堂は外し、一度も中に入ったことがなかったんだそうです。

それが先月、まさかの大規模火災の惨事!!

大後悔してると聞き、やはり何が起こるかわからないもんだなぁと。

特に私たちの場合は、ヴィースバーデン(フランクフルト含め)定住するわけではないので、いつでも行ける〜♫ ではなく、行ける時に気になるところは、さっさと行っておく!と決めたのでした。

ゾンネンベルク城塞までの距離ですが
バスから下車して急な坂道を上がり、約5分程度。

想像していた以上に近くて驚いちゃいました。

途中、城壁が見えてくるのですが
ウィーン大学のM教授のご自宅(←過去記事へのリンク)
と似てる…

廃墟となってる建物から木が飛び出しているところなんか
全く同じ。

ちなみに1200年に建てられたというから、M教授のお住まいと同じ時代です。

初めてだったオーストリア旅行を思い出し、懐かしく感じてたところ、到着と同時に目に飛び込んだサインは

工事中で立ち入り禁止!!!

自分の背丈以上に高い柵があって、その隙間から撮影したのですが、上画像の位置までが精一杯!

これ以上、前へは進めず…
とほほ。

仕方がないので、とぼとぼと上って来た坂を下り、周囲を散策したのでした。

塔がある小高い場所からけっこう離れた場所で、ガッチリと
そびえ建つ壁を発見!1365に建てられた城壁でした。

城壁以外にも、二箇所ほどアーチ型の城門もあり、小さなエリアではありましたが十分、楽しめました。

ゾンネンベルク城塞の、塔の部分が「城塞博物館」になっているらしく
開館期間は4月から10月。

毎月第1日曜日のみ。
時間は14:00 – 16:00時

たったの月いち開館日に、開館時間も2時間のみと限られていますが、歴史好きな方や城塞、要塞に興味ある方は、訪ねて見るのも良いかと思います!

他、城塞敷地内にレストランもあったようなのですが、リニューアルのため現在は別の場所で営業しており、再び城塞でオープンするのが2020年とありました。

最後に。

このゾンネンベルク城塞、”ナッサウ公にとって戦争での重要なとりで” とあったので、戦争といっても何処と?何(何処)から守るため?と非常に気になったんですね。

帰宅後、ネットで調べてみたら、これまた2年くらい前から行ってみたいと思っていた場所、エップシュタイン城のエップシュタイン家でした。

行きたかった場所と場所が繋がっていました。

それにしても、ゾネンベルグとエップシュタイン間、車であれは約25分程度。徒歩だと3時間弱。かなり近距離で敵対してたとは…

エップシュタイン城ですが、この夏までには行こうと思っているので、行ったらブログで紹介します!

※ ネコ画像はオマケ。※
ゾンネンベルク城塞近くにいた猫です。


You might also like

Kletterwald ネロベルグ ヴィースバーデン

イースター休暇で先週の金曜日から2泊3日でベルリンから友人カップルが泊まりに来てくれました。

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しくならない?」なのですが、ベルリ

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひしひしと感じました。 窓

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、なくなっていました。 ヴ

ヴィンテージ ランプを分解!銅の錆、緑青の落とし方

まさか、私が自分でランプを分解してみようなんて思うとは... 先週、手に入れたデニッシュ・デザ

ドイツ国内の引っ越し ④

ドイツ国内の引っ越し ③ の続きです。 ベルリンでの家探しをしていた同じ時期(去年の秋)に

カメルーンの青年に助けられる

断ったらいきなり豹変!引っ越しトラブル の続きです。 オーナーの奥様に"前日" に、

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した、ヴィラ クレメンティーネ内に

美味しいキムチを求めて

ゲッティンゲンからヴィースバーデンに引っ越して、何が一番嬉しいかというと 納豆が購入できる事!

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近くにあった、タッチパネル型のチ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287
新型コロナウイルス 空き店舗が増えてきた…

7月あたりからお店が集まる中心地での空き店舗が増えてきたな... と感

日帰りのみだった夏休み

今年の夏はドイツから出ませんでした。 車で片道1時間で行ける範囲内の

新型コロナウィルス マスク着用の義務化

数年前、一時帰国を終えドイツに戻る前日に、母がインフルエンザ予防にと何

新型コロナウィルス その後

自宅隔離中の義弟家族ですが、新型コロナウィルスの陽性反応が出た子供との

義理の弟家族、2週間の自宅隔離に…

ヴィースバーデンでは2名程度だった感染者(確か共にイタリア帰り

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top