アムステルダム 街の風景

posted on : ○ 旅 - オランダ

4泊5日、テッセル島で過ごした後は
1泊のみアムステルダムにステイしました。

ホテルはアムステルダム中央駅から近い
Hotel NH Collection Amsterdam Barbizon Palace
( NH コレクション アムステルダム バルビゾン パレス ) に。
名前が長い…

NH コレクション アムステルダム バルビゾン パレスのロビー

ホテルはシティーセンターに位置するので
1泊2日には非常に最適でした。

無目的に街中を
ひたすら歩いて散歩。

時間に余裕があれば
運河クルーズなんてのも良いかもしれません。

建物をみると、内装はどんな感じなんだろう?
家賃はどのくらいするんだろう?
と気になります。

同心円状にめぐってるんだよね…と頭の中で意識しながら歩いてみたものの、何度も橋を渡っていたら方向音痴のせいか、よくわからなくなり、Googleマップで何度も確認。

住むとすぐに慣れてくるのでしょうね。

私は、アムステルダムに住む友人は1人もいないので、お店の情報は何もわからず、そして得に調べもせず。

行き当たりばったりだったのですが、歩いてて気になったカフェ等に入ってみたので、引き続きアムステルダムの内容で更新します!

保存

保存

保存

保存

保存

You might also like

オランダ テッセル島(その3)サイクリングの日々

テッセル島(その2)De Koog(デ コーフ) の続きです。 テッセル島に着いた翌日の午後

Sukha Amsterdam スーカ アムステルダム

カテゴリ 「 旅 – Amsterdam & Texel 」 の続きですが、この記事でア

オランダ テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ①

先々週でしょうか。長い付き合いの友人が3度目のインド旅行から日本に帰国したので旅話しを聞く為

アムステルダムの美味しいラーメン RAMEN-YA

「 旅 – Amsterdam & Texel 」の続きです。 滞在していたホテルから

アムステルダム 不思議なお花屋さん

すっかりブログに書くのを失念してたのですが、去年の秋 ゲッティンゲンから陸路でアムステルダム&テッ

オランダ テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ②

『チノチノ差別事件 ① 』からの続きです。 何? 何が言いたいの? どういう意味?

ARCAM アムステルダム建築センター

「 旅 – Amsterdam & Texel 」シリーズの続きです。 Texel島は

アムステルダム PEER PAPER PLATFORM

お散歩中、ひと際目立っていた黒色の外壁のお店。 立て看板には ART BOOKS MAGAZ

オランダ テッセル島(その2)De Koog(デ コーフ)

テッセル島(その1)デン ヘルダーへ。 からの続きです。 島に到着後は再びバスに乗り、宿泊先

オランダ テッセル島(その1)デン ヘルダー へ。

アムステルダム 不思議なお花屋さん の続きになるのですが、行った順番はテッセル島が 先だった為


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top