ロシアのそろばん にうっとり

posted on : ヴィンテージ記録帳

私自身にコレクター癖はありません。ただ、数年前から見たら興奮して、つい購入してしまうモノあります。それが、この『ロシアのそろばん』

初めて見た場所は西側の蚤の市。画像にはないのですが、ボロボロの状態の上、ホコリが全体に張り付いている状態。それでも木目の美しさに引かれ、買ってしまいました。

abacus01

その後は、あれば買い足しているのですが、そうそうないので数は殆ど増えていません。

実は、1度だけミカン箱よりも少し大きいくらいのビッグ・サイズのロシア式そろばんを、同じ蚤の市で売っているのを見かけた事があるのですが、これは見てみないフリをして、そのまま帰宅しました。

買っておけばよかったかなぁ〜、なんて後から思ったものの、実際に何処に置けるの?というサイズだったため、後悔の嵐という心境までは至っていませんが、正直に言うとなかなか忘れることができません。

abacus02

使い方はいまだに全くわからず… ただ、飾って「うっとり」しているだけです。

ロシア語で書かれている紙のシールが貼ってあれば、なおさらOK!全てにラベルがあるわけではなく、時代経過で剥がれちゃって無いものもあります。

abacus03

使用方法と同様、何が記載されてるのかもわからず。
数がある程度、集まったら販売してもいいなと考えています!

abacus04

ロシアのそろばんは、販売後にSOLD OUT
になりました。ありがとうございました。

You might also like

転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で ドイツ国内を南下中なのだが、

Haldenwanger Berlin

Haldenwanger社のアポテケ 小皿 2個セット販売スタートしました。 下の画像

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿スタンド」を購入しました。

アントワープ旅行 ⑦ アントワープの蚤の市

かなり以前に「アントワープの蚤の市はいいよ〜!」と 聞いた事はあったのですが、今回  "初" のア

三猿 (さんざる) オープナー・セット

去年の誕生日プレゼントで頂いた『三猿 オープナー・セット』 (下記画像が頂いた三猿です!)

ヴィンテージ メリタでひとりコーヒータイム!

あなたはコーヒー党?それとも紅茶党? 私はコーヒー党です。いわゆるダージリンやアッサム等の定番

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

真鍮クリップを使う

最近、1度開封した袋を留めるのに、木製の洗濯バサミから ヴィンテージの真鍮クリップに変えました。

金継ぎ(きんつぎ)は金相場で修理費が変わる?

この冬、日本一時帰国中にやりたい事、行きたいところを ピックアップして忘れないようにメモしているの


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288
2度目の熱波より凄まじい暑さのソウル

6月の熱波に続き7月下旬に一度ならずも二度目の熱波到来!! 一度

熱波の到来で強烈な暑さ

6月に、これほどまで強烈な暑さになったことが あっただろうか。

エア配送? 荷物を紛失させたDPD

オンラインショップで買い物をした際、配送業者を 選べることが出来たら

天才たちの日課 天才たちの「制作・仕事」の秘訣

もう6月。 2019年の半年が過ぎようとしています。 新年に目

友人、スペイン巡礼の旅へ

先週から1週間ほど我が家にステイしていた広島の友人が『スペインの巡礼』

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top