黒澤監督の「夢」の最終章「水車のある村」

posted on : □ 映画のあれこれ

蛍光灯の光がどうも苦手です。
私と同じように蛍光灯の光が嫌いな方、決して少なくないと思います。

hikari01

ベルリンで、散歩してて良いな〜っと感じるのが、小さな本屋さんが日が落ちてから店内を照明で照らしすぎるのではなく、まるでおうちの寝室にあるようなスタンド・ランプ等で、落ち着いた明かりで抑えめに演出してるところ。

日本だと大型店舗はもとより、比較的小さな本屋さんまで蛍光灯をガンガンに使用しているお店が多いですよね。もちろん書店のみに限った事ではございません。

hikari02

オープンテラスのカフェやバーでも夜、外 (店先) を派手に照らしていません。けっこう暗めですが、キャンドルを利用するなどして上手にあたたかい色の雰囲気を出しています。

Village of the Watermills|Akira Kurosawa from Sumana on Vimeo

最近、夜に散歩していてよく思い出すのが、黒澤明監督の映画「夢」の中の最終章  “水車のある村” で、主人公が電気をひいてない村に関して「夜は暗くないですか?」の質問に対し、老人がこう答えるシーン。

暗いのが夜だ。
夜まで昼のように明るくては困る。
星も見えないような明るい夜なんて嫌だね。

東京で仕事をしていた頃、日中室内は明るいのにも関わらず、室内を蛍光灯をつけて仕事をする環境がとてもイヤでした。仕事内容は業務中、ずっとパソコン2台と向き合っていたので、ディスプレイの光りと天井からの蛍光灯とダブルで明るいのです。もちろんディスプレイの明るさは抑えめに設定していました。

幸いな事に勤め先は良い上司と同僚達に囲まれていたので、蛍光灯を1列ほど消して頂きたいと訴えたら快く承諾してくれました。

ただ、心の中では日中は自然光だけで仕事をしたいと思い続けていました。現在、その夢が叶っています。(自営業なので…)ベルリンの暗い夜が好きです。私も星も見えないような明るい夜は嫌です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

映画 her / 世界でひとつの彼女

映画 her / 世界でひとつの彼女 を観た母の感想

『全然面白くなかつた』『金返せだつた』 これは、母の短いメールでスパイク・ジョーンズ監督・脚本によ

シルクが似合う女

最近、地下鉄でみかけたジョシュア・ベルのコンサート・ポスターでふと思い出した映画「ラヴェンダーの咲く

壁の色と壁紙の関係

今年の5月6月とアルトバウ (築100年以上の古い建物) 中心に家探しにあけくれていました。本当にい

毒親の連鎖 映画「8月の家族たち」

新作映画ではないのですが 今年のはじめに観た映画『8月の家族たち』の紹介です。 この映画に、

Ex Machina(エクス・マキナ)の舞台となったホテル

小さな映画館 LUMIER で エクス・マキナ を観た! の続きになります。 映画館 LUM

映画『ビフォア ミッドナイト』

オーストリアで、映画『ビフォア ミッドナイト』を思い出す

今日は オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(3) の続きはつづきなのですが、前回、詳細は「次の記

「メリンダとメリンダ」キッチン・インテリアのヒント

映画「メリンダとメリンダ」からキッチン・インテリアのヒントあり! 映画 メリンダとメリンダ[

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語の映画化 メッセージ 原題はArrival

テッド・チャンというSF作家をご存知でしょうか? 私は11月11日に米国公開されるこのTraile

原爆投下から70年 映画 黒い雨

今日は広島原爆投下から70年になります。 ドイツ時間の昨晩深夜にネットから平和記念式典営の様子

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top