ヴィンテージ クリスマス キャンドル

posted on : ヴィンテージ記録帳

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメントやキャンドルが見つからないままなので、一昨年と去年に購入したヴィンテージ クリスマス キャンドルを簡単に紹介させて頂きます!

xmas01

劣化してるだけなのか、元々とろけちゃってるシルエットのデザインなのか不明ですが、上のサンタさんと下画像の雪だるま(スノーマン?)とツリーはセット販売されてたキャンドル。赤い箱の中にサンタ2個、雪だるま2個、ツリー1個(1本)の組み合わせでした。

箱の文字はドイツ語ではなく、英語だったので英語圏の国の商品だと思われます。(生産国の記載なし)ドイツに失礼ですが、ドイツのキャンドルだとサンタも雪だるまももっとコワイ感じの顔になってる気がするんですよね。

xmas02

ベースのエメラルド・グリーンに飾り付けしたイラストが可愛らしいクリスマス用キャンドルは旧東ドイツ製 VEB Wittol の商品。実は、ブログで初めて使用した画像なんです。懐かしい…

xmas03

去年、50〜60’sのクリスマス用のヴィンテージ・キャンドルを販売しようかなと思ったのですが、個人的に使用した結果から却下! 残念ですが、やはりキャンドル自体に劣化がみられます。飾って見て楽しむのが一番かもしれませんね!

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

HARIO (ハリオ) のコーヒーミル・セラミックスリム 検証と感想!

去年からベルリンのカフェで販売しているのを見かける日本のHARIO(ハリオ)製品。 さすがにカ

ヴィースバーデン eigenart7 ヴィンテージ ストア

ベルリンだと多い、ヴィンテージを扱うインテリア ショップ。 私はベルリン時代、蚤の市だけではなく、

エノク・ウェッジウッドの魅力

日本でも超有名で知名度も高いイギリスの陶磁器メーカー、ウェッジウッド。(Wedgwood)ところで、

プッチ(ローゼンタール)のポット

本日から発売スタート『ローゼンタール × エミリオ・プッチ 』の紹介です。 この記事は

愛着を持ち続けられる小物をデスクまわりに!

デスクまわりの小物にこだわりはありますか? 私の場合はパソコンに向かっている時間が長いので、デ

ロシアのそろばん にうっとり

私自身にコレクター癖はありません。ただ、数年前から見たら興奮して、つい購入してしまうモノあります。そ

非売品の mono アイテム

先日、Peter Raacke 氏に取材に行ったことがあるという 友人から mono のレア・アイ

ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

約半年前から欲しいな... と思っていた『Buchlese-Lampe』 文字通りBuch (

冬に向けて木の素材を楽しむ

木製の素材ってやっぱり良いな〜と、最近つくづく感じています。 先週、久々に自分用にお買

メリタのコーヒーフィルターとケメックス

ヴィンテージ・メリタの陶器製フィルターをオンラインショップ DILL objects / 現在リニ

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top