楽しすぎて延泊!ワイマール(ヴァイマー) 旅行

posted on : ○ 旅 - ドイツ

7月下旬に行ったヴァイマー(ヴァイマル)。
当初、3泊4日の予定だったのですが、あまりにも楽しくて…
帰りの電車チケットを購入していなかった事もあり、2泊ほど延泊しました。

ヴァイマル旅行

ヴァイマーには義弟が住んでいるのですが、まだ大学生。
住んでいるお部屋は1人暮らし用で狭いので、私達はホテルをとりました。

ヴァイマル旅行

観光地にしては外食もホテルもリーズナブル。
ホテルも含め、カフェやレストランはゲッティンゲンより安いです。

ヴァイマル旅行

街中、どこでも歩いて移動できます。
どの美術館も徒歩圏内にあるのでバス等に乗る必要がなく
非常に観光がラクチン。場所を探して迷う事もありませんでした。

日中の殆どは1人行動。

ヴァイマル旅行

バウハウス関連以外は観たくないと拒否され(苦笑)
バウハウス大学(こちらツアー参加)と Musterhaus Am Horn のみ
義弟+夫+私 と3人で。

他、ゲーテハウス、シラーハウス、ゲーテ ガルテンハウス、リストハウス
は1人でまわってきました。

私は美術館と映画館は「ひとり」で行くのが好きなので全然OK!ガッツリ写真を撮ってきたので、次回からゲーテハウスから順に紹介いたします。

You might also like

ワイマール Haus am Horn

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)

旅行前からバウハウス大学はしっかり頭に入れていたのですが、義弟(Weimar在住)に、 Haus a

ゲーテ ガルテン ハウス

Goethes Gartenhaus ( ゲーテ ガルテンハウス )

広大なイルム公園ですが、散歩しているとすぐ、ゲーテ ガルテンハウス ( ガーデンハウス ) を発見で

2泊3日の小旅行 – 誕生日会 (4)

2泊3日の小旅行 - ケルン土産 (3)の続きとなります! ケルン旅行の1番の目的が「誕生日会

ライプツィヒ 日帰り旅行 (1)

ライプツィヒ 日帰り旅行 をしたのにも関わらずブログへの記事が遅れてしまいました。どうしても、ライプ

2泊3日の小旅行 – ケルン土産 (3)

2泊3日の小旅行 - ケルン大聖堂 (2) の続きとなります! 日本に住む友人達へのお土産は、

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS(1)

先月末、念願だった K21 STÄNDEHAUS へやっと行ってきました! デュッセルドルフは

ベルリン → ゲッティンゲン

クリスマス・イブ 前にベルリンを離れ、ドイツ国内旅行をしております。 ベルリン → ゲッティンゲン

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

もう9月です。時が過ぎるのが早い... ヴァイマー旅行の続きは、まだあるのですが今日はひと休み

初めてのヴァイマー(ヴァイマル)小旅行中!

昨日、ゲッティンゲンからWeimar(ヴァイマル)に移動して 小旅行中です! ゲッテインゲン

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

メイソンジャー入りのシュナップス O’Donnell Moonshine

ヴィースバーデン ストリート フード イベント の続きです!

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その1)

再来月、11月3日(金)の文化の日に 広島市、安佐北区深川に

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひ

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top