ヴィンテージ WECK ガラス・キャニスターの使い方

posted on : ヴィンテージ記録帳

ヴィンテージ WECK(ヴェック)のガラス・キャニスターの販売を始めました!

私自身も頻繁に使っていているので、あれば必ずチェック入れるようにしているのですが、簡単にみつかる割には「テープで留めてあった跡」「ワイヤーからでたサビ」でとくにフタ部分とフタ下個所が茶色く汚れがついている場合が非常に多いです。

このての汚れは絶対に取れません。実際に数個ほど購入してみて洗って試してみましたが無理でした。

アンティークやヴィンテージの中古感そのものは好きですが、私自身、キッチン関連の商品は特に視覚的に不快感が伴うレベルのものが嫌いなので 販売しているものはフタ等に茶色の変色はございません。

weck01

私はヴィンテージ WECK をジャスミン・ライスや Musli(ムズリ)入れにしています。

そして、フタなしはレシート入れに。(元はフタがあったのにフタ紛失のため安価でした)ただし、食料品に関してはこちらは乾燥している上、私は食べるのが早いので(苦笑)密閉しなくても全く問題ないのですが、日本での使用の場合は入れるものを考えた方がいいかもしれません。

例えば木製のスパチュラをたてる用に使用するとか。

weck02

ちなみに、クスクスは使用頻度が多くないので、パッキンとクリップがついている現行品のWECKをガラス専門店で購入しました。ですので、ヴィンテージと現行品の用途を分けて使用中。

残念ながら、このヴィンテージWECKは現行のパッキンとクリップを使う事はできません。

フタ部分のデザイン違うのです。食料品を入れるのなら湿気を気にしなくて良いもの。または普段の小物や手芸用品を入れても良いと思います。戸棚の中ではなく、外に出して並べておいてもサマになる ヴィンテージWECK の紹介でした。

☆ ヴィンテージWECKの販売は終了しました。ありがとうございました。

You might also like

丈夫なつくりの子供用の椅子

去年の夏からずっと探していた、Kinderstuhl(子供用の椅子)脚がパイプ製じゃないもの、クラシ

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

愛着を持ち続けられる小物をデスクまわりに!

デスクまわりの小物にこだわりはありますか? 私の場合はパソコンに向かっている時間が長いので、デ

クリスマス・プレゼント用のタッセル作り

蚤の市で見つけたヴィンテージのリペア用の毛糸。 赤や緑を選べば、クリスマス・プレゼントの装飾用

紙で残したい用のアルバム

非常にコンディションの良い60年代のアルバムを見つけました! こちらは未使用のまま長期

HARIO (ハリオ) のコーヒーミル・セラミックスリム 検証と感想!

去年からベルリンのカフェで販売しているのを見かける日本のHARIO(ハリオ)製品。 さすがにカ

アントワープ旅行 ⑦ アントワープの蚤の市

かなり以前に「アントワープの蚤の市はいいよ〜!」と 聞いた事はあったのですが、今回  "初" のア

ナゾの メリタ 陶器フィルター 112

今まで一度も見た事がなかったメリタの陶器フィルター 112 通常、本体にMelittaとあるの

非売品の mono アイテム

先日、Peter Raacke 氏に取材に行ったことがあるという 友人から mono のレア・アイ

大好評だった ヴィンテージ メリタ の小皿

実は、販売するにあたって心配していたヴィンテージ メリタの動物・昆虫シリーズ。 陶器製コーヒー


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
初めてのキルタン「あいのわっか おとのわっか」

みなさん、Kirtan(キルタン) という言葉を聞いたことがあります

築110年の古民家 北広島町 峠の美容室 わらふ

前回「野の花かふぇ」を紹介しましたが、このカフェで ランチをした後に

広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが 文末に 『ベルリン

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 (その3)

10月31日にフランクフルト空港からルフトハンザ機で出発。 今年は東

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったと

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top