ヴィンテージ WECK ガラス・キャニスターの使い方

posted on : ヴィンテージ記録帳

ヴィンテージ WECK(ヴェック)のガラス・キャニスターの販売を始めました!

私自身も頻繁に使っていているので、あれば必ずチェック入れるようにしているのですが、簡単にみつかる割には「テープで留めてあった跡」「ワイヤーからでたサビ」でとくにフタ部分とフタ下個所が茶色く汚れがついている場合が非常に多いです。

このての汚れは絶対に取れません。実際に数個ほど購入してみて洗って試してみましたが無理でした。

アンティークやヴィンテージの中古感そのものは好きですが、私自身、キッチン関連の商品は特に視覚的に不快感が伴うレベルのものが嫌いなので 販売しているものはフタ等に茶色の変色はございません。

weck01

私はヴィンテージ WECK をジャスミン・ライスや Musli(ムズリ)入れにしています。

そして、フタなしはレシート入れに。(元はフタがあったのにフタ紛失のため安価でした)ただし、食料品に関してはこちらは乾燥している上、私は食べるのが早いので(苦笑)密閉しなくても全く問題ないのですが、日本での使用の場合は入れるものを考えた方がいいかもしれません。

例えば木製のスパチュラをたてる用に使用するとか。

weck02

ちなみに、クスクスは使用頻度が多くないので、パッキンとクリップがついている現行品のWECKをガラス専門店で購入しました。ですので、ヴィンテージと現行品の用途を分けて使用中。

残念ながら、このヴィンテージWECKは現行のパッキンとクリップを使う事はできません。

フタ部分のデザイン違うのです。食料品を入れるのなら湿気を気にしなくて良いもの。または普段の小物や手芸用品を入れても良いと思います。戸棚の中ではなく、外に出して並べておいてもサマになる ヴィンテージWECK の紹介でした。

☆ ヴィンテージWECKの販売は終了しました。ありがとうございました。

You might also like

ヴィンテージを使用したイースターのデコレーション

日本ではあまり馴染みがないイースター。 各国問わず、クリスチャンの方には非常に大事な行事の1つです

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿スタンド」を購入しました。

ドイツ ヴィンテージ Van Daalen の陶器

久々にヴィンテージのお買い物をしました。 Van Daalen のカップで(旧)西ドイツ製です。

ヴィンテージ メリタ アルミニウム製 ドリッパー

ここ数週間、毎朝使っていた陶器フィルターをお休みさせて、新たに使用しているのが 「メリタ アルミ製

スイス ランゲンタールのMelitta(メリタ)

全体的に品薄状態なのですが、メインで様々な色や型を扱っていたヴィンテージ・メリタの陶器フィルターも同

ハンス・ボーリングのチーク人形と愉快な仲間たち

初めてチーク人形に興味を持ったのが、ベルリンにある某インテリアショップでのディスプレイ。 最寄

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

ロシアのそろばん にうっとり

私自身にコレクター癖はありません。ただ、数年前から見たら興奮して、つい購入してしまうモノあります。そ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未使用の片手鍋を じっと見つめ

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top