ヴィンテージ WECK ガラス・キャニスターの使い方

posted on : ヴィンテージ記録帳

ヴィンテージ WECK(ヴェック)のガラス・キャニスターの販売を始めました!

私自身も頻繁に使っていているので、あれば必ずチェック入れるようにしているのですが、簡単にみつかる割には「テープで留めてあった跡」「ワイヤーからでたサビ」でとくにフタ部分とフタ下個所が茶色く汚れがついている場合が非常に多いです。

このての汚れは絶対に取れません。実際に数個ほど購入してみて洗って試してみましたが無理でした。

アンティークやヴィンテージの中古感そのものは好きですが、私自身、キッチン関連の商品は特に視覚的に不快感が伴うレベルのものが嫌いなので 販売しているものはフタ等に茶色の変色はございません。

weck01

私はヴィンテージ WECK をジャスミン・ライスや Musli(ムズリ)入れにしています。

そして、フタなしはレシート入れに。(元はフタがあったのにフタ紛失のため安価でした)ただし、食料品に関してはこちらは乾燥している上、私は食べるのが早いので(苦笑)密閉しなくても全く問題ないのですが、日本での使用の場合は入れるものを考えた方がいいかもしれません。

例えば木製のスパチュラをたてる用に使用するとか。

weck02

ちなみに、クスクスは使用頻度が多くないので、パッキンとクリップがついている現行品のWECKをガラス専門店で購入しました。ですので、ヴィンテージと現行品の用途を分けて使用中。

残念ながら、このヴィンテージWECKは現行のパッキンとクリップを使う事はできません。

フタ部分のデザイン違うのです。食料品を入れるのなら湿気を気にしなくて良いもの。または普段の小物や手芸用品を入れても良いと思います。戸棚の中ではなく、外に出して並べておいてもサマになる ヴィンテージWECK の紹介でした。

☆ ヴィンテージWECKの販売は終了しました。ありがとうございました。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

丈夫なつくりの子供用の椅子

去年の夏からずっと探していた、Kinderstuhl(子供用の椅子)脚がパイプ製じゃないもの、クラシ

Haldenwanger Berlin

Haldenwanger社のアポテケ 小皿 2個セット販売スタートしました。 下の画像

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

『mono-RING』Peter Raacke デザインとの出会い

mono社 のヴィンテージ・カトラリである『mono-RING』をDILL objectsで販売する

久々にお皿を購入

数年前に日本に帰国した際、実家におきっぱなしにしていた和食器類を持ってベルリンに戻った以降、食器を購

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.

大好評だった ヴィンテージ メリタ の小皿

実は、販売するにあたって心配していたヴィンテージ メリタの動物・昆虫シリーズ。 陶器製コーヒー

ヴィースバーデン eigenart7 ヴィンテージ ストア

ベルリンだと多い、ヴィンテージを扱うインテリア ショップ。 私はベルリン時代、蚤の市だけではなく、

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

ドイツ SGRAFO MODERN GERMANY

ここ数年、花器は「色」と「形」だけを見て 何か、ほんわかと惹かれるものを選んでいます。

アントワープ旅行 ④ MoMu マルジェラ ザ エルメス イヤーズ

アントワープに行くのであれば、ココへは絶対に... と心に強く決めて

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top