ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

posted on : ヴィンテージ記録帳

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの
ヴィンテージ ランプ。内容は分解後の続きです。

過去記事 ▽
ヴィンテージ ランプを分解!銅の錆、緑青の落とし方

分解した後、新たなパーツを入手して
組み立て完了したのがコチラ。

緑青(ろくしょう)を落とした後は
新品並みにキレイになりました!

コードの色は、元々は白色だったのですが、時代経過による変色がはげしかったため、そのまま利用するは断念。

パーツだけではなく、コードも新しく購入して付け替えをしました。

元と同じ「白」にするか、それともランプに似合いそうな「黒」を選ぶべきか、1時間くらいインテリア雑誌やピンタレストを参考に見て、真剣に悩んだのですが、実際につけかえてみて、元の白より「黒」を選んで良かったなと思ってます。

しかし、銅の素材は酸化しやすいので、どうしても黒ずみが出てくる
ようです。緑色になるよりかはマシなのですが…

ちなみに3枚目の画像(下)は、緑青を落とした後
約2ヶ月後に撮影したものです。

まだ日本に住んでいた頃、海外のアンティークやヴィンテージの照明器具の
価格に高すぎる!と感じていたのですが、自分自身で分解した事で、それは
間違った認識だったんだと痛感しました。

分解し、汚れを落とし、古いパーツを新しいものに付け替えて…  と
やっていたら、メンテナンス時間と各パーツの費用、プラス日本までの
輸送費を含めたら、高額だと思ってたのが妥当なプライスです。

当初、海外の蚤の市で見つけたヴィンテージランプで、全体に破損箇所がなく
ただ汚れていたり劣化しているだけだと、”買い” ですよ!と書いたのですが

日本とヨーロッパでは電圧が違うので、日本で使用するとなると、安全面を
考慮して、個人で付け替えるより、プロにまかせた方が良いと思います。

 

保存

You might also like

転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で ドイツ国内を南下中なのだが、

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿スタンド」を購入しました。

ヴィンテージを使用したイースターのデコレーション

日本ではあまり馴染みがないイースター。 各国問わず、クリスチャンの方には非常に大事な行事の1つです

アンテークのリキュールグラス

収納したままではなく普段にも使う!

日本で生活していた頃から大量生産系の雑貨や家具に興味は なかったものの、ドイツに住むまでヴィンテー

ナゾの メリタ 陶器フィルター 112

今まで一度も見た事がなかったメリタの陶器フィルター 112 通常、本体にMelittaとあるの

冬に向けて木の素材を楽しむ

木製の素材ってやっぱり良いな〜と、最近つくづく感じています。 先週、久々に自分用にお買

大好評だった ヴィンテージ メリタ の小皿

実は、販売するにあたって心配していたヴィンテージ メリタの動物・昆虫シリーズ。 陶器製コーヒー

ドイツ ヴィンテージ Van Daalen の陶器

久々にヴィンテージのお買い物をしました。 Van Daalen のカップで(旧)西ドイツ製です。

スイス ランゲンタールのMelitta(メリタ)

全体的に品薄状態なのですが、メインで様々な色や型を扱っていたヴィンテージ・メリタの陶器フィルターも同

金継ぎ(きんつぎ)は金相場で修理費が変わる?

この冬、日本一時帰国中にやりたい事、行きたいところを ピックアップして忘れないようにメモしているの


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Translate »
Back to top