ヴィンテージ ネコグッズ

posted on : ヴィンテージ記録帳

新しいカテゴリ『ネコ・グッズ』を作ろうと、商品を集めております。
一応、生産国は限定せず、とりあえず50年代〜70年代の物と決めました。

そして、順調に進んでいると思っていたのですが、50年代のクロネコちゃんを買い付けした後(ついてるペンは違います!)大ショックなことが…

vinneko01

大抵、古い時代の商品はホコリがかぶってたり、汚れがついたままだったりすることが大半で購入する前に【汚れは落ちるタイプのものなのか】【ホコリも取れる類いのものなのか】よ〜く、よ〜〜く、よ〜〜〜く、何度もチェックするのが私のルール。

しかし、『ネコ・グッズ』を集めないと!という事ばかり頭の中でグルグルしていたせいか、この黒猫を見た時に、ツルツル光っていてコンディションよさそうだと思っただけで即決。家でホコリをキレイに落としてた時に首あたりに、ごくごく細い白いラインを発見。

あれれ?と思いながらじっくり確認してみると…

ギャー!!! 一度、首から上が取れて(陶器製)キレイに瞬間接着剤でくっつけてたのです。そう、白くて細いラインは首を一周してたんですね。これは非常に残念でした。

vinneko02

商品アイテムによってはカケていても許されるもの(許される箇所)汚れがあっても問題ないと思われる基準等はあるのですが、陶器製のもので首から上が取れた物を、自分用にはよくても人様には絶対に販売できません。

かなり凹んだのですが、諦めずに探し続けています。そして、上画像の木製・猫を。元々はヒゲがあったと思われます。1本たりとも残っていない状態ですが、これはヨシとしました。お腹の部分はCocktail Sticks(カクテル・スティック)または、楊枝を入れる用です。

まだまだ時間かかるかもしれませんが、乞うご期待を!

ヴィンテージ ネコグッズの販売は終了しました。
ありがとうございました。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

真鍮クリップを使う

最近、1度開封した袋を留めるのに、木製の洗濯バサミから ヴィンテージの真鍮クリップに変えました。

ロシアのそろばん にうっとり

私自身にコレクター癖はありません。ただ、数年前から見たら興奮して、つい購入してしまうモノあります。そ

イエナグラスの収納方法

ベルリン在住の日本人男性アーティストのお茶会に呼ばれた時に、キッチンで見かけた良いアイディア。使い込

愛着を持ち続けられる小物をデスクまわりに!

デスクまわりの小物にこだわりはありますか? 私の場合はパソコンに向かっている時間が長いので、デ

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

ハンス・ボーリングのチーク人形と愉快な仲間たち

初めてチーク人形に興味を持ったのが、ベルリンにある某インテリアショップでのディスプレイ。 最寄

アンテークのリキュールグラス

収納したままではなく普段にも使う!

日本で生活していた頃から大量生産系の雑貨や家具に興味は なかったものの、ドイツに住むまでヴィンテー

ヴィースバーデン eigenart7 ヴィンテージ ストア

ベルリンだと多い、ヴィンテージを扱うインテリア ショップ。 私はベルリン時代、蚤の市だけではなく、

『mono-RING』Peter Raacke デザインとの出会い

mono社 のヴィンテージ・カトラリである『mono-RING』をDILL objectsで販売する

ドイツ SGRAFO MODERN GERMANY

ここ数年、花器は「色」と「形」だけを見て 何か、ほんわかと惹かれるものを選んでいます。

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top