転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で
ドイツ国内を南下中なのだが、まだゴタゴタしている部屋を見渡しながら、転勤族の家具選びは、かなり大変なのではないかと思った。

一般的に『転勤族』というのは会社や官公庁に勤め、勤務地が変わる人(家族含め)を指すらしいので、大学やプロジェクトで、よりよいポジションを目指して自ら動く、リサーチャー(研究職)は、転勤族ではなく、単なる「引っ越し族」なのかもしれない。

完全にヴィースバーデンに引っ越したから言えるのだけど、2年弱のゲッティンゲン生活は自分にはあわず、正直キツかった。

やはり、言えるのは土地にも相性があって
自分に合う、合わないはあるのだと痛感。

住んでいる時は、絶対にその土地に対して愚痴は言わない!とベルリンを出る前に決意していたので、かなり気をつけていたと思う。

自分の思い込みではあるのだけど、不平不満を口に出せば出すほど、嫌な出来事が自分にふりかかったり、精神的にも更にツラくなるような気がしたからだ。

モヤモヤ感が出て来たら、直ぐさま窓ガラス拭きとかバスルームのタイル磨きとか、掃除ばかりしてたような気がする。

本題の家具選びであるが、とてもじゃないけど大型の家具の所有は出来ない。

ゲッティンゲンで借りていた家の寝室には、壁一面に備え付けのクローゼットが設置されていたので、洋服をはじめ、あらゆるものが収納出来、非常に助かったのだが、ヴィースバーデンではどの部屋にも無し。

何かしら収納用の家具を買わないといけないのだが、このヴィースバーデンも、いつまで住むのかわからないので、サイズは確認必須である。

というわけで、大型家具は持てないとか、買えないとか「ない」にフォーカスすると、しんどくなるので、”その土地” で、意外な良いものに出会えるかも♡ という意識に変えて、出歩くようにしている。

例えば、このデンマーク製の小さめのチェスト。家具を販売してたのを一度も見かけたことはなかった、ゲッティンゲンの、とあるお店で見つけたもの。

チェストの上にのっかってる、DDRのタイプライター( 旧東ドイツ製)の方が3倍もの値段で、店主は私にこちらの方を強く勧めてきたくらい。

この経験からヴィースバーデンでも同様に、散歩がてら諦めず探索する事で、ランプとソファを見つける事が出来た。

今後、時間はかかるかもしれないけれど、大型家具に変わる何か面白いものが見つかるかもしれない!と楽しみにしている。

国内外限らず、古道具屋さんや、売ります・買います系の小さなお店は、大都市よりも小さな街や田舎の方が穴場で面白いもの、素敵なものが見つかる可能性は大きいはず。

引っ越し先の土地に不安があっても
引きこもらず、ぜひ周辺探索をしてほしい。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

You might also like

オランダ テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ①

先々週でしょうか。長い付き合いの友人が3度目のインド旅行から日本に帰国したので旅話しを聞く為

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと

プッチ(ローゼンタール)のポット

本日から発売スタート『ローゼンタール × エミリオ・プッチ 』の紹介です。 この記事は

ドイツで通勤時間とデュアルライフを考える

ピカピカ空が光り出し、雷の轟音と共に小雨パラつく風景を窓から眺めながら、一人暮らしをしていた

食の嗜好が違う友人と旅行するとどうなる?

食の嗜好が違う友人と旅行すると どうなるか... ここでいう『食の嗜好』というのは、

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未使用の片手鍋を じっと見つめ

魔の二歳児 イヤイヤ期(ナインナイン期)

年明け、アメリカに住む友人と『クリスマスはどう過ごした?』と互いに近況報告をメールでやりとりした時の

『mono-RING』Peter Raacke デザインとの出会い

mono社 のヴィンテージ・カトラリである『mono-RING』をDILL objectsで販売する

イギリスの最高傑作 POOLE Pottery を使う

久々に更新するカテゴリ「ヴィンテージ記録帳」ですが、ドイツヴィンテージではなくイギリスの最高傑作 P

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
2度目の熱波より凄まじい暑さのソウル

6月の熱波に続き7月下旬に一度ならずも二度目の熱波到来!! 一度

熱波の到来で強烈な暑さ

6月に、これほどまで強烈な暑さになったことが あっただろうか。

エア配送? 荷物を紛失させたDPD

オンラインショップで買い物をした際、配送業者を 選べることが出来たら

天才たちの日課 天才たちの「制作・仕事」の秘訣

もう6月。 2019年の半年が過ぎようとしています。 新年に目

友人、スペイン巡礼の旅へ

先週から1週間ほど我が家にステイしていた広島の友人が『スペインの巡礼』

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top