ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど
利用した、ヴィラ クレメンティーネ

ブログのために… と思い、毎回スマホをフル充電させた後
向ってましたが、タイミング悪くて、いつも店内混雑。

席には座れるものの、満席状態の中、楽しくお茶を楽しんでいる
人達に向けて写真は非常に撮りにくく ← (毎回、同じ事を言ってる… )
諦めて直帰していたのですが、先週、日曜日にやっと遠慮なく写真を
撮る機会に恵まれました。

日曜日だったのですが、珍しく店内が閑散としていたのです。
バケーション シーズンだから?

テーブルは空席だらけでした。

さて、このヴィラ クレメンティーネですが
1878年〜1882年に建築家、Georg Friedrich Fürstchen に
よって建てられたポンペイ様式の建物。

初めてだと、カフェへの入り口の場所がわかりにくいため
迷ってしまうと思うのですが、大きな通り真向かいのドイツ銀行が
ある側ではなく、お隣の教会側にカフェへの入り口があります。

入って、階段を上がった1階(日本でいうと2階)がカフェ。
その上は Literaturhaus(文学ハウス)です。

ここは通常、イベントでもない限り、閉まっているはず。
ちなみにこの日は閉まっていました。

カフェ・スペースはLの字になっていて、私は中央の部屋全体がブラウン系で
壁紙が花柄のスペースに座りました。

写真だけ見ると、室内が薄暗いのかと感じるかもしれませんが、とんでもない!

この日、快晴で非常に日差しも強かったのですが、室内の照明は壁のランプも
含めてガンガンにつけられ、無駄な電気で心が痛みました。

中央のスペースにはテラス席はないのですが、店員さんの簡易的な
調理スペース+ケーキのケース(上画像)があるお部屋と、壁紙が
ブルーのお部屋にはテラス席がそれぞれにあります。

夏の間、また行く機会あれば、次回はテラス席にしようと思ってます。

そのままの画像を載せちゃうと、白っぽくとんで見えにくいので
画像アプリでわざと暗めに加工したものを載せてます。

なので、実際はこんなに薄暗くはありません。

国内外問わず、歴史的建築物の内装に使われている手すりやドア
引き戸等のパーツを見るのが大好きなのですが、ヴィラ クレメンティーネ
でもしっかりとチェック。

特にドアのパーツと、カーテン タッセルが印象的でした。

その他、各お部屋の華麗な天井レリーフは必見です!

それぞれの空間を行き来して、各部屋の違いを、ぜひ
見比べてみてください。

場所ですが、ヴィースバーデンの観光名所である「クアハウス」や
「ヘッセン州立劇場」から徒歩圏内。

とっても近いのでこの界隈で休憩したくなったら
ヴィラ クレメンティーネは最適だと思います。

Villa Clementine
Frankfurter Str. 1
65183 Wiesbaden
月曜日がお休みで、それ以外は基本
10:00 – 18:00 の営業。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

You might also like

小さなお皿でお腹いっぱいになる!Seerose

友人にベジタリアン レストランに連れてってもらいました! このお店の前を何度か通ったことはあるので

ドイツの近所付き合い

ヴィースバーデンに引っ越して2ヶ月経過した頃でしょうか。建物中のエントランスで会った男性が、「ヒンタ

睡魔が襲う人気のBar

どこかしら、アットホームな雰囲気のバー。 人気のバーに行くと、多くの店内が黄色がかった

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフェがあるのでしょうか?

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、なくなっていました。 ヴ

ヴィースバーデン おすすめのカフェ / Cafe Paris

今年の1月、ヴィースバーデンで家探しをしていた時期です。 歩いている最中に、ぼんやりと黄色の照

ヴィンテージ ランプを分解!銅の錆、緑青の落とし方

まさか、私が自分でランプを分解してみようなんて思うとは... 先週、手に入れたデニッシュ・デザ

ヴィースバーデン ビーブリッヒ

Schlosspark Biebrich(シュロスパーク ビーブリッヒ) に行ってきました!

(6) パリ ベトナム料理 Au Coin des Gourmets

Parisで美味しかったベトナム料理のレストラン『Au Coin des Gourmets』(オウ・

アムステルダム PEER PAPER PLATFORM

お散歩中、ひと際目立っていた黒色の外壁のお店。 立て看板には ART BOOKS MAGAZ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • pinterest

Back to top