ベジタリアン・カップルのオーストリア料理 

posted on : ☆ 日常のあれこれ

先週末、ベルリン在住8年目になるオーストリア人カップルのディナーに招待していただき、お酒(アブサン)と手みやげを持って行ってきました!手みやげは「招き猫」マルティナは猫が大好きなのですが、飼う事ができないので猫グッズを集め続けているのです。

オーストリア料理といえば、わたしは シュニッツェル くらいしか、頭に浮かばない位、知識が乏しいのですが、彼等がベジタリアンなので、肉料理は出ない事だけはわかっていました。

vage

愛用しているという上画像のレシピ本から、カボャのスープ、ギョウザのような形をした外側はパイ生地のような… 中は通常、お肉らしいのですが、細かくカットしたタマネギが入ったもの。(すみません。名称を忘れてしまいました)

そして、デザートはご存知の方も多いと思います。カイザーシュマーン

ちなみに、オススメされたレシピ本、Österreich vegetarisch は34,90€ けっこうお高めですよね。日本だと1500円前後で数々のレシピ本がありますが、この本厚みがあるタイプなのでこのようなお値段なのではないかと思います。

去年の秋から、ベルリン在住のオーストリア人と出会う機会が多くなったのですが、単なる偶然なのか、 勝手な私の見解ではありますが、 ベルリン在住のオーストリア人って愛国心というか故郷に対する想いが強いです。

先週末お伺いしたこのカップルはザルツブルク出身なのですが、去年年末にディナーにお呼ばれした別のウィーン出身のカップルもこのカップルもお酒が入ったら、古いオーストリアの民謡?!から現在の音楽までガンガンにかけオーストリア祭り状態。

私は呆気にとられ、ただただ気持ち良さそうに大声で歌ってるのを
横で聴く事に徹していました。

今回、カイザーシュマーンだけ一緒に作らせてもらったので、忘れないうちに自分で作ってみたいなと思っています。

You might also like

アイス ベトナムコーヒーを作ってみました!

『ベトナムコーヒー フィルターを買ってみた』の続きになります。 問題だったベトナムコーヒーの「

プレゼントは自分でラッピング!

ご存知の方も多いと思いますが ドイツではお店でプレゼントのラッピング包装はしてくれません。

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったものの、ベルリン → ゲッティンゲ

年末年始、ドイツも空き巣が増える?

先日の午前、玄関のチャイムが鳴ったので、ドアを開けると50代くらいの美しい女性が。 ものす

4月に雪とは…

3月末に近所を散歩した時、あともう少しで春がくる! と思ったのですが... 日々、冷

バレンタインデー MAROU (マルゥ) チョコレート

ドイツでは、日本のバレンタインデーのように、女性から男性に(意中の男性?や恋人、配偶者)にチョコレー

本当にウサギの顔ですか?ねずみ男に見えるマジパン

今年のイースターは3月31日。スーパーではイースター・エッグ・チョコやバニー・チョコが販売されている

増加中の多肉植物をお裾分け

多肉植物レポートですが、これで3度目。 鉢の中が子供だらけになってしまいました。落ちた葉から生まれる

日本の友人達からの小包

東京と広島に住む 長い付き合いの友人達から小包が届きました。 何度も記事に書いた事が

てんとう虫とバッタで最強? 幸運の前兆

虫全般が嫌いな方には申し訳ない画像と内容なのですが 3日連続で「てんとう虫」が夜、寝室に入


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top