実家にあったお宝 〜 70年代のタッパーウェア 〜

posted on : 日常のあれこれ

マンションではなく一戸建てだからかなのか、モノがやったら多い実家。

一階の和室がほぼモノ置き状態で、更に父がリタイアまで使用していた二階の小さな書斎もモノ置き状態なのです。

さっさと処分したらどう?といった類いの衣類やバッグにお土産系の人形の数々。各部屋は狭いのに、そのモノたちのせいで大きな家具が壁一面に並び、迫ってくる感じの窮屈さ。

ドイツに戻る前に、少しでも断捨離をして不要なモノは捨てないと…と思い立ち、独自の判断で不要物を空きダンボールの中に、どんどこ入れていったのでした。(私の行動を見ていた母が感化されたのか、彼女も整理整頓を開始!)

70年代 タッパーウェア

母が戸棚から出してきたモノの中に、なんと保存容器のTupperware(タッパーウェア)が!!70年代のものだと思われます。使用感ほぼゼロのクオリティー。

上画像の他にもピクニック使用の4段ボックスの弁当箱に円形の大きなタッパーも出現。母いわく、このタッパーを見るとムカつく出来事を思い出すから戸棚の奥に置いたままにしていたとの事。

どうやら話を聞くと、友人だと思ってた女性に当時、買わされたらしいのです。
ウィキペディアのタッパーウェア ページ中に「日本での商品展開」に書かれてあります。

アメリカで生まれたタッパーウェア社は1963年に日本での販売を開始したが、その際にはアメリカで行っていたのと同様のホームパーティー商法がそのまま導入され、密閉性が高いという評判とアメリカ風の生活への憧れを演出しながら広めるという手法をとった。

さらに会員制の販売方法をとり、紹介者の多さによって割引率を増やすというシステムも導入している。各地区の家庭ごとのホームパーティーを末端組織とし、メンバーやディーラーといった組織における立場ごとに異なる割引率が設定されている。またそれらを集めたアセンブリと呼ばれる講習会を開いている。

まさに母はこの記述と同様、ホームパーティーに呼ばれ、そこで強引に押し売りされたのだそうです。主催者の友人は、実は単なる販売側の人間で知人・友人を利用したという事でしょうか。

私はマルチ商法に関してよく思うのですが、本当に良いものなのであれば、なぜ閉鎖的に、それも目的を隠して販売しようとするのか… 姑息な手段が気持ち悪いです。

とりあえず暗い歴史(思い出)を持つ、我が母のタッパーウェアですが、2点ほど持って帰国しました。

残る数種のタッパーウェアも次回の一時帰国の際に持って帰ろうと思っています。商品自体はかなりしっかりしていて気に入っています!

You might also like

用事があってフンボルト大学の図書館ヘ

日本と違って秋が短く、夏が終わってあっという間にグレーの空模様がやってきて、毎年のように「寒くなった

プレゼントは自分でラッピング!

ご存知の方も多いと思いますが ドイツではお店でプレゼントのラッピング包装はしてくれません。

ドイツの猫 外で見かけない?

ベルリン生活4年間で、猫が外でうろついているのを 見たのは1回だけ。 ゲッティンゲンでは1年

お土産 – 富澤の豆菓子 きなこ豆

昨日、今日とベルリンはすごく暖かく、アウター不要!私は今朝、朝食のパンを買う際、素足に革靴を履いて出

最初は笑っていたものの… 聞き間違い

先月下旬から今月にかけ、訳あって頻繁に Wiesbaden (ヴィースバーデン)に通っていました。

さよならゲッティンゲン

さよならゲッティンゲン

先月の15日でゲッティンゲンの家、完全退去しました。 当初からゲッティンゲンは1年9ヶ月と期限があ

断ったらいきなり豹変!引っ越しトラブル

前回の記事に書いた、トラブル その2) の詳細内容です。 上画像はゲッティンゲンで借

てんとう虫は幸運を引き寄せる縁起の良い虫?!

8月最後の日、久々に気温がググっと上がり暑くなりました。 日中も夜も窓を開けた状態にしているの

蚤の市のオツカレ犬?たち

先日、画像整理をしていたら、蚤の市で撮った犬の写真が出てきました。出店している人が飼い犬を連れてきて

Scents of LAND(センツ オブ ランド)のアロマキャンドル

LAに住む友人から素敵なプレセントが届きました! 小包をあけた瞬間、何ともいえない、や


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • pinterest

Back to top