テッセル島(その2)De Koog(デ コーフ)

posted on : ○ 旅 - オランダ

テッセル島(その1)デン ヘルダーへ。
からの続きです。

島に到着後は再びバスに乗り、宿泊先のDe Koog(デ コーフ)に向いました。
(※ De Koogですが、ドイツ語読みだとデ コーグです。Texelはテクセル)

Texel島ですが、お店やホテルで働く人達はドイツ語と英語が出来る方が多く、私達が宿泊した個人経営のアパートメント型ホテルはオーナーはドイツ語を流暢に話していました。

チェックインをして、少し休んだ後にすぐビーチに向けて歩いたのですが、海がすぐ見えてくるわけではなく、けっこうアップダウンがある草原のような場所を抜けます。

徒歩20分弱でしょうか。

途中に、キャンピング・スタイル型のテントが並んでいる場所があったのですが、テントは大きめでしっかりしています。

いつの日かキャンピング型にステイしてみたいかも… と思ったのですが、猛暑の時期だと日中はかなり暑くなり、夜は気温がグっと下がる事があるので、ホテルか、アパートメントやコテージの方が快適なのだそうです。

興味ある方のためにも
一応、リンク先を紹介しておきます。
http://www.krim.nl/accommodatie/ingerichte-tent-huren-texel/

写真を見るとキッチンもあって、良さそうに見えるので、試しに
2泊位してみたいものです。

上のテントが並んでいる場所から、そう遠くない距離に今度はキャンピングカーばかり集ってる場所がありました。

好き勝手に駐車しているわけではなく、キャンピングカーを駐車してもOKな場所で、おそらく無料ではなかったはず。プライスまではわかりませんが、駐車は有料です。

再び小高い丘をのぼったところで、海が見え
やっと到着。

もうすっかり夕方で薄ピンク色の風景でした。

翌日、De Koog のビーチに再び来て、砂浜を歩いてて気付いたのが、浜辺に打ち上げられた貝殻の大半がブルー系。

ブルーのグラデーションでとっても美しいのです!

藍色のものをバスタオルの上にのせ、並べてみました。

他に変わった形の貝もあるかな?と、足下を注意深く見ながら歩いて探してみたのですが、この形のものが圧倒的に多かったです。

大きな貝や変わった色目のものを期待していたのですが、残念ながら最後まで見つける事は出来ませんでした。

De Koog のビーチしか通わなかったので、もしかすると島の反対側や他の場所では、また異なる貝が見つかるかもしれませんね。

今更ですが、藍色のグラデーションが美しいものだけを厳選し、沢山持って帰えればよかったと後悔してます。

De Koog のビーチは、日中よりも
夕方から日が沈む時間帯が一番美しいなと思いました。

薄いブルーにピンクの空。

日が落ちる前は薄いオレンジに輝き
砂浜は白く見えます。

たったの4泊5日でしたが、日や時間帯によって海や空の色が
変化するので、毎日が新鮮でした。

宿泊したホテルはキッチンはついてなかったものの、部屋は広く、ちょっとした食器類と冷蔵庫、コーヒーメーカー、電気ポットがあったので非常に助かりました。

また、毎朝バスケットに入れられた朝食が部屋まで届くのですが、2段になっていてチョコレートやお菓子まではいった、盛りだくさんの量。毎朝食べ切れなかったので、得にパン類はチーズやサラミを挟んでランチ用に持ち出しました。

バカンスシーズンではなく9月の上旬だった事でリーズナブルだったのですが、ハイシーズンだとかなり前から予約をしておかないと難しいのだそうです。

テッセル島シリーズ、まだ続きます!

保存

You might also like

アムステルダム 街の風景

4泊5日、テッセル島で過ごした後は 1泊のみアムステルダムにステイしました。 ホテル

アムステルダム 不思議なお花屋さん

すっかりブログに書くのを失念してたのですが、去年の秋 ゲッティンゲンから陸路でアムステルダム&テッ

アムステルダム PEER PAPER PLATFORM

お散歩中、ひと際目立っていた黒色の外壁のお店。 立て看板には ART BOOKS MAGAZ

アムステルダムの美味しいラーメン RAMEN-YA

「 旅 – Amsterdam & Texel 」の続きです。 滞在していたホテルから

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ②

『チノチノ差別事件 ① 』からの続きです。 何? 何が言いたいの? どういう意味?

ARCAM アムステルダム建築センター

「 旅 – Amsterdam & Texel 」シリーズの続きです。 Texel島は

Sukha Amsterdam スーカ アムステルダム

カテゴリ 「 旅 – Amsterdam & Texel 」 の続きですが、この記事でア

テッセル島(その1)デン ヘルダーへ。

アムステルダム 不思議なお花屋さん の続きになるのですが、行った順番はテッセル島が 先だった為

テッセル島(その3)サイクリングの日々

テッセル島(その2)De Koog(デ コーフ) の続きです。 テッセル島に着いた翌日の午後

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ①

先々週でしょうか。長い付き合いの友人が3度目のインド旅行から日本に帰国したので旅話しを聞く為


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top