魔の二歳児 イヤイヤ期(ナインナイン期)

posted on : ■ マジメな話

年明け、アメリカに住む友人と『クリスマスはどう過ごした?』と互いに近況報告をメールでやりとりした時のおはなし。

私がクリスマス前後は1週間ほどフランクフルト郊外のお宅に1週間ほど滞在し、そこに6ヶ月の赤ちゃんと2歳児がいて、この2歳時が何でもかんでも Nein! Nein! Nein!(ヤダヤダヤダ!) ってすごかったんだよ〜と書くと返答に

それは terrible twos でしょ!
と…

実は「第一次反抗期」たるものの存在を、私は全く知らなかったのです。知ってたのは思春期の反抗期のみ。

この時期、大変なのは万国共通のようです。

魔の二歳児 イヤイヤ期

iPadを使いこなしゲームを楽しむ姿

iPadを使いこなしゲームを楽しむ姿

1週間の滞在中、たった2回ほど短い外出をしたのみ。

ほぼ四六時中、私達を含めた合計7人が同じ家に滞在していました。まさに私が幼少から高校生まで祖父の家で過ごしたお正月状態。

住まいは広く、デコレーション(クリスマスの事)と、食べるものは日本とまるっきり違いますが、ほぼ同じような過ごし方。こういう環境だった事もあり、30代前半ドイツ人夫婦の子育てをシッカリと見る事ができたのでした。

魔の二歳児 イヤイヤ期

ゲーム終了後、baby時代の映像を私に見せてくる…(全て自分で操作!)

ゲーム終了後、baby時代の映像を私に見せてくる…(全て自分で操作!)

話は元に戻りますが、「第一次反抗期」を知らなかったので、二歳児ハンナの力強い Nein! (イヤ!)の日々に、最初は正直当惑してしまいました。

私は心の中で、またハンナの「ナイン!ナイン!祭りが始まった…」とよくツブヤいたものです。(苦笑)

母親(父親もですが)の問いかけには、面白いくらい全て Nein! (イヤ!)体をおもいっきり仰け反らせて ナイ〜ン!というのも何度も見ました。

かなり両親は忍耐力が必要だと思われます。

魔の二歳児 イヤイヤ期

同じ二歳時の従兄弟とあそぶ

同じ二歳時の従兄弟とあそぶ

もう一つ忍耐力が必要だと思ったエピソードを。

リビングルームに大人だけが集まり、映画鑑賞をしたいた時、寝たはずのハンナがお人形を抱え、リビングルームに現れるんです。皆がワイワイ楽しそうに起きているのに、ひとりで寝たくないのでしょうね。そのつど父親が抱っこし、子供部屋(個室)に連れて行って寝かします。

しかし数分後、再びお人形を抱えリビングルームに!

何回繰り返すのか私はカウントしてたんです。7回目でやめました。結果、10回以上は軽く繰り返したと思います。

ここで非常に関心したのが、両親、一切怒りません。ペチと軽く叩いたり、声を荒げて注意したりもしません。ただ、子供の「寝たくないという要求」をうけないのです。

しょうがないね〜、今日だけ大人達と一緒に夜中まで過ごそうか、はナシ!怒らないけど『叱る』『しつける』といった感じでしょうか。

タイトルに、イヤイヤ期(第一次反抗期)を勝手にナインナイン期と名付けて書きましたが、ドイツ語で terrible twos に該当する言葉はあるのでしょうか?

聞いてみたのですが、知らないと。
他の方に聞いてみて、わかり次第、追記したいと思います!

You might also like

食の嗜好が違う友人と旅行するとどうなる?

食の嗜好が違う友人と旅行すると どうなるか... ここでいう『食の嗜好』というのは、

ドイツの根管治療(2)

ドイツで根管治療(1)の続きで クーダムの歯科からミッテにある某歯科に変え、診察を受けた後。

人間関係の悩み 海外友人編 – 本質はどこの国でも同じ (2)

人間関係の悩み 海外職場編 - 本質はどこの国でも同じ (1) の続きです。 (1)

ドイツで通勤時間とデュアルライフを考える

ピカピカ空が光り出し、雷の轟音と共に小雨パラつく風景を窓から眺めながら、一人暮らしをしていた

女の人生は長い! シニア結婚

私の実家は、親戚付き合いが活発なほう。夫も同じく親戚付き合いが多く、交際当時から生まれ育った

体罰だけではなかった私の小学校時代 (1)

新しく「マジメな話」という名でカテゴリを追加しました。 その他のカテゴリ記事を不真面目

良い影響・悪い影響

それは簡単じゃないよ。無理でしょ。ビザはどうするの? 約8年前でしょうか。東京から初めて観

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。 申し訳ございません!

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフェがあるのでしょうか?

ドイツ 女性のミッドライフ クライシス

自分の人生は これでよいのだろうか? このままでよいのだろうか? といった、自身の


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top