ベルリン → ゲッティンゲン → ニュルンベルグ → フランクフルト(郊外)

posted on : ○ 旅 - ドイツ

☆★☆ Merry Christmas and Happy Holidays! ☆★☆

1泊2日のニュルンベルグ滞在 から
フランクフルトに移動しました。

mona01

フランクフルトからSバーンに乗り20分ほどの場所に1週間ほどの滞在です。

小高い山も見え、窓から見える風景が広島の実家周囲に似ており、なんだか「正月」に帰省をしたような気分になりました。もちろん、建物自体は違うのですが、一軒家かノイバウばかりなので遠目でみると、けっこう似ているのです。

mona02

滞在先には2歳の女の子と6ヶ月の赤ちゃん(女の子)がいます。赤ちゃんは、マルマルしていて、本当に可愛いです。また、よく微笑むので彼女の笑顔に癒されております。

tree

次回はフランクフルト市内に行ってきたので、街の風景画像をあげる予定です!

You might also like

ヴァイマー ( ワイマール ) 韓国料理 SAN

ヴァイマー ( ワイマール ) 韓国料理 SAN

ベルリンからゲッティンゲンに引っ越した後、何がツラかったかというと 薄い品揃えのアジア系スーパーし

Weimar - ゲーテハウス

ヴァイマー (ワイマール) の旅 〜 ゲーテの家 〜

延泊までした Weimar 旅行 の続きです。 Goethes Wohnhaus に行ってきました

ワイマール Haus am Horn

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)

旅行前からバウハウス大学はしっかり頭に入れていたのですが、義弟(Weimar在住)に、 Haus a

初めてのヴァイマー(ヴァイマル)小旅行中!

昨日、ゲッティンゲンからWeimar(ヴァイマル)に移動して 小旅行中です! ゲッテインゲン

ヴァイマー ( ワイマール ) カフェ

ワイマール KORIAT Kuchenmanufaktur

ヴァイマー ( ワイマール ) は観光地だけあって、中心地は多くのカフェがあるのですが、旅行者が少な

ニュルンベルク名物 レープクーヘン

ゲッティンゲン(1泊2日)から ニュルンベルグへ。 こちらはクリスマス・マーケット&ニュルンベ

ワイマール 最古のカフェ Residenz Cafe & Restaurant

ヴァイマー ( ワイマール ) 最古のカフェ レストラン

10月に入り、終日グレーの雲が空を覆うようになり 冬の到来をひしひしと感じております。 再び

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

もう9月です。時が過ぎるのが早い... ヴァイマー旅行の続きは、まだあるのですが今日はひと休み

ゲーテ ガルテン ハウス

Goethes Gartenhaus ( ゲーテ ガルテンハウス )

広大なイルム公園ですが、散歩しているとすぐ、ゲーテ ガルテンハウス ( ガーデンハウス ) を発見で

ワイマール シラーハウス

ヴァイマー ( ワイマール ) シラーハウス

小さな街ですが、見どころ満載のヴァイマー。 後半からクタクタ状態になってたので、行くべきか?どうか


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

メイソンジャー入りのシュナップス O’Donnell Moonshine

ヴィースバーデン ストリート フード イベント の続きです!

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その1)

再来月、11月3日(金)の文化の日に 広島市、安佐北区深川に

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひ

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top