スタンフォード大学まで徒歩で行く…

posted on : ○ 旅 - アメリカ

旅- Americaシリーズ 最初の記事で、きちんと説明してしていなかったのですが、アメリカ旅行のきっかけは、フーさんの仕事。

年に1度、アメリカ国内で行われる学会に出席するためでした。今年はスタンフォード大学でしたが、毎年開催する大学は変わるそうです。

当然ですが私には交通費・宿泊費等の経費は出ませんし、以前からサンフランシスコに旅行したい願望が特になかったので、同行する事は考えていなかったのですが、学会終了後に休みをくっつけ、ロサンゼルスまで車で『ロードトリップ』しながら行くから君もついて来るんだよ!と半ば強制的に決定しました。

ユナイテッド 飛行機

ロードトリップとなると滅多に経験できるものではなし、ロサンゼルスといえば、祖祖母の移住先… 他、ロサンゼルスには同じ広島出身の友人が家族で住んでおり、会いたいと思っていたので非常に良いきっかけでした。

サンフランシスコでは、ユニオンスクエア近くのホテルに1泊。翌日にスタンフォード大学周辺に移動するためBARTでMillbare駅で下車。そしてカルトレイン (Caltrain) に乗り換えました。

滞在先ですが、ドイツから出発する前にスタンフォード大学から大学周辺のホテル・リストのメールで届いていたにも関わらず、早くホテルを決めていなかったせいでどこも満室。

そして、驚くことに1泊200ドル後半〜300ドル前半が多いこと!サンフランシスコ市内のホテルが高いのはわかっていたのですが、まさかスタンフォード大学周辺のホテルも高いなんて…想像すらしてませんでした。

オマケにどこのホテルも大学からある程度「距離」があります…

みち

学会中は朝から夜まで外出。(17時あたりで学会自体は終わるのですが、そこから参加者とディナーがある)バカンスでまったり過ごすというのであれば話は別ですが、この2泊3日は快適な睡眠がとれれば良いのでは?と思い、私からフーさんに Airbnb を提案。

ホストとバスルーム(お風呂・トイレ)と共有しなくてすむ『個室』があるお家があり、そこを選びました。(※ 個室でもホストとバスルーム共有の場合もあるので説明はよく読むように!)

Airbnbは別途、詳細をまとめて記事にしたいので、少々お待ちを♬

また滞在中は無料でホストの自転車(一台のみ)を借りれる事もあり、フーさんは連日自転車で朝早く出発。私は徒歩!

徒歩で行くつもりは毛頭だかったのですが、ホストの方がたったの45分。歩ける、歩けるからと何度も言い張るので信じてみました。(笑)

失敗でした…(理由は次回記事で!)

スタンフォード大学周辺

スマートフォンで見るのもよいけど、大きな地図があれば助かるだろうと親切に「Googleマップ」からスタンフォード大学内のまで道のりをプリントアウトしたものをくれ、昼過ぎにホストの家からひとり出発開始!

何年も30分以上歩き続けた事がないのでドキドキしちゃいました。(苦笑)

外はどこもかしこもお花が咲いていて、歩いているだけでお花の甘〜い香りが漂ってくるほど。

スタンフォード大学周辺

宿泊した周囲は一軒家ばかりで、大きな大きな豪邸というよりも美しくお手入れされたお庭があり、縦に高いタイプの家ではなく、横に広〜いタイプのお家ばかり。

お庭の草花の種類はどこも似たり寄ったりですが、遠くからでもかなり目立っていたのがコチラ!

お花?木でしょうか?

kemurinoki

近づいてみて撮影!

調べてみたところ、スモークツリー(別名: 煙の木)という名称だそうです。
煙というより『綿』のようにも見えます。

住宅地は歩き続けていても、オシャレな家やお庭の風景を見れたので距離を忘れるくらい楽しかったです。

スタンフォード大学周辺

しかし、、、

住宅地を抜けて大きな道路に出ると、楽しみゼロ!歩行者ほぼゼロ!

殺風景状態が大学に到着するまで続いたのでした。わたしくらいです。1人でとぼとぼと一直線を歩いている人は…天気がよく気候も大変快適なのに、なんだか虚しい気持ちになってしまいました。

さすが、車社会のアメリカ。自転車の人も見かけましたが非常に少なかったです。

stanford04

癒されたのが途中、リスを発見したこと。

音がしないように忍び足で近づいてみたものの、すぐに気付かれ木陰に隠れてしまいました。頑張って撮ってみたのが上画像です。

リスが逃げてる途中をパシャリ!

スタンフォード大学周辺

あともう少しの距離!頑張れ〜!とクタクタ状態の自分を励ましながら、スタンフォード大学まであともう少しでは?!と嬉しくなったのがこのスタンフォード病院の大きな看板。

スタンフォード病院

その後ろ側には建設中の病院がそびえ建っていました。かなり大きかったです。

しかし、“あともう少し” は錯覚だったようで、平坦な道を再びキャンパス目指し、とぼとぼと歩き続けたのでした。

次回はスタンフォード大学のキャンパス内を書く予定です!

注意

スタンフォード大学まで徒歩で行く必要はありません。
無料のシャトルバスが出ています。

滞在先のホストの家の最寄り駅がCALTRAINのPALO ALTO駅ではなく、中途半端な位置だったため、試しに歩いただけです。PALO ALTO駅からシャトルバスが出ていますので利用したい方は下記URLにて確認してください。

Marguerite Shuttle – Parking & Transportation Services
http://transportation.stanford.edu/marguerite/

You might also like

Airbnbでキャンピングカー泊

「 旅 – America 」の続きになります。(まだまだ、続きます!) 約2週間近いアメリカ

toiro kitchenの奈緒子さんとLAで再会!

「 旅 – America 」の続きです。(※まだ続きます!) toiro kitchen の

アメリカへ渡航 エスタ申請と出国時

私がハワイやニューヨークに観光目的で成田空港から出発してた時代、ESTA(エスタ)申請なんて不要だっ

やっと到着!スタンフォード大学キャンパス

前回からの続きになります。 まだか、だまかと歩き続け、キャンパスにやっと到着!! 着いた時間

サンフランシスコからロサンゼルスヘ陸路で移動

旅 – America カテゴリで、前回からの続きになります。 サンフランシスコからロサンゼル

Malibu Pier(マリブ ピア)の風景

「 旅 – America 」の続きです。(※まだ続きます!) 今回は画像を沢山いれてみました。

ロザンゼルス Superba Food + Bread で朝食を

「 旅 – America 」 の続きとなります。 サンフランシスコでは、きちんと調べずに外食

サンフランシスコ ケーブルカーに乗ってみた!

前回からの続きになります。 サンフランシスコ2日目は、坂道を壮快に疾走するケーブルカーケーの乗

ロザンゼルス ベトナム レストラン Blossom と Mohawk General Store

長く、休みやすみ書いているので間があいてしまいましたが 「 旅 – America 」の続きです。

初・離陸前に機内修理が発生… そして遅延

今まで海外旅行で使用する飛行機で出発前に一番待たされたのが、成田発ウランバートル行きで使用した、MI


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

メイソンジャー入りのシュナップス O’Donnell Moonshine

ヴィースバーデン ストリート フード イベント の続きです!

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その1)

再来月、11月3日(金)の文化の日に 広島市、安佐北区深川に

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひ

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top