ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

posted on : ヴィンテージ記録帳

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の
「ヴィンテージ 灰皿スタンド」を購入しました。

今のところ、親しくしている友人の中にも喫煙者はいません。
では、何のために購入したかというと…

観葉植物スタンドに使いたかったから!!

以前から、ヴィンテージの灰皿スタンドを「観葉植物スタンド」にしたい
という、自分の中で小さな構想があり、長い間、探していました。

しかし、灰皿部分の取り外しが不可能だったり、余計なミニ・テーブルがついて
いたりと、ズバリこれだ!というものを発見する事ができず。

50年〜60年代のデザインを意識した、ヴィンテージ風の3本足の観葉植物スタンドは売られているので、それを買うしかないのかなと半ば、諦めモードに入っていたのです。

でもでも、やはり大量生産品の購入は避けたい!
という心の声が。(苦笑)

そんなこんなで諦めるかどうか、うんぬんと考えるのにも疲れ、すっかり忘れていた頃に見つかりました。

モノだけに限らず、何事も執着心を捨てた頃に、ひょっこりと現れるものなのでしょうか?必死に探していた頃は、希望するモノと出会う事もなく、本当に不思議です。

元々ついていた灰皿部分は銅製のも。

丸い輪の部分で、フチがひっかかるようになっており簡単に外せます。

灰皿を取り、観葉植物用の鉢カバーを入れると3本のスタンドが
下にいくほど細くなっているため、ストッパー代わりになって底の部分で
ピタっと止まってくれるので、特に手を加える必要はありません。

チークの持ち手の部分は、スタンドのデザイン・ポイント。
完全なる自己満足なのですが、良い感じ。

ひとまず、頭の中でイメージしていた通りで、観葉植物スタンドとして使えることが確認でき、安心しました!

アームチェアは 1950’s Knoll Antimott

ただ1つ難点があって、本来の灰皿使用だと問題ないのですが、植物を置く場合、上にどんどん成長するタイプの植物だと、持ち手が当たってしまい、成長の妨げになってしまいます。

改めて、枝が下に垂れ下がる系の観葉植物を購入する予定です。

….というのが、クロアチアに行っている間、帰宅したらカラカラに枯れ果てており、残念ながら復活しませんでした。ハーブ類は大丈夫だったんですけどね。長期、家をあける際の『観葉植物の管理』は今後の大きな課題です。

クロアチア…  まだまだ紹介したい内容があるので、明日から続けてクロアチアで書いていきます!

 

保存

You might also like

ヴィンテージ ランプを分解!銅の錆、緑青の落とし方

まさか、私が自分でランプを分解してみようなんて思うとは... 先週、手に入れたデニッシュ・デザ

イエナグラスの収納方法

ベルリン在住の日本人男性アーティストのお茶会に呼ばれた時に、キッチンで見かけた良いアイディア。使い込

ドイツ SGRAFO MODERN GERMANY

ここ数年、花器は「色」と「形」だけを見て 何か、ほんわかと惹かれるものを選んでいます。

エノク・ウェッジウッドの魅力

日本でも超有名で知名度も高いイギリスの陶磁器メーカー、ウェッジウッド。(Wedgwood)ところで、

ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

約半年前から欲しいな... と思っていた『Buchlese-Lampe』 文字通りBuch (

Haldenwanger Berlin

Haldenwanger社のアポテケ 小皿 2個セット販売スタートしました。 下の画像

アントワープ旅行 ⑦ アントワープの蚤の市

かなり以前に「アントワープの蚤の市はいいよ〜!」と 聞いた事はあったのですが、今回  "初" のア

三猿 (さんざる) オープナー・セット

去年の誕生日プレゼントで頂いた『三猿 オープナー・セット』 (下記画像が頂いた三猿です!)

HARIO (ハリオ) のコーヒーミル・セラミックスリム 検証と感想!

去年からベルリンのカフェで販売しているのを見かける日本のHARIO(ハリオ)製品。 さすがにカ

ナゾの メリタ 陶器フィルター 112

今まで一度も見た事がなかったメリタの陶器フィルター 112 通常、本体にMelittaとあるの


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top