クロアチア ショルタ島のバス時間には気をつけて…

posted on : ○ 旅 - クロアチア

先月、夏休みを クロアチア ショルタ島で
過ごしたクロアチア シリーズの続きです。

日本の夏を7年ほど経験していないせいか、暑さにめっきり弱くなっていました。
朝起きても体が重く、昼寝をしても体の疲れが取れないような感覚 …

正直にいうと、3日目あたりでドイツの『涼しい夏』が恋しくなり、帰国するのが楽しみになってしまったくらい!

極力、日中の日差しが強い時は室内待機するようにして、夕方あたりから泳ぎに行く事を日々、繰り返していました。

ショルタ島滞在の後半、ベルリンから合流していたカップルと一度、バスを使って島の真ん中あたりで下車し、無目的にひたすら散歩をしたのですが、5月から雨が全く降っていないだけあって、野原に茂っている野草類は茶色くてカラカラ状態!

7月にクロアチアのスプリット近郊で大規模な山火事があったのですが、燃え広がるばかりで鎮火まで時間がかかったというのが、簡単に想像できます。

とはいえ、すべての草木が乾燥しているわけではなく、例えば乾燥に強いと言われるオリーブの木は栽培も含め、かなり多く、イチジクの木もあちこちにありました。

島の特産物として、オリーブの瓶詰めや、オリーブオイル、イチジクが売られているだけあるのですが、これらの商品価格は決してリーズナブルではありません!

ドイツのオーガニックストアで販売されている価格より少し高い位なんです。

島の住宅ですが、石造りが大半。

最近、建てられたモダンな家以外は
一軒一軒に大きな特徴はないように見えます。

どれも似たような造りなのですが、ある住居の外壁に、小さな穴があったので不思議に思って近づいてみると、イエス キリストの入ったフレームとお花が飾られていました。

神様は異なるものの、小さな祠のお地蔵様や仏像を思い出し、クロアチアで日本を懐かしく感じたのでした。

驚いたのが動物みたいな、このサボテン。

黄色い部分はサボテンの花だと思うのですが、けっこう重たそうです。

散歩の終盤は歩き疲れ、クタクタ状態だったのですが、バス停までやっと辿り着いたところで、バスの時間をみると…

次にくるバスは、なんと3時間30分後!

バス停の周辺には、カフェやレストランなんてありません。

ステイ先まで歩くことなんて出来ないよ〜
と絶望的な気持ちでいたところ、一台の自動車が
私たちの前で止まりました。

20歳前半くらいの若いカップルだったのですが、「今の時間はバスはないでしょ?マスリニサ(マスリニカ)まで、少なくとも6キロは距離があるから、どうぞ乗ってください」と、声をかけてくれたのです。

本当に有難い …

スロベニアから夏休みでショルタ島に滞在中のカップルだったのですが、快くマスリニサまで送ってくれたのでした。

都会じゃないのにも関わらず、島内のバス時間を全く確認していなかったのは、あまりにも無謀すぎて反省!!おまけに、私自身も含め、誰も飲料水を持っておらず、お店もないので猛暑の中、数時間あるき続ける方法を取っていたら危険だったと思います。

ショルタ島のバス時間には気をつけて…

 
 

You might also like

クロアチア スプリット空港 タクシーには気をつけて!

今日から9月です! 時間が経つのは早いもので、あと4ヶ月で2017年も終わるとは... 8月

クロアチア スプリットからショルタ島へ

前回の続きとなります。 クロアチア スプリットからフェリーで約1時間かけて ショルタ島に到着

整備不良で遅延!LCC コンドル航空

今回、クロアチア、スプリット行きで、初めて利用した飛行機が Condor(コンドル航空)L

島の物価は高い!クロアチア ショルタ島 マスリニカ

ショルタ島に着いた翌日、ステイ先から一番近い港、Maslinica へ 食材の買い出しに行きました

クロアチア 虫除けスプレー効果なし。意外なモノで対応?!

青空が広がる快晴の日々。 素晴らしい景色が広がるショルタ島。 しかし、島の内陸部とは違って建

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく、ノラ猫です。 主にゴミ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top