ヴァイマー ( ワイマール ) シラーハウス

posted on : ○ 旅 - ドイツ

小さな街ですが、見どころ満載のヴァイマー。
後半からクタクタ状態になってたので、行くべきか?どうか…

ワイマール シラーハウス

実は迷ってしまったシラーハウス(Schillers Wohnhaus)ですが
1人で行ってきました!

ワイマール シラーハウス

シラーは晩年の3年間(1802年〜1805年)
ここに住んでいました。

最初の入ったモスグリーン色の壁のお部屋は
シラーの使用人のお部屋。

このお部屋と同じ階だったか、階段を上がって上に移動したのか思い出せないのですが、思わず心の中で、わっ!と声が出たキッチン。

ワイマール シラーハウス

縦に長〜いスペースで沢山の道具類が飾られていました。

ひとつひとつじっくり見たかったのですが、やはりゲーテハウス&ゲーテ ガルテンハウスと同様、ロープが張られ入室禁止!

ワイマール シラーハウス

ただ、2カ所からキッチン内を見れる場所があったので、身を少し乗り出し頑張ってズーム撮影してみました!

家具やお皿等の道具類ですが、やはり実際に「使用していたモノ」ではなく、1800年代のものを集められたコレクションとなっています。

ワイマール シラーハウス

Anton Graff(アントン グラフ)による有名なシラーの肖像が飾られている、このお部屋はレセプションルーム。※肖像画はホンモノではなくコピーです。

あのカクカクしたボックス型のソファ… 座り心地が良いのでしょうか?
気になりますが、座る事はできません。

ワイマール シラーハウス

タテに波うっていて不思議な壁紙デザインのお部屋は
ラウンジルーム。

ワイマール シラーハウス

とってもキュートな色目のお部屋はシラーの娘の寝室。
かなり狭かったのですが、不思議と窮屈感がないお部屋でした。

ワイマール シラーハウス

Arbeitszimmer(仕事部屋・書斎)ですが
デスクの上の時計や煙草入れはシラーのもののようです。

ワイマール シラーハウス

どのお部屋も壁紙の色(デザイン)が印象的だったのですが、特にこのシラーの妹「ナネッテの肖像画」とパスケル系でグリーンの壁紙に深いグリーンの額縁の組み合わせが好きです。※ 描いたのはシラーの姉のクリストフィーネ。

シラーの妹 ナネッテ

シラーハウスは展示されている家具や調度品が多く、楽しめたので
「Schillers Wohnhaus」に行っておいて良かったなと思いました。

私の主観ですが、観光で行かれる予定のある方は、ゲーテハウスとシラーハウスを同日に行かない方がいいかもしれません。

ゲーテハウスの方が圧倒的に多いですが、シラーハウスも
展示されている家具や調度品が少なくないので疲れてしまうかも…

滞在日に余裕があればの話しですが、私は別の日にそれぞれ行ったので
よかったと思ってます!

Schillers Wohnhaus
Schillerstraße 12
99423 Weimar
https://www.klassik-stiftung.de/einrichtungen/museen/schillers-wohnhaus/

You might also like

初めてのヴァイマー(ヴァイマル)小旅行中!

昨日、ゲッティンゲンからWeimar(ヴァイマル)に移動して 小旅行中です! ゲッテインゲン

アンナ アマリア Wittumspalais

ヴァイマー ( ワイマール ) アンナ アマリア Wittumspalais

ヴァイマー(ワイマール)旅行の続きです。 朝、早起きする事が出来ず、2度もチケット入手に失敗!

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

もう9月です。時が過ぎるのが早い... ヴァイマー旅行の続きは、まだあるのですが今日はひと休み

ヴァイマル旅行

楽しすぎて延泊!ワイマール(ヴァイマー) 旅行

7月下旬に行ったヴァイマー(ヴァイマル)。 当初、3泊4日の予定だったのですが、あまりにも楽しくて

ゲーテ ガルテン ハウス

Goethes Gartenhaus ( ゲーテ ガルテンハウス )

広大なイルム公園ですが、散歩しているとすぐ、ゲーテ ガルテンハウス ( ガーデンハウス ) を発見で

ライプツィヒ 日帰り旅行 (1)

ライプツィヒ 日帰り旅行 をしたのにも関わらずブログへの記事が遅れてしまいました。どうしても、ライプ

ヴァイマー ( ワイマール ) カフェ

ワイマール KORIAT Kuchenmanufaktur

ヴァイマー ( ワイマール ) は観光地だけあって、中心地は多くのカフェがあるのですが、旅行者が少な

ベルリン → ゲッティンゲン → ニュルンベルグ → フランクフルト(郊外)

☆★☆ Merry Christmas and Happy Holidays! ☆★☆ 1泊2

フランクフルト市内 – 超短時間の観光

クリスマス イブの翌日、25日にフランクフルト市内に行ってきました。 ただし、「超」短

2泊3日の小旅行 – ケルン大聖堂 (1)

初めてケルンに行ってきました! 2泊3日の小旅行で最終日はデュッセルドルフ2時間弱の滞在でベルリン


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top