Scents of LAND(センツ オブ ランド)のアロマキャンドル

posted on : ☆ 日常のあれこれ

LAに住む友人から素敵なプレセントが届きました!

land01

小包をあけた瞬間、何ともいえない、やさし〜い香りに思わず オオオ!と声をあげてしまったのですが、中身は Scents of LAND のアロマキャンドル!

オーガニックにこだわった良質の手作りアロマキャンドルだそうです。プレゼントの送り主であるEMIKOちゃんがオーナー&バイヤーのnanamina のショップでは入荷してもすぐ完売する大人気商品との事。

land02

実は、数ヶ月前から上質なアロマキャンドルが欲しい!と思っていて、ベルリンにもあるギャラリー・ラファイエット (Galeries Lafayette) に行っては、diptyque(ディプティック)などの商品を見て吟味していたのです。

パリのディプティックも有名ですが、ドイツに住む私にとって、ニューヨークのアトリエで作られたmade in USAというのも非常に新鮮です。そして、パッケージもクール。

缶に入った TRAVEL by LAND は旅行の際に持って行くリストの中の1つに決定!

ところで、ガラス瓶に入ったキャンドルの番号がNo.635とあるのですが、全部で何種類の香りが販売されているのでしょうか?友人に質問をしたところ、パッケージに記載ある番号は香りの種類の番号ではなく、デザイナーさんの友人が住む”番地”なんだそうです!

もちろんアメリカの番地だけとは限らず、次回はパリ在住の友人の番地が新たに加わるのだとか。

You might also like

連日、工事の騒音でストレスが…

ちょっとした宮殿?のような正面玄関の両壁と天井。 残念ながら"同じ建物"に住んでいるのにも関わ

楽しいメゾネット生活

生まれ育った広島の家は庭がある一戸建なのですが、親元を離れてから、東京でもドイツでも一戸建に住んだ経

実家にあったお宝 〜 70年代のタッパーウェア 〜

マンションではなく一戸建てだからかなのか、モノがやったら多い実家。 一階の和室がほぼモノ置き状

日本は何でもある!お土産は慎重に…

先々日の「買って良かった 亀の子スポンジ 」の中で、多種のドクターベックマン商品がビーミング by

ヒヤリ!猫が脱走 ako BERLIN にて

ベルリンを離れるという事で、今週は特に今まで気になっていたけど、まだ行ってないお店を中心に、お茶した

用事があってフンボルト大学の図書館ヘ

日本と違って秋が短く、夏が終わってあっという間にグレーの空模様がやってきて、毎年のように「寒くなった

ドイツ国内の引っ越し ②

ゲッティンゲンを退去する前に次に住む家を探さないと! … という事で、特に9月は本腰入れ、

バースデー・カードはオノ・ヨーコさんのカードで

5月に誕生日を迎える友人のために4月の下旬あたりから、プレゼントと共に「カード」も探していました。

プレゼントは自分でラッピング!

ご存知の方も多いと思いますが ドイツではお店でプレゼントのラッピング包装はしてくれません。

初めてベルリン以外でビザ更新 ①

ベルリンでは過去、3回ビザ更新をしました。 私の場合、2010年の初回ビザの取得が非常に大変で


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
築110年の古民家 北広島町 峠の美容室 わらふ

前回「野の花かふぇ」を紹介しましたが、このカフェで ランチをした後に

広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが 文末に 『ベルリン

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 (その3)

10月31日にフランクフルト空港からルフトハンザ機で出発。 今年は東

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったと

一滴の音 一滴の踊り ゆらゆら混ざる余韻(広島 LOG)

広島で友人(きくち まゆ ちゃん)が 出演するイベント告知です。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top