三猿 (さんざる) オープナー・セット

posted on : ヴィンテージ記録帳

去年の誕生日プレゼントで頂いた『三猿 オープナー・セット』
(下記画像が頂いた三猿です!)

sanzaru01

Three wise monkeys として世界的に有名だとは全く知らなかったので、この『三猿 オープナー・セット』をドイツで初めてみた時は驚きました。日光東照宮で見た以来です。

最初に知ったのはプレゼントで頂く前、ベルリンの某場所でデンマーク人アーティストのグループ展のフライヤーに『三猿 オープナー・セット』が使われていたのでした。

欲しいなぁ…と思ってたのですが、見かけることが全くなく月日がながれ、最終的には偶然にも誕生日プレゼントで頂きました。私はキッチンに飾り、特に右端のオープナーは頻繁に使用しています。

本来ならスタンドの木製部分に
Ich sage nichts
Ich sehe nichts
Ich höre nichts
と大文字で書かれているのですが、浅く削って文字を消してプレゼントしてくれたようです。

sanzaru02

上記は”初” DILL objectsで販売している商品です!
※ Sold out になりました。ありがとうございました。

今でも販売用に引き続き探し続けていますが、納得いくコンディションの物を販売したいのでなかなか難しいですね。まず、目の部分はシールです。ペイントされているわけではございません。商品によっては黒目の部分小さく、白目部分の範囲が広いものがあるのです。見た目が怖いので選んでいません。

他、耳がちぎれている物が多いです。最近、三猿全部の耳が片方や両方取れてるものを発見しました。もちろん、買い付けせず。あとはコルクが既に使用されてて変色しているもの。

完全なる未使用かどうかは判断はできませんが、とりあえずコルクは今後も未使用であろう変色してないものを選んでいきます!

sanzaru03

「見ざる、聞かざる、言わざる」の3つの叡智の教えを
キッチンに飾ってみてはいかがでしょうか?

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン

ヴィンテージ メリタでひとりコーヒータイム!

あなたはコーヒー党?それとも紅茶党? 私はコーヒー党です。いわゆるダージリンやアッサム等の定番

ヴィンテージ メリタ アルミニウム製 ドリッパー

ここ数週間、毎朝使っていた陶器フィルターをお休みさせて、新たに使用しているのが 「メリタ アルミ製

エノク・ウェッジウッドの魅力

日本でも超有名で知名度も高いイギリスの陶磁器メーカー、ウェッジウッド。(Wedgwood)ところで、

転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で ドイツ国内を南下中なのだが、

ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

約半年前から欲しいな... と思っていた『Buchlese-Lampe』 文字通りBuch (

丈夫なつくりの子供用の椅子

去年の夏からずっと探していた、Kinderstuhl(子供用の椅子)脚がパイプ製じゃないもの、クラシ

イギリスの最高傑作 POOLE Pottery を使う

久々に更新するカテゴリ「ヴィンテージ記録帳」ですが、ドイツヴィンテージではなくイギリスの最高傑作 P

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top