サンタ・マリア・ノヴェッラのポプリ

posted on : デザインが良いと...

LA在住の友人から素敵なプレゼントが届きました。
フィレンツェに所在する800年の歴史を誇る世界最古の薬局で、天然のハーブを用い、自然治癒や予防医学という思想がベースというサンタ・マリア・ノヴェッラ のポプリです。

私は一時期(まだ日本に住んでいた頃の話ですが…)サンタ・マリア・ノヴェッラ のローズ ウォーターの香りが大好きで愛用していました。他、パッケージのデザインも大好きです。

ポプリですが、フタのある穴のあいている容器が一番良いのだと思うのですが、持ってないないため、とりあえずはアール・デコ デザインの小さな器に。

コチラ、いかにも20年代らしい絵柄ですが、実際は1950〜60年代のもの。

sa01

このポプリを仕事用デスクの隅に置いているのですが、すごく良い気持ちでパソコン作業が進むのです。「香り」って大事なんだ… と改めて思いました。

ルールだらけのインテリア風水は苦手なのですが、以前に何かで読んだ「風水的に香りは非常に大事」という内容の記事は大変納得できる内容でした。うろ覚えで申し訳ないのですが、記憶があるものを2つほど紹介します。

● 玄関を開けてヤニ臭やカビ臭がするのはもってのほか!
● 家の中にゴミを溜めない(特に臭いが発生しやすい生ゴミ類)

■『悪い香り』とは、煙草臭(ヤニ臭)、ゴミ臭(カビ、生ゴミ)です。

金運を高めるために『水回りを!』とは、風水に詳しくなくても耳にする事が多いと思います。この記事の著者は、外から帰宅してドアを開けた瞬間、家の中から悪い香りが漂ってくるようでは、金運を含め 運気なんて上がるわけがないと書かれていました。

sa02

こちらでは真冬でも換気のために、朝おきたら窓を全開にして空気の入れかえをする習慣があるので、その点は大丈夫かなと思っていますが、季節問わず、マメにゴミを捨てるようにしています。

私の仕事運+金運ですが、このサンタ・マリア・ノヴェッラのポプリの香りでアップしてくれたら嬉しいなぁ〜。

You might also like

こんなにも本の表紙デザインが違うとは!

去年、友人から 新しい主婦「ハウスワイフ2.0」という生き方 エミリー・マッチャー著 が面白か

60’s マグナム マガジンより ~ RENZ の広告 ~

string ( ストリング )につづき、コチラも壁に取り付けるタイプの棚になります。 デザインは

京都 七味家本舗 の一味唐がらし

3週間前にベルリンに住む友人から、一時帰国するので何か欲しいものがあったら言ってね!という非常にあり

ロシアのお菓子 alionka(アリョンカ)クッキー

9月にも関わらず半袖でもOKなくらい暑くなったのですが、木の葉はだんだんと変色してきて落ち葉も増えつ

ロシアの可愛いお菓子たち

イタリア MERA & LONGHI のボンボン につづいてロシア編です! イタリア土産のM

60’s マグナム マガジンより ジョージ・ジェンセンとRENZの広告

蚤の市では価値のある古書をはじめ、単なる古本や雑誌など様々あるのですが、それらを最初に立ち止まってチ

バレンタインデー MAROU (マルゥ) チョコレート

ドイツでは、日本のバレンタインデーのように、女性から男性に(意中の男性?や恋人、配偶者)にチョコレー

山本美文さんのシェーカーボックス お弁当箱

先々日、地元(広島)の友人から素敵なプレゼントが届きました。 小包を開封してビックリ。 非常

イラストもボトルデザインも素敵なBerliner Winter

ベルリン在住のイギリス人女性(テキスタイル・デザイナー)の方から、商品を Weihnachtsrod

Berliner S-Bahn のデザインを集めたポスター

S-BahnのAlexanderplatz 駅 ( アレキサンダープラッツ ) のホームで電車待ちを


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • pinterest

Back to top