イタリアン カフェ salumeria lamuri

posted on : ◎ カフェ / レストラン

友人とKöpenicker Straßeを歩いていた時に、ひときわ目立っていたお店を発見! zapf に用事があったので、買い物の後に御茶でも飲もうという話になり、入ってみました。

lamuri02

Cappuccinoを飲んだだけなのですが、確か2,30€とリーズナブル・プライス。(美味しかったです!)数年前まで、カフェで飲むカプチーノは2,50€ 前後で飲めるという感覚だったのですが、最近はお店によって違いますね。BIGサイズじゃなくても3€〜のお店もあったりします。

lamuri02

壁にはズラリと並べて販売しているワイン等、素敵ですね。この中に、気になるオリーブオイルを発見したのですが、今、使用しているオリーブオイルがなくなったら購入しようかなぁ…

lamuri03

カフェ・スペースはこじんまりしてるものの、天井が高い+床、壁のタイルのパターン×パターンの美しさのせいか、開放感ある空間で椅子やテーブルも良い感じ。「カッコよく頑張ってピカピカ」というようなインテリアではないのでリラックス出来ます。

lamuri04

トイレが店の奥にあるのですが、カフェ・スペースだけかと思いきや、雰囲気の異なるスペースが広がっていました。

どうやら、ディナーはないものの、ランチメニューがあるようです。気になりますね〜!いつかランチする機会があれば、またブログにてレポートしたいと思ってます!

lamuri05

salumeria lamuri
www.salumerialamuri.de

Köpenicker Straße 183
10997 Berlin

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

ベルリン Cafe Einstein Stammhaus

ベルリンに旅行に来られた方は、ガイド本にも紹介されていて有名なので、既に行かれたり、ご存知の方も多い

Bio カフェ Melusine

Neukölln(ノイケルン)にある、Bio Cafe' Melusine Schönleinst

ロザンゼルス Superba Food + Bread で朝食を

「 旅 – America 」 の続きとなります。 サンフランシスコでは、きちんと調べずに外食

ゲッティンゲン ベトナム料理 Vietal Village

インテリアがキメキメで、こだわってる風なお店ほど お料理はあんまりかな… という所が多かったゲッテ

エディンバラ カフェ Thomas J Walls coffee

本日も エディンバラ シリーズ の続きですが 連続でエディンバラのおすすめカフェの紹介です!

蔦屋書店 – Anjin アンジンで「暮しの手帖」を読む

カテゴリの「旅 - Japan」にこの「代官山 蔦屋書店」の記事を入れるのは、少々気がひけたのですが

ワイマール 最古のカフェ Residenz Cafe & Restaurant

ヴァイマー ( ワイマール ) 最古のカフェ レストラン

10月に入り、終日グレーの雲が空を覆うようになり 冬の到来をひしひしと感じております。 再び

P103 Mischkonzern

最近、この P103 Mischkonzern に行く機会が多いのですが、夜はチャンスを逃し続け、日

Chez Omar

(7)パリで美味しかったクスクス Chez Omar

店内の様子やカードのみで食事(クスクス)の画像はないのですが、ランチでクスクスを食べた『Chez O

ピエロギを食べに pierogarnia へ

本当は先週、スティーヴ・マックィーン監督最新作、映画『12 Years a Slave』 (邦題:

アントワープ旅行 ④ MoMu マルジェラ ザ エルメス イヤーズ

アントワープに行くのであれば、ココへは絶対に... と心に強く決めて

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top