日本の労働環境 (1) 病欠編

posted on : ■ マジメな話

roudou01

ベルリン在住の日本人の友人に会うと、よく出る話題の1つでもある「日本の労働環境」

フリーランサー、アーティスト、ドイツの会社やお店に勤めてる人たちで職種は様々。私の友人の大半は日本での勤務経験があるので「労働環境」の違いを自ら得た経験できちんと比べることができます。

(1) 病欠 (2) 有給 (3) サービス残業 と内容を3つに分けて書く予定です。今回の記事は、(1) 病欠です。

先日、ドイツの会社に勤め始めた日本人男性が面白いエピソードを教えてくれました。大風邪をひいてしまい、咳をしながら仕事していると上司の方から、早く帰宅してきちんと風邪を完治させて出社して欲しいと早退を指示されたそうです。

私はこの話を聞いた時、語学学校へ通っていた頃の出来事を思い出しました。クラスメートの韓国人の男性が授業中、ゴホゴホとひどく咳き込んでいて、先生が大丈夫?と声をかけたのですが、彼の返答が、実は風邪をひいて熱も少しあるけど休みたくないから来ましたと。

これを聞いた先生の表情ったら… みるみる引きつった様な怖い表情に変わり、怒り口調で「なぜ学校にきたの?皆にうつってしまうじゃない。私は教えてる立場だし風邪をうつされたくないの。まず、きちんと休んで完治してからきてよ!」と。(※ 勤める企業先で多少なり違うでしょうが、韓国の労働環境(労働時間)や病欠に対する考え方は日本に似てるそうです!)

しかし、よく考えなくても先生が言ってる事はすごく真っ当だと思いませんか?

風邪をひき、熱まである場合は特に勉強でも仕事でも生産性が落ちるとのは確実だと思うし、学校でも仕事先でも人にうつす可能性大なわけです。ましてや風邪の原因の9割はウイルスだと言われてるほど。家族1名が風邪をひくと、あっという間に家族内で風邪が蔓延しちゃうのがよい例です。

私自身は、ざっくり説明すると日本で 正社員 → 派遣 → 正社員 を経てベルリンに来ています。派遣時代に派遣会社のスタッフから言われた事で、今でも強烈に覚えているのが「もし、風邪やインフルエンザにかかって39度の熱が出ても病欠しないでください。這ってでも派遣先企業に出社 してください」

私はこれを聞いた後、すぐ辞めました。何も保証がない派遣という立場なのに、更にこんな扱いを受けるんだと思い、派遣は危険という事がありありとわかったからです。もちろん、正社員で働いてたとしても、このような事を言われたら迷わず退職しますけどね。

会社の方針や方向性、仕事内容も含め、自分自身とあっていないところにズルズルいる方が時間のムダです。それに40度の熱が出てやっと病欠できるなんて… 死ね!と言われてるようなものです。人間ってロボットじゃありませんから。

日本の労働生産性が低いとよく聞きますが、間違った根性論やガンバリズム思想 から来ているような気がしてなりません。そこから「有給休暇を捨てる行為」「サービズ残業」をアタリマエだとするサムイ思考が生まれてしまうのだと思います。

You might also like

ベルリンのテロ事件の前日

ベルリンで19日の夜、クリスマスマーケットに大型トラックが突入した前日、私達は Mainz(マインツ

魔の二歳児 イヤイヤ期(ナインナイン期)

年明け、アメリカに住む友人と『クリスマスはどう過ごした?』と互いに近況報告をメールでやりとりした時の

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で ドイツ国内を南下中なのだが、

人は視覚から大きな影響を受ける

先週あたりだったでしょうか、晴天なのに冬用のマフラーやアウターが必要だったほど寒く、その後は曇りの日

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。 私は去年(2017年)、

ドイツの老人ホームで日本の祖母をおもう。

去年の11月、日本に一時帰国中に認知症で老人ホームにいる祖母に会いに行きました。そして年始はドイツ。

オランダ テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ①

先々週でしょうか。長い付き合いの友人が3度目のインド旅行から日本に帰国したので旅話しを聞く為

体罰だけではなかった私の小学校時代 (1)

新しく「マジメな話」という名でカテゴリを追加しました。 その他のカテゴリ記事を不真面目

女の人生は長い! シニア結婚

私の実家は、親戚付き合いが活発なほう。夫も同じく親戚付き合いが多く、交際当時から生まれ育った


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top