日本の労働環境 (1) 病欠編

posted on : ■ マジメな話

roudou01

ベルリン在住の日本人の友人に会うと、よく出る話題の1つでもある「日本の労働環境」

フリーランサー、アーティスト、ドイツの会社やお店に勤めてる人たちで職種は様々。私の友人の大半は日本での勤務経験があるので「労働環境」の違いを自ら得た経験できちんと比べることができます。

(1) 病欠 (2) 有給 (3) サービス残業 と内容を3つに分けて書く予定です。今回の記事は、(1) 病欠です。

先日、ドイツの会社に勤め始めた日本人男性が面白いエピソードを教えてくれました。大風邪をひいてしまい、咳をしながら仕事していると上司の方から、早く帰宅してきちんと風邪を完治させて出社して欲しいと早退を指示されたそうです。

私はこの話を聞いた時、語学学校へ通っていた頃の出来事を思い出しました。クラスメートの韓国人の男性が授業中、ゴホゴホとひどく咳き込んでいて、先生が大丈夫?と声をかけたのですが、彼の返答が、実は風邪をひいて熱も少しあるけど休みたくないから来ましたと。

これを聞いた先生の表情ったら… みるみる引きつった様な怖い表情に変わり、怒り口調で「なぜ学校にきたの?皆にうつってしまうじゃない。私は教えてる立場だし風邪をうつされたくないの。まず、きちんと休んで完治してからきてよ!」と。(※ 勤める企業先で多少なり違うでしょうが、韓国の労働環境(労働時間)や病欠に対する考え方は日本に似てるそうです!)

しかし、よく考えなくても先生が言ってる事はすごく真っ当だと思いませんか?

風邪をひき、熱まである場合は特に勉強でも仕事でも生産性が落ちるとのは確実だと思うし、学校でも仕事先でも人にうつす可能性大なわけです。ましてや風邪の原因の9割はウイルスだと言われてるほど。家族1名が風邪をひくと、あっという間に家族内で風邪が蔓延しちゃうのがよい例です。

私自身は、ざっくり説明すると日本で 正社員 → 派遣 → 正社員 を経てベルリンに来ています。派遣時代に派遣会社のスタッフから言われた事で、今でも強烈に覚えているのが「もし、風邪やインフルエンザにかかって39度の熱が出ても病欠しないでください。這ってでも派遣先企業に出社 してください」

私はこれを聞いた後、すぐ辞めました。何も保証がない派遣という立場なのに、更にこんな扱いを受けるんだと思い、派遣は危険という事がありありとわかったからです。もちろん、正社員で働いてたとしても、このような事を言われたら迷わず退職しますけどね。

会社の方針や方向性、仕事内容も含め、自分自身とあっていないところにズルズルいる方が時間のムダです。それに40度の熱が出てやっと病欠できるなんて… 死ね!と言われてるようなものです。人間ってロボットじゃありませんから。

日本の労働生産性が低いとよく聞きますが、間違った根性論やガンバリズム思想 から来ているような気がしてなりません。そこから「有給休暇を捨てる行為」「サービズ残業」をアタリマエだとするサムイ思考が生まれてしまうのだと思います。

You might also like

テレビのない生活

テレビがない生活はメリットだらけ!

先週末は義母の家に滞在していたのですが、彼女のお気に入りのワイド型ハイビジョンのテレビをふと

体罰だけではなかった私の小学校時代 (1)

新しく「マジメな話」という名でカテゴリを追加しました。 その他のカテゴリ記事を不真面目

人間関係の悩み 海外友人編 – 本質はどこの国でも同じ (2)

人間関係の悩み 海外職場編 - 本質はどこの国でも同じ (1) の続きです。 (1)

ドイツ人は本当にキレイ好き?

よく聞かれる質問で一番多いのが ドイツ人は掃除好きなんですか? ドイツ人はキレイ好きなん

歯の食いしばりはストレスから?

今朝、目が覚めた時に顎のだるさを感じた事で、ドイツでの根管治療を諦め、広島の観音歯科医院で治

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ②

『チノチノ差別事件 ① 』からの続きです。 何? 何が言いたいの? どういう意味?

人間関係の悩み 海外職場編 – 本質はどこの国でも同じ (1)

人の悩みの多くは『人間関係』の悩みだというけれど、ありがたい事に私自身は随分長く、悩んだ事がありませ

インフルエンザを自然治癒で治した経験

インフルエンザを自然治癒で治した経験

熱・のど・鼻にルルが効く♬ のCMにすっかり洗脳された母から『風邪にはルル』 それでも治らない場

ドイツで通勤時間とデュアルライフを考える

ピカピカ空が光り出し、雷の轟音と共に小雨パラつく風景を窓から眺めながら、一人暮らしをしていた

花の持つエネルギー

何か自分のエネルギーが滞ってるなぁ、疲れてるなぁ...と感じる時 私は迷わずお花を購入しています。


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top