ドイツの根管治療(2)

posted on : ■ マジメな話

ドイツで根管治療(1)の続きで
クーダムの歯科からミッテにある某歯科に変え、診察を受けた後。

歯科医:抜く必要があるね。けど抜くのはここではできないので、抜歯専門の歯科に紹介状を書くので抜いた後、再びきてください。虫歯があるので虫歯の治療をしましょう。

ここはもっと面倒くさそうな対応で、抜いた後の提案はナシ。

とりあえず、抜歯は強くお断りして、歯の治療だけ1本してもらったのですが、驚くくらい、深く削ろうとするし、その深く削ってる途中に、なんと該当する歯の治療を諦めて「この歯も抜くしかないね」と言い出したのです。

心の中では猛烈に怒っていたのですが、冷静に応急処置でつめてください。
日本に帰国して治療しますと正直に伝え、つめてもらったのを最後に終了。

なぜ、健康な歯を簡単に抜こうとするの?
常識として考えられない!

… と憤慨して知人、友人に愚痴っていたのですが、ある人いわく、ドイツ人は歯が丈夫な人が多いから(歯並びが良い人が多い)日本のような細かい治療が必要な人が少ないのでは?だから技術の向上も必要ないんじゃないのかな。という事でした。

なんだか納得できない意見でしたが、私はベルリンでの歯の治療は諦め一昨年、3ヶ月長期で一時帰国をしていた際、日本(広島)で虫歯治療も根管治療も全部したのでした。

地元の歯科で根管治療をした際、ドイツで抜け!抜け!とすごかったんです。この歯と奥歯と指を指して伝えると、非常に驚いていました。

女医さんいわく、できるだけ健康な歯は簡単に抜こうとしない事。そして本当に抜く必要があるのかどうかを、あらゆる面で考えて最終決定すると言っていました。

日本でもお金儲けのために、インプラントを勧めてくる医者が少なくないと聞きます。診察の際になんか怪しいな、医師の発言に違和感を感じるなと思ったら迷わずセカンドオピニオンを探した方が良いでしょう。

最後に、ベルリンで根管治療している歯科があるらしいのですが、日本でポピュラーな治療方法ではなく(多分ですが…)手術扱いになり、治療が必要な該当する歯の歯茎を切り、開けて膿みを出す方法なんだそうです。

そのため、歯茎は再び縫う作業も必要でその後は2、3日ほど頰がかなりパンパンに腫れるらしく、歯茎を切って開けて縫うという… 聞いてるだけでブルブル。

実際、この治療を受けた人から直接話を聞いた後、ドイツではなく、日本で治療をしようと決めたので、歯科の場所と名前は覚えていません。

通常の根管治療は特殊な器具で細かく洗浄し、綺麗に取り除かないと、また膿が溜まってきて鈍痛がするようになるのだそうです。

歯茎を切り開いて膿みを取り除くのではなく、歯の根の細かい治療がをしてほしかったので、日本で治療した事に後悔はありません!1年経過しましたが、良好です。

 

You might also like

テレビのない生活

テレビがない生活はメリットだらけ!

先週末は義母の家に滞在していたのですが、彼女のお気に入りのワイド型ハイビジョンのテレビをふと

人間関係の悩み 海外職場編 – 本質はどこの国でも同じ (1)

人の悩みの多くは『人間関係』の悩みだというけれど、ありがたい事に私自身は随分長く、悩んだ事がありませ

転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で ドイツ国内を南下中なのだが、

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ①

先々週でしょうか。長い付き合いの友人が3度目のインド旅行から日本に帰国したので旅話しを聞く為

日本の労働環境 (1) 病欠編

ベルリン在住の日本人の友人に会うと、よく出る話題の1つでもある「日本の労働環境」 フリ

体罰だけではなかった私の小学校時代 (2)

本当は分けて書かずに1つの記事としてまとめるつもりだったのですが、書いてて吐き気がしてきて一

日本の労働環境 (2) 有給休暇編

『ドイツでは〜』『フランスでは〜』『イギリスでは〜』etc この切り口で始まる海外在住者の

ドイツで通勤時間とデュアルライフを考える

ピカピカ空が光り出し、雷の轟音と共に小雨パラつく風景を窓から眺めながら、一人暮らしをしていた

人間関係の悩み 海外友人編 – 本質はどこの国でも同じ (2)

人間関係の悩み 海外職場編 - 本質はどこの国でも同じ (1) の続きです。 (1)

義祖母 – 亡くなる前の不思議な出来事

2016年、11月末に短かった日本の一時帰国からドイツに戻り、街はすっかりクリスマス モード


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top