ドイツの根管治療(1)

posted on : ■ マジメな話

ドイツに来て2年目のある日、左側の一番奥歯、歯茎の横に何か違和感を感じ、指で触ってみると、何やらプクッと突起していて慌てて鏡で口を大きくあけ、確認すると…

歯茎におできのような、イボのようなものが!

すぐにネット検索して調べてみると、歯の根に膿がたまっている可能性が高く、根管治療が必要だと書いてあります。

しかし、このときは痛みが全くなくて、歯を磨く際にそのイボのような突起が少々、気になるだけだったので放置していました。ですが、段々と体が疲れてる時に鈍痛がするようになったのです。

当時はベルリンの西側に住んでいたのもあり
クーダムにある大きな歯科へ駆け込みました。

①受付で入っている保険会社のカードを見せる
②日本と同じように質問シートに記載
(歯科にきた理由やアレルギーはあるか、妊娠してないか等のチェック項目)
③個室で担当ドクターに会い再び口答で自分の歯の状況を説明
④歯のレントゲン
⑤出来上がりを受付で待つ
⑥個室でレントゲンを見ながら歯科医から治療説明

といった流れ。

レントゲン撮影を終え、再び受付から個室に移動した後、まったく想像していなかった提案が歯科医からされたのでした。

歯科医:抜きましょう!

私:えええ?抜くのですか?
でも、抜く必要はあるのでしょうか?
それに、抜いた後は?奥歯ですよ!

歯科医:インプラントです。1本2800ユーロ〜4000ユーロ弱を考えて下さい。もちろん、保険のカバーはききません。しかし、抜くのは保険適用で無料です。

抜くのは無料だからと何度も言ってくるのですが
その後の1本、何千ユーロという提示額との差がありすぎて
抜歯が無料という事に有り難さはこれっぽっちも感じません。

他、1本の金額2800€から4000€弱って約1000€の差があり
決して小さい額ではありません。違和感を強く感じました。

私:抜きたくありません。
それにインプラントはしたくないです。

やたらインプラントを勧める若い歯科医が鬱陶しくなり
強く断って、ミッテにある某歯科に変えてみたのでした。

続きと結果は
ドイツで根管治療(2)にて。

You might also like

魔の二歳児 イヤイヤ期(ナインナイン期)

年明け、アメリカに住む友人と『クリスマスはどう過ごした?』と互いに近況報告をメールでやりとりした時の

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ②

『チノチノ差別事件 ① 』からの続きです。 何? 何が言いたいの? どういう意味?

ゆうパック LINEで簡単 再配達の申し込み!

日本って凄すぎる!!! 今回の一時帰国で一番、驚いたのが、ゆうパックの 再配達をLINEで『

体罰だけではなかった私の小学校時代 (2)

本当は分けて書かずに1つの記事としてまとめるつもりだったのですが、書いてて吐き気がしてきて一

ドイツ人は本当にキレイ好き?

よく聞かれる質問で一番多いのが ドイツ人は掃除好きなんですか? ドイツ人はキレイ好きなん

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ①

先々週でしょうか。長い付き合いの友人が3度目のインド旅行から日本に帰国したので旅話しを聞く為

ドイツの根管治療(2)

ドイツで根管治療(1)の続きで クーダムの歯科からミッテにある某歯科に変え、診察を受けた後。

人は視覚から大きな影響を受ける

先週あたりだったでしょうか、晴天なのに冬用のマフラーやアウターが必要だったほど寒く、その後は曇りの日

日本の労働環境 (2) 有給休暇編

『ドイツでは〜』『フランスでは〜』『イギリスでは〜』etc この切り口で始まる海外在住者の

歯の食いしばりはストレスから?

今朝、目が覚めた時に顎のだるさを感じた事で、ドイツでの根管治療を諦め、広島の観音歯科医院で治


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Translate »
Back to top