ドイツの根管治療(1)

posted on : ■ マジメな話

ドイツに来て2年目のある日、左側の一番奥歯、歯茎の横に何か違和感を感じ、指で触ってみると、何やらプクッと突起していて慌てて鏡で口を大きくあけ、確認すると…

歯茎におできのような、イボのようなものが!

すぐにネット検索して調べてみると、歯の根に膿がたまっている可能性が高く、根管治療が必要だと書いてあります。

しかし、このときは痛みが全くなくて、歯を磨く際にそのイボのような突起が少々、気になるだけだったので放置していました。ですが、段々と体が疲れてる時に鈍痛がするようになったのです。

当時はベルリンの西側に住んでいたのもあり
クーダムにある大きな歯科へ駆け込みました。

①受付で入っている保険会社のカードを見せる
②日本と同じように質問シートに記載
(歯科にきた理由やアレルギーはあるか、妊娠してないか等のチェック項目)
③個室で担当ドクターに会い再び口答で自分の歯の状況を説明
④歯のレントゲン
⑤出来上がりを受付で待つ
⑥個室でレントゲンを見ながら歯科医から治療説明

といった流れ。

レントゲン撮影を終え、再び受付から個室に移動した後、まったく想像していなかった提案が歯科医からされたのでした。

歯科医:抜きましょう!

私:えええ?抜くのですか?
でも、抜く必要はあるのでしょうか?
それに、抜いた後は?奥歯ですよ!

歯科医:インプラントです。1本2800ユーロ〜4000ユーロ弱を考えて下さい。もちろん、保険のカバーはききません。しかし、抜くのは保険適用で無料です。

抜くのは無料だからと何度も言ってくるのですが
その後の1本、何千ユーロという提示額との差がありすぎて
抜歯が無料という事に有り難さはこれっぽっちも感じません。

他、1本の金額2800€から4000€弱って約1000€の差があり
決して小さい額ではありません。違和感を強く感じました。

私:抜きたくありません。
それにインプラントはしたくないです。

やたらインプラントを勧める若い歯科医が鬱陶しくなり
強く断って、ミッテにある某歯科に変えてみたのでした。

続きと結果は
ドイツで根管治療(2)にて。

You might also like

ドイツ 女性のミッドライフ クライシス

自分の人生は これでよいのだろうか? このままでよいのだろうか? といった、自身の

良い影響・悪い影響

それは簡単じゃないよ。無理でしょ。ビザはどうするの? 約8年前でしょうか。東京から初めて観

転勤族の家具選びは大変だけど…

ベルリン → ゲッティンゲン → ヴィースバーデンと夫の仕事の関係で ドイツ国内を南下中なのだが、

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ①

先々週でしょうか。長い付き合いの友人が3度目のインド旅行から日本に帰国したので旅話しを聞く為

人間関係の悩み 海外職場編 – 本質はどこの国でも同じ (1)

人の悩みの多くは『人間関係』の悩みだというけれど、ありがたい事に私自身は随分長く、悩んだ事がありませ

ベルリンのテロ事件の前日

ベルリンで19日の夜、クリスマスマーケットに大型トラックが突入した前日、私達は Mainz(マインツ

食の嗜好が違う友人と旅行するとどうなる?

食の嗜好が違う友人と旅行すると どうなるか... ここでいう『食の嗜好』というのは、

80年代 オールドグッチの説明書は手書き印刷!

かなり昔から(現在も)母の衣類収納スペースに保管してある オールドグッチのハンドバッグ。 1

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ②

『チノチノ差別事件 ① 』からの続きです。 何? 何が言いたいの? どういう意味?

日本の労働環境 (1) 病欠編

ベルリン在住の日本人の友人に会うと、よく出る話題の1つでもある「日本の労働環境」 フリ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
築110年の古民家 北広島町 峠の美容室 わらふ

前回「野の花かふぇ」を紹介しましたが、このカフェで ランチをした後に

広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが 文末に 『ベルリン

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 (その3)

10月31日にフランクフルト空港からルフトハンザ機で出発。 今年は東

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったと

一滴の音 一滴の踊り ゆらゆら混ざる余韻(広島 LOG)

広島で友人(きくち まゆ ちゃん)が 出演するイベント告知です。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top