recycled home / ベイリー夫妻

posted on : □ 本や雑誌

以前、facebookの DILL objectsのファンページ のwallで、イギリス在住の163さん がオススメと教えてくれたホームページ、Baileys – Home Store

ベイリー夫妻(Mark and Sally Bailey)の本が気になっていて、出版されている中で、どの本を最初に購入しようか迷っていました。そして決めたのがコチラの『recycled home』です。

home01

私がこの本を開きながら素晴らしいなと思ったのは、多くにありがちな「ショールームのような見せ方」や、量産されたデザイナーズ家具類が皆無なところ。独自のオリジナリティーと言えばよいのでしょうか。表現しにくいのですが、全体的に温かみが感じられる1冊になっています!

DIY好きな方、これからDIYに挑戦しようと思ってる方には特にオススメしたい本ですが、1つ大変かも?と思ったのが、ハコ (建物) そのものが日本とかなり違うという事。

例えばベルリンだと特にアルトバウのアパートを選べば、リフォーム前だと自然に壁や廊下が、ほどよ〜く色が剥げていて、良いところだけ残すことがお金をかけずにできます。日本だと窓のかたちも違えば、天井の高さも違う。う~む、難しい!!

home02

しかし、上記の画像のように雰囲気のある良い木と素敵な素材さえ、入手できれば自分たちで作れそうな「クールなランプ」と「歯ブラシたて」のページ等もありますし、手作りに挑戦したくなるようなアイディアが本の中に沢山つまっています。

home03

こちらの本にご興味ある方は下記で紹介してますので、ご覧になってください。日本からでもAmazonで購入できるようです。ちなみに私もAmazon (Amazon.deですが)で購入しました!

私は他の『simple home』と『 HAND MADE HOME』も購入する予定です。

そして、イギリスに行く機会があれば、中心地のロンドンから遠いらしいのですが、baileys のお店にぜひ行きたいなと思っています。

You might also like

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

Heidi Swanson(ハイディ・スワンソン)レシピ本

数年前に素敵なレシピサイトがあるよ〜! とEMIKOちゃんが教えてくれたのがこちら 101

60’s マグナム マガジンより ジョージ・ジェンセンとRENZの広告

蚤の市では価値のある古書をはじめ、単なる古本や雑誌など様々あるのですが、それらを最初に立ち止まってチ

60’s マグナム マガジンより ~ RENZ の広告 ~

string ( ストリング )につづき、コチラも壁に取り付けるタイプの棚になります。 デザインは

海外暮らしには特に使える!『VEGE BOOK』

私が日本から持参した数冊のレシピ本は『和食』メインのため、ベルリン暮らしには『買い物』視点で考えると

読書しなきゃ!

最近、積読(つんどく)が増え始めている事に気付き、いいかげんに、きちんと読んでいないものを読み始めな

60’s マグナム マガジンより string ( ストリング ) 広告

インテリア好きの方なら名称まで知らなくても見た事ある!という方が多いと思います。 画像は1960年

改めて読みたい「魂の目的」ソウルナビゲーション

私の MacBook Air は購入から6年経過。 キーの「O」と「M」部分の色が剥がれ、白く

デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。 既に4年も前になるとは...

旅で再び出会った本、あるヨギの自叙伝

皆さんは海外旅行の持ち物チェックリストの中に『本』は入っていますか? それとも旅に『本』は不要でし


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

広島 南インド料理 ケララ食堂

日本でクリスマスを過ごしたのは7年ぶり。 ちなみに、これからのお

尾道 USHIO CHOCOLATL (ウシオチョコラトル)

MAROU (マルゥ) チョコレート以来でしょうか。 素敵なパッケー

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top