イギリスの最高傑作 POOLE Pottery を使う

posted on : ヴィンテージ記録帳

久々に更新するカテゴリ「ヴィンテージ記録帳」ですが、ドイツヴィンテージではなくイギリスの最高傑作 POOLE Pottery (プール ポタリー)です。

約4年前にロンドンに行った際、ヴィンテージを販売しているショップでは、カップ&ソーサー1客ずつの単品ではなく、ポットをはじめ、ミルクピッチャーやシュガーポットにケーキ皿を含めたフルセット販売。

セット価格は簡単にポン!と支払える額ではなく、オマケに素材は陶器です。量的にも国をまたぐ持ち帰りは断然厳しくなると簡単に想像できたので、即行、諦めました。

しかし結果的には、この諦めがドイツへ帰国後「ラッキーな出来事」につながったのです!

POOLE Pottery

ドイツで知名度が無い事が幸いし、セット価格でもかなり状態の良いものをお手頃価格で入手する事ができたのでした。

とはいえ、自国ブランドではない上、ヴィンテージもの。品数も種類も圧倒的に少ないのが現実で、今後もドイツでの入手に過度な期待はできませんが、ゆっくり「縁」がある時に手に入ればいいか… という姿勢でいます。

ちなみに上画像右側のカップ&ソーサーは、私が購入したものではなく、去年のクリスマス時期にイギリスに住む友人がプレゼントしてくれたの。内側がピスタチオ・グリーンのツイントーンは原産国であるイギリスでも簡単に入手できるわけではなく、珍しいのだそうです。

POOLE Pottery

こちらはドイツで購入しましたが、奥側がソーサー付きのシュガーボウル。手前がエスプレッソ カップ&ソーサーなので、上のコーヒーカップよりグっとサイズは小さくなります。

私はミルクを買い忘れてしまった時しかエスプレッソは飲まないので、ほぼ『来客用』シュガーボウルは持ち手がないだけでカップと同じサイズとなります。

プールポッタリー

POOLE Pottery のポットは2つほど持っています。フタのデザインと色が違うだけでサイズはまったく同じ。

ポットは「注ぎ口の短いタイプ」が好みなので大変気に入っています。

注ぎ口の長いものが苦手な理由は、単に掃除がしにくいから。専用の細いブラシが売られてますが、内側をしっかり見て確認できないのがどうも気持ち悪いのです。このポットは汚れが残っていないか、洗いながら一目瞭然なので助かっています。

POOLE Pottery って危険だなぁ… と思うのが、ツイントーンのバリエーションがある事。持っていない他の色目がじんわりと気になってくるのです。

中毒性が出てくる?!イギリスの素敵な老舗陶器の紹介でした。

You might also like

紙で残したい用のアルバム

非常にコンディションの良い60年代のアルバムを見つけました! こちらは未使用のまま長期

大好評だった ヴィンテージ メリタ の小皿

実は、販売するにあたって心配していたヴィンテージ メリタの動物・昆虫シリーズ。 陶器製コーヒー

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

約半年前から欲しいな... と思っていた『Buchlese-Lampe』 文字通りBuch (

ナゾの メリタ 陶器フィルター 112

今まで一度も見た事がなかったメリタの陶器フィルター 112 通常、本体にMelittaとあるの

プッチ(ローゼンタール)のポット

本日から発売スタート『ローゼンタール × エミリオ・プッチ 』の紹介です。 この記事は

真鍮クリップを使う

最近、1度開封した袋を留めるのに、木製の洗濯バサミから ヴィンテージの真鍮クリップに変えました。

エノク・ウェッジウッドの魅力

日本でも超有名で知名度も高いイギリスの陶磁器メーカー、ウェッジウッド。(Wedgwood)ところで、

クリスマス・プレゼント用のタッセル作り

蚤の市で見つけたヴィンテージのリペア用の毛糸。 赤や緑を選べば、クリスマス・プレゼントの装飾用

アンテークのリキュールグラス

収納したままではなく普段にも使う!

日本で生活していた頃から大量生産系の雑貨や家具に興味は なかったものの、ドイツに住むまでヴィンテー


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top