イギリスの最高傑作 POOLE Pottery を使う

posted on : ヴィンテージ記録帳

久々に更新するカテゴリ「ヴィンテージ記録帳」ですが、ドイツヴィンテージではなくイギリスの最高傑作 POOLE Pottery (プール ポタリー)です。

約4年前にロンドンに行った際、ヴィンテージを販売しているショップでは、カップ&ソーサー1客ずつの単品ではなく、ポットをはじめ、ミルクピッチャーやシュガーポットにケーキ皿を含めたフルセット販売。

セット価格は簡単にポン!と支払える額ではなく、オマケに素材は陶器です。量的にも国をまたぐ持ち帰りは断然厳しくなると簡単に想像できたので、即行、諦めました。

しかし結果的には、この諦めがドイツへ帰国後「ラッキーな出来事」につながったのです!

POOLE Pottery

ドイツで知名度が無い事が幸いし、セット価格でもかなり状態の良いものをお手頃価格で入手する事ができたのでした。

とはいえ、自国ブランドではない上、ヴィンテージもの。品数も種類も圧倒的に少ないのが現実で、今後もドイツでの入手に過度な期待はできませんが、ゆっくり「縁」がある時に手に入ればいいか… という姿勢でいます。

ちなみに上画像右側のカップ&ソーサーは、私が購入したものではなく、去年のクリスマス時期にイギリスに住む友人がプレゼントしてくれたの。内側がピスタチオ・グリーンのツイントーンは原産国であるイギリスでも簡単に入手できるわけではなく、珍しいのだそうです。

POOLE Pottery

こちらはドイツで購入しましたが、奥側がソーサー付きのシュガーボウル。手前がエスプレッソ カップ&ソーサーなので、上のコーヒーカップよりグっとサイズは小さくなります。

私はミルクを買い忘れてしまった時しかエスプレッソは飲まないので、ほぼ『来客用』シュガーボウルは持ち手がないだけでカップと同じサイズとなります。

プールポッタリー

POOLE Pottery のポットは2つほど持っています。フタのデザインと色が違うだけでサイズはまったく同じ。

ポットは「注ぎ口の短いタイプ」が好みなので大変気に入っています。

注ぎ口の長いものが苦手な理由は、単に掃除がしにくいから。専用の細いブラシが売られてますが、内側をしっかり見て確認できないのがどうも気持ち悪いのです。このポットは汚れが残っていないか、洗いながら一目瞭然なので助かっています。

POOLE Pottery って危険だなぁ… と思うのが、ツイントーンのバリエーションがある事。持っていない他の色目がじんわりと気になってくるのです。

中毒性が出てくる?!イギリスの素敵な老舗陶器の紹介でした。

You might also like

久々にお皿を購入

数年前に日本に帰国した際、実家におきっぱなしにしていた和食器類を持ってベルリンに戻った以降、食器を購

丈夫なつくりの子供用の椅子

去年の夏からずっと探していた、Kinderstuhl(子供用の椅子)脚がパイプ製じゃないもの、クラシ

アントワープ旅行 ⑦ アントワープの蚤の市

かなり以前に「アントワープの蚤の市はいいよ〜!」と 聞いた事はあったのですが、今回  "初" のア

イエナグラスの収納方法

ベルリン在住の日本人男性アーティストのお茶会に呼ばれた時に、キッチンで見かけた良いアイディア。使い込

非売品の mono アイテム

先日、Peter Raacke 氏に取材に行ったことがあるという 友人から mono のレア・アイ

三猿 (さんざる) オープナー・セット

去年の誕生日プレゼントで頂いた『三猿 オープナー・セット』 (下記画像が頂いた三猿です!)

ロシアのそろばん にうっとり

私自身にコレクター癖はありません。ただ、数年前から見たら興奮して、つい購入してしまうモノあります。そ

ナゾの メリタ 陶器フィルター 112

今まで一度も見た事がなかったメリタの陶器フィルター 112 通常、本体にMelittaとあるの

ヴィンテージ メリタ アルミニウム製 ドリッパー

ここ数週間、毎朝使っていた陶器フィルターをお休みさせて、新たに使用しているのが 「メリタ アルミ製

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未使用の片手鍋を じっと見つめ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top