楽しめる ベルリン 北欧5カ国大使館

旧ブログから大半の記事をひっぱって、新ブログへの引っ越しを完了させたと思っていたのに、PLAY NORDIC 展の記事が見つからない!

調べたところ、画像を撮影したのみで
最初から記事を書いていませんでした。

ベルリン 北欧5カ国大使館

去年の夏(8月9日)に行った、PLAY NORDIC 展。

2013年、HENRIK VIBSKOV (ヘンリック ヴィブスコフ) の展示内容の記事を書いた場所と同じ「Nordische Botschaften」です。

ベルリン 北欧5カ国大使館

深緑の壁に様々なアイテムが展示してありました。

こういったディスプレイは、モノとモノの間のバランスを考えないといけないので大変だったろうなぁ…と思いながら1つ1つチェック!

ベルリン 北欧5カ国大使館

カイ・ボイスン のモンキーがぶらさがってるカゴは、しっかりした作りで素敵でした。下の二匹のフクロウは日本のお宅の玄関にあいそうな感じです。

ベルリン 北欧5カ国大使館

フロアの一角には、書店のように沢山の写真集が置いてあるコーナーあり、棚の前のスツールが、またもオシャレでカワイイ!奥の黄色いスツールが気に入ったので、お値段が気になるところ…

ベルリン 北欧5カ国大使館

上画像ですが、実は大きなテントの中です。

子供用の絵本や雑誌の他に写真集もちらほら。カラフルなカーペットにビビット・カラーのクッションが置いてあり、気軽に寝転びながら気になる本を読めるといった空間で居心地よかったです。

nordic06

上の Hatje Cantz から出版されている写真集、The Helsinki School(ヘルシンキ・スクール)は見た事がある方もいらっしゃると思います。シリーズ化されていて、上はVol. 4です。

『ヘルシンキ・スクール』というタイトルですが、ヘルシンキ芸術デザイン大学の教師や卒業生を中心とした写真家グループの名称であり、ヘルシンキの学校の子供達がうんぬんといった内容の写真集ではありません。

無料スペースなので展示のボリュームは少ないですが、適度に楽しめます。また、いつも人が殆どいないのでゆっくり見れて快適です!

Nordische Botschaften Felleshus / Gemeinschaftshaus
Rauchstraße 1
D-10787 Berlin
http://www.nordischebotschaften.org

You might also like

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

ドイツ国内の引っ越し ②

ゲッティンゲンを退去する前に次に住む家を探さないと! … という事で、特に9月は本腰入れ、

ベルリン芸術大学でアラン バディウのカンファレンス

去年からベッドサイドテーブルにはアラン バディウの本が山積み。 度々、YouTubeでバディウのイ

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

タマラ・ド・レンピッカのアトリエ

画集ではなく、初めてタマラ・ド・レンピッカの本物の絵画をみたのが2005年に東京都美術館で開催された

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!

実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。

FROLLEIN LANGNER / ノイケルン

カフェ Frollein Langner は、ベルリンでパン職人として働く傍ら、ケーキとお菓子のブラ

お土産に頂いた Bonanza Coffee の豆

2泊3日の短いベルリン滞在中、友人と会う時間を作るのが非常に大変だったのですが、最終日は空いている時

ベルリン ケーペニック Köpenick

ベルリン Köpenick (ケぺニック) に行ってきました!今年は少しでもあいた時間ができたらAB


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top