アムステルダム PEER PAPER PLATFORM

お散歩中、ひと際目立っていた黒色の外壁のお店。

立て看板には
ART BOOKS MAGAZINES COFFEE & CAKE
と書いてあります。

とっても、気になる….

丁度、ゆったりと休憩ができそうなカフェを
探していたので、ココに即決しました。

窓ガラスにぎっしりと、白い文字で書かれた図にも目を引いたのですが、こちらは日本人アーティスト Mako Ishizuka さんの作品だそうです。

店内は、今風な感じのカフェではあるものの
アットホームな雰囲気。

店員さんもフレンドリーで、フリーWi-Fiがあるか伺ったところ、快くログイン名とパスワードを教えてくれました。

入った時は、私達しかお客がいなかったため
何処に座ろうか迷ったのですが、何やら地下部分にも空間が
あるのに気付き、席を決める前に階段を下りてみました。

文章やイラスト(ドローイング)が、様々なノートや手帖に書かれたものがズラリと並んでいて、写真は撮ってないのですが、その奥側スペースには立体型のやや大きい作品の展示が。

地下という事もあるのですが、地上階の明るく真っ白い空間とは真反対。

得に奥側は、けっこう薄暗く殺伐としている感じだったので、足早に階段を上がり、中二階の窓際の席を選び、座りました。

近くの壁には、アーティストの作品の本や
アートマガジンの販売コーナー。

販売されているものとは別に、自由に見ても良い(多分…)
アートマガジンが隣の席のテーブル上に無造作に置かれてあったので
数冊ほど自分のテーブルへ。

カプチーノを飲みながら、ゆっくりページをめくって読んでいたのですが
あまりにも心地良いので、家でリラックスしているような感覚。

2時間近くも長居しちゃいました。

後にわかった事なのですが、PEER はアートマガジンも発行している、アーティストのためファウンデーション。

そこが運営しているカフェ&ショップなので、毎日営業しているわけではなく、金曜〜日曜、他はアーティストのオープンアトリエで開放しているようでした。

記事末にGoogleのマップを貼ろうとしたところ
Permanently closed とあります。
私がいった場所での営業はしていないようです。

完全に閉業ではなく、同じような雰囲気で移転していれば
嬉しいのですが… 非常に残念。

ベルリンに住んでいた時も同じなのですが、カフェはオリジナリティが
あるところに限って、いつの間にか、無くなっているので悲しいです。

保存

保存

保存

You might also like

エディンバラ No.1 High Street

フィッシュ&チップス を食べた後に腹痛が

エディンバラ空港から Airlink バスで市内へ! の続きになります。 Edinburgh

ANN’S COFFEE SHOP で朝食を

前回からの続きになります。 旅行中は3食とも全て外食ですませていたので、Santa Cruz

大阪 十三 mt.cafe(マウントカフェ)

15年ぶりに、大阪に行ってきました。 広島から新幹線で約1時間半です。 私は、明光寺の "お

西八王子 Gare de M(ガレ ド エム)

友人の旦那さんが、西洋料理店 Gare de M(ガレ ド エム)を オープンしました! 店

睡魔が襲う人気のBar

どこかしら、アットホームな雰囲気のバー。 人気のバーに行くと、多くの店内が黄色がかった

エディンバラ southpour

エディンバラ レストラン SOUTHPOUR

雑誌の中についている地図を抜き取り、印をつけて片手に持ち あちこち歩き回っていましたのは昔。20代

ベルリン Cafe Einstein Stammhaus

ベルリンに旅行に来られた方は、ガイド本にも紹介されていて有名なので、既に行かれたり、ご存知の方も多い

黒いマカロンの正体は?

毎回『黒いマカロン』を求め DU BONHEUR に行けば、Lakritze macaron (ラク

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した、ヴィラ クレメンティーネ。

P103 Mischkonzern

最近、この P103 Mischkonzern に行く機会が多いのですが、夜はチャンスを逃し続け、日


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top