80年代 オールド グッチの説明書は手書き印刷!

posted on : 日常のあれこれ

かなり昔から、母の衣類収納スペースに保管してある
オールドグッチ(ヴィンテージ グッチ)のハンドバッグ。

1度も使用せず、タンスの肥やし状態だったので
何で購入したの? と、これまた大昔に聞いた事があります。

80年代当時、親戚から
「1つ位はきちんとしたハンドバッグを持ちなさい!」
と注意され、よくわからないまま購入したバッグなんだそうです。

母は、モノ(商品)を選ぶ基準が
「安い」か「高い」か。

ちなみに父は、母とは反対で
良いものか、そうでないものか。
値段うんぬんよりも「質」重視。

というわけで、「1つ位はきちんとしたハンドバッグ・・・」と
親戚から注意されたというのも納得です。

以前、リーバイスのジーンズを買って来た父に対して

「あなた、ユニクロでいいのよ。なんでリーバイスのような高いジーンズを買ったのよ。ユニクロで十分です!」

と夫婦喧嘩していたくらいですから…

実家に帰省中は、母から毎回
「このグッチのバッグあげるから使わないから持って帰って!」
と言われていました。

赤色の保護袋から出すと、未使用なので
ほんと、キレイなまま。

バッグの中に入っていた説明書(保証書)を開くと
驚いたのが、手書き風の日本語説明でした。

既成フォントではなく、どなたかが手書きしたものを
印刷したのだと思います。

珍しすぎて新鮮!!
即、スマホで写真を撮ったのでした。

見開きの右側文章が特に印象的です。

製品は大切に扱って下さい。

今の時代、「説明書(保証書)は大切に保管してください」という文言はあったとしても、製品を大切に扱って下さいと記載されたものは少ないのではないでしょうか。

残念ながら現状は、消費者に対して洋服にしても、家具にしても、低価格の大量生産系が世界中に蔓延っています。

表立っては言わないものの多くは、すぐヘタっちゃうし、壊れるけど、安いから、またすぐ買ってね!というスタンスであり、購入する側も使い捨ての感覚が強いのだと思います。

特に最後の言葉、

つまらない不注意から当品を台無しにしたり、汚したりしないようにしましょう。

つまらない不注意って?!

本当に本当に大切に使って欲しいという想いなのでしょうね。

私はブランド名が “主張” してる商品が非常に苦手。なので
持たないように、買わないようにしていました。

毎年、帰省後ももらわずに置いたままにしていたのですが
この説明書をきちんと読んだあと、意識が変わったので
今年中に持って帰ります。

長年のタンスの肥やしから脱却です!!

 

You might also like

サンゲージング って何?

昔、ベルリンに住んでいた事があるというM氏から『サンゲージング』オススメですよ!とmsgを頂いた。初

カラスに襲われた記憶がよみがえる…

数日前から17時近あたりになると、カァ〜〜カァ〜〜と外からカラスの鳴き声がしはじめて、あっと言う間に

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったという内容で書いたのですが、窓に

クロアチア ドゥブロヴニクのお土産

前々回のブログ記事にクロアチアに向けて出発したと書いたのですが、お土産と共に帰国し、戻ってきたのでク

実家にあったお宝 〜 70年代のタッパーウェア 〜

マンションではなく一戸建てだからかなのか、モノがやったら多い実家。 一階の和室がほぼモノ置き状

Scents of LAND(センツ オブ ランド)のアロマキャンドル

LAに住む友人から素敵なプレセントが届きました! 小包をあけた瞬間、何ともいえない、や

進まないどころか始まらない工事

シャワー・スペースのドアが壊れて既に1ヶ月経過。 かなり古いタイプだったせいか、大家に連絡した

春の到来

どうやらベルリンに春が到来したようです! 特に今週は、長い冬が終わろうとしてるんだと実感できる日々

大変だったベルリン戻り

1週間ほどフランクフルト郊外に滞在したのですが、ベルリンに戻るのがとても大変でした。 27日に

帰国したら、街はすっかりクリスマス風景!

2ヶ月近い、一時帰国を経てドイツ(ゲッティンゲン)に帰国しました。 街並はすっかりクリスマス!


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top