80年代 オールドグッチの説明書は手書き印刷!

かなり昔から(現在も)母の衣類収納スペースに保管してある
オールドグッチのハンドバッグ。

1度も使用せずに保管したままと言っていたので、これまた昔、何で購入したの?と聞いた事があります。

販売していた80年代当時に親戚から、1つ位はきちんとしたハンドバッグを持ちなさい!と注意され、よくわからないまま購入したバッグなんだそうです。

注意されたとは…

でも、何となく理解できます。商品を選ぶ基準が母と父では正反対なのです。

以前、リーバイスのジーンズを買って来た父に対して
あなた!ユニクロでいいのよ。
なぜリーバイスのような高いジーンズを買ったの?ユニクロで十分です。
と口喧嘩していたくらいですから。

実家に帰省中は、必ずといっていいほど
母からグッチのバッグはあげるよ。
使わないから持って帰って!と言われていました。

赤色の保護袋から出すと、未使用なので、キレイなまま。

バッグの中に入っていた説明書(保証書)を開くと
大変驚いたのが、手書きの日本語説明です。

勿論、この説明書に直接書かれたという意味ではありません。

既存のフォンントではなく、どなたかが手書きしたものを
使用しているのです。

珍しすぎて新鮮!!
即、スマホで写真を撮ったのでした。

見開きの右側文章が特に印象的です。

製品は大切に扱って下さい。

今の時代、「説明書(保証書)は大切に保管してください」という文言はあったとしても、製品を大切に扱って下さいと記載されたものは少ないのではないでしょうか。

残念ながら現状は、消費者に対して洋服にしても、家具にしても、低価格の大量生産系が世界中に蔓延ってます。

表立っては言わないものの多くは、すぐヘタっちゃうし、壊れるけど、安いから、またすぐ買ってね!というスタンスなのではと思います。

特に最後の言葉、

つまらない不注意から当品を台無しにしたり、汚したりしないようにしましょう。

つまらない不注意って…

本当に本当に大切に使って欲しいという想いなのでしょうね。

私はグッチに限らず、ブランドが一目ですぐわかってしまうハンドバッグを持つ事に抵抗があり、またもや持って帰りませんでした。

しかし、よく考えてみると、使用しているバッグはどれも、とても小さいですがブランド名のマークやロゴがあります。有名、無名問わず、ロゴ、もしくはブランド名が全くないバッグを探そうとすると、難しいですね。

この説明書の画像を改めて見て読んで、今年中に持って帰ろうと決めました。
長年のタンスの肥やしから脱却です。

11月か12月あたりになってしまいますが、このページに
バッグ画像を追加しますので!

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

You might also like

人間関係の悩み 海外職場編 – 本質はどこの国でも同じ (1)

人の悩みの多くは『人間関係』の悩みだというけれど、ありがたい事に私自身は随分長く、悩んだ事がありませ

多肉植物レポート パテンシス

ベルリンに住んでいた頃に多肉植物の記事を幾つか書いたのですが、この時期に育てていた多肉植物は1種類の

見てると止まらない フライトレーダー24

今月のはじめ、楽しいメゾネット生活 にも書いたのですが 部屋の窓から見える旅客機。 ヴィース

ヴィンテージ・ナショナル ジオグラフィック

今まで National Geographic(ナショナルジオグラフィック)を購入した事は1、2回程

念願だった ル・クルーゼ のフライパン

先日、久々に蚤の市に行ってきました。そこで、長〜い間こころの中で欲しいな、いつかは買いたいなぁ… と

初めてベルリン以外でビザ更新 ②

初めてベルリン以外でビザ更新 ① の続きです。 3回目のビザ更新をベルリンでした際、3

手作り ポーランド パン

どこの国の人も生まれ育った国 の食べ物が恋しくなるようですね。 私が広島焼きを無性に食べたくな

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

ドイツの老人ホームで日本の祖母をおもう。

去年の11月、日本に一時帰国中に認知症で老人ホームにいる祖母に会いに行きました。そして年始はドイツ。

昔から食器類は人に割られてしまう…

タイトル通りなのですが 昔から食器類は人に割られてしまいます。 過去の例で言うと、ウチに泊ま


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
築110年の古民家 北広島町 峠の美容室 わらふ

前回「野の花かふぇ」を紹介しましたが、このカフェで ランチをした後に

広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが 文末に 『ベルリン

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 (その3)

10月31日にフランクフルト空港からルフトハンザ機で出発。 今年は東

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったと

一滴の音 一滴の踊り ゆらゆら混ざる余韻(広島 LOG)

広島で友人(きくち まゆ ちゃん)が 出演するイベント告知です。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top