Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

posted on : ◎ デザイン / アート / 博物館

ノリオ君の first solo show のオープニングに
GALERIE ALBRECHT へ行ってきました。

武蔵野美術大学出身でベルリン在住のアーティストです。残念ながら顔写真はございません。本人が顔写真はダメよ… との事で作品のみの画像です。

このブログ記事に使用してる画像はごく一部で、実際にギャラリーに行けば、沢山の作品が観れます。特に両壁ズラリと並んでいた亀の甲羅は圧巻で、IKEAのカタログを使用し貼られたデザインのパターンが何とも魅力的でした。

norio01

オープニングの終了後は皆で近所のカフェに移動して御茶をしたのですが、そこで面白いエピッソードを話してくれました。

展示のために4ヶ月ほど制作を続け、その間の休みは4日のみ。途中、体調を崩して風邪を引いてしまい、熱が出てしまったそうなのですが、制作するリズムを崩したくないという信念からアトリエに通い続けたそうです。

そして、仕事の合間、展示するギャラリーへ行くため、地下鉄に乗っていた際、近くにいた人が携帯電話で話していたそうです。(ちなみに日本と違って、地下鉄車内でもガンガン携帯電話で話してる人は多数です)その声を聞いた人が駆け寄って「君とサハラ (Sahara) で会ったよね?顔はハッキリとは覚えてないけど、声を覚えてて…」

よっぽど印象のある声だったのでしょうね。この2人はベルリンの地下鉄で『偶然の再会』をしたのでした。そして、片方の人が「サハラでは仕事がぶっ続けであって4ヶ月休みがゼロだったんだよ」と言ったそうです。

それを横で聞いたノリオ君は心の中で
僕は4日休んだ… まだまだだな、と思った、と…

norio02

私はその話に感動してしまいました。
決して “激務” 礼賛をするわけではありません。

ただ、人生において、頑張らなければいけない時はしっかりと熱意を持ってやらなければいけないんだ!と感銘したのと、彼等のベルリン、地下鉄での偶然の再会。

それも「声」での手がかり!もし、その男性が携帯で話してなかったら?単にすれ違ってただけでしょうね。人生って不思議ですね〜。

norio03

来年の1月11日までGALERIE ALBRECHTで展示してるそうなので、ベルリン在住の方、もしくはこの期間、ご旅行で来られる予定のある方、ぜひ行ってみてください。

14日(土曜日)は12時から16時までギャラリーにいるそうです!

GALERIE ALBRECHT
http://www.galeriesusannealbrecht.de
7.12.2013 – 11.1.2014
Charlottenstr. 78
10117 Berlin

Norio Takasugi(高杉憲央)
www.norioiron.com

You might also like

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って

Tate Modern – Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) 展

Tate ModernにてGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)展を観に行きました!

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 早めにと

久保舎己 (くぼ すてみ ) 版画集

ベルリンを拠点にアートコーディネーターとして活動されている河村恵理さんがコーディネートされた関係で知

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

オーストリアのアーティストErwin Wurm

Berlinische GalerieでERWIN WURM展

6月中旬に2泊3日ほどベルリン滞在したのですが、Berlinische Galerieで 今年の4

フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。 ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽど

実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。

NOA ESHKOL ダイナミックなウォール カーペット

Dance composer であり、テキスタイルアーティストのNOA ESHKOL(ノア・エシュコ

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top