NOA ESHKOL ダイナミックなウォール カーペット

posted on : ◎ デザイン / アート / 博物館

Dance composer であり、テキスタイルアーティストのNOA ESHKOL(ノア・エシュコル)の作品をギャラリーでみてきました!

noa01

私はお裁縫も編み物も大の苦手でして『手作り』で何かをつくる… というのを、お料理以外はず〜っと避けて生きてきました。

最近、あるドイツのファッション・デザイナーさんから余り布を沢山頂く機会があり、生まれて初めて自分の中で「なんでも良いから作ってみたい」という心境の変化が!!!

noa02

そんな時期だったので NOA ESHKOL のウォール カーペットの作品をアート鑑賞の視点から… というのではなく選んでいる生地の柄、色、配置をじっくりとチェック。

noa03

縦,横、斜めの縞模様の生地をふんだんに使用してる下画像の作品ですが、かなり大きめサイズ。実物はダイナミックで迫力あります!

noa04

作品のひとつひとつに動きがあり、のっぺりしてないのは色や柄の組み合わせだけではなく、生地の素材もナイロンであろう少々光沢があるものと、そうでないもののバランスなのかなぁ、と思ったり。もちろん構図のセンスもあるのでしょうね。

noa05

私事ですが裁縫をスタートしたいと思っています。(趣味の範囲で小さなクッションカバーを既に作っちゃってます… )本当に苦手で嫌いだった事が、そうじゃなくなることってあるのですね。人生って本当に不思議。

今回、NOA ESHKOLのウォール カーペット作品が全て集まっている展示ではなかったので、他の作品も機会があれば、ぜひ実物をみたいと思っています!!

Neugerriemschneider
Linienstr. 155, 10115 Berlin
http://www.indexberlin.de/?venue&it=63

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

ペルガモン博物館

この夏に『ペルガモン博物館』に行った事を忘れていました… いつもで行けるや〜なんて思ってると行

ryoji ikeda db – Hamburger Bahnhof

先月、Hamburger Bahnhof (ベルリン) で開催中だった ryoji ikeda db

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS(1)

先月末、念願だった K21 STÄNDEHAUS へやっと行ってきました! デュッセルドルフは

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

Drawings Storage

先々週、 Tian Fu で、特に誰の誕生日でもなかったのですが、友人(カップル含め)9名が集まり

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って

ワイマール Haus am Horn

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)

旅行前からバウハウス大学はしっかり頭に入れていたのですが、義弟(Weimar在住)に、 Haus a

タマラ・ド・レンピッカのアトリエ

画集ではなく、初めてタマラ・ド・レンピッカの本物の絵画をみたのが2005年に東京都美術館で開催された

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 先週の日曜日に行

Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

ノリオ君の first solo show のオープニングに GALERIE ALBRECHT へ

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top