人間関係の悩み 海外友人編 – 本質はどこの国でも同じ (2)

posted on : ■ マジメな話

人間関係の悩み 海外職場編 – 本質はどこの国でも同じ (1)
の続きです。

ningen

(1) では、職場関係の事を書いたのですが、職場に限らず『友人関係』でも、親しき仲にも礼儀ありで、友人に対して人前で恥をかかせたり、毒(傷つくような言葉)を吐いてはいけないんですよね。

実は、今年の夏に『私は絶対に気をつけよう』と思った出来事があったのでした。

友人達と友人の友人が集まり、某レストランで食事をした時でした。(日本人は私のみで、他はドイツを含めたヨーロッパ国)食事も終わり、まったりしてた時にある女性が、カップルの男性に向かって、個人的なクレームを出して皆の目の前で責め始めたのです。(よくある、約束に対して言った言わないの言い争い)

声もだんだん大きくなると共に、非常にキツイ言い方にキレたのでしょう、男性の声もだんだん大きくなります。私は正直、なぜ「この場で???」という思いが強くなり、非常に不快になってきました。

それは周囲も同じだったのでは、と思います。言い合いが始まるまでは和やかで楽しかったのですからっ!

結果的に、この食事を最後に今でも彼等達の関係はコワレタまま。また、残念な事にカップルなので、お互いのパートナーまで巻き込んでしまっている状態です。2ヶ月半弱、私自身もどうにか彼等達が仲直りできるように努めてみたのですが、全く進展なし。

おせっかいな事をしては、余計にこじれると感じはじめてヤメました。

自分は正しい!と正論を言うのも、「場」と「言い方」が大事。長く続いてた友人関係がアッという間に崩れるのを目の当たりにしたのでした。

私自身は住む国は違えど、16歳からの友人と数名、いまでも続いているし、長い付き合いの友人が多いので、そんなしょうもない事で友人関係を壊したくないです。友情は長い信頼関係の積み重ねですからね。

とにかく、間違っても彼等と同じ事をしないように私自身は気をつけようと強く思ったのでした。

人前で大事な友人に対して「恥」をかかせてはいけないという事。あと言い方も気をつけるべきです。ただ、上から目線で言い負かそうとするのはもってのほか。

人間関係 の本質は、どこの国でも同じなんだな、と思った出来事でした。
(※ このテーマは、これで終了です!)

You might also like

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

ドイツ 女性のミッドライフ クライシス

自分の人生は これでよいのだろうか? このままでよいのだろうか? といった、自身の

食の嗜好が違う友人と旅行するとどうなる?

食の嗜好が違う友人と旅行すると どうなるか... ここでいう『食の嗜好』というのは、

ベルリンのテロ事件の前日

ベルリンで19日の夜、クリスマスマーケットに大型トラックが突入した前日、私達は Mainz(マインツ

人は視覚から大きな影響を受ける

先週あたりだったでしょうか、晴天なのに冬用のマフラーやアウターが必要だったほど寒く、その後は曇りの日

日本の労働環境 (1) 病欠編

ベルリン在住の日本人の友人に会うと、よく出る話題の1つでもある「日本の労働環境」 フリ

体罰だけではなかった私の小学校時代 (2)

本当は分けて書かずに1つの記事としてまとめるつもりだったのですが、書いてて吐き気がしてきて一

ドイツの根管治療(1)

ドイツに来て2年目のある日、左側の一番奥歯、歯茎の横に何か違和感を感じ、指で触ってみると、何やらプク

日本の労働環境 (2) 有給休暇編

『ドイツでは〜』『フランスでは〜』『イギリスでは〜』etc この切り口で始まる海外在住者の

義祖母 – 亡くなる前の不思議な出来事

2016年、11月末に短かった日本の一時帰国からドイツに戻り、街はすっかりクリスマス モード


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top