V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある
V&A Museum of Childhood へ行ってみました。(入場料無料)

playsack 01

最初は、すぐ建物から出ることになるだろうなと〜と思ったものの… 実際は大人でも十分楽しめる美術館で、けっこう長居してしまいました。

世界各国から集められた玩具は見応えあり!中でもこの Playsack、ポスターの不思議具合と子供サイズのトルソーに着用させた姿に私は惚れてしまいました。

この商品はポスターにもあるように様々な動物のバージョンが販売されてたのでしょうか?森や大自然の中でこの大きなpaper bagをかぶって遊ぶとどうなんだろう。

商品自体は、大胆な色使いといいデザイン的にも素晴らしいです。

childhood

入ってすぐ、真正面の奥側にカフェがあります。やはりここは展示物上、子供を連れた家族の来場が大半で、展示物に興奮した子供達が走り回っています。

また、小学生低学年だと思われる学校から授業として来ているグループも2、3ほど見かけました。私は子供嫌いではないので全く気になりませんが、若いカップルがデートで来る場所ではないような気がします。

お子さんに「どこか楽しいところ連れてって〜!」と言われた場合、小学生までなら喜んでくれる場所ではないでしょうか。個人的にはオススメです!

Museum of Childhood
http://www.vam.ac.uk/moc/

You might also like

HENRIK VIBSKOV (ヘンリック ヴィブスコフ)

Nordic Design Today – exhibition に行ってきました! 展示ワンフロ

タマラ・ド・レンピッカのアトリエ

画集ではなく、初めてタマラ・ド・レンピッカの本物の絵画をみたのが2005年に東京都美術館で開催された

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

ノリオ君の first solo show のオープニングに GALERIE ALBRECHT へ

巨大規模のカーブーツセール

イギリス滞在中、念願だったカーブーツセールに行ってきました! この画像だと、何これ?と思う方が多い

アントワープ旅行 ④ MoMu マルジェラ ザ エルメス イヤーズ

アントワープに行くのであれば、ココへは絶対に... と心に強く決めていた場所、モード美術館。

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って

久保舎己 (くぼ すてみ ) 版画集

ベルリンを拠点にアートコーディネーターとして活動されている河村恵理さんがコーディネートされた関係で知

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

ライプツィヒ 日帰り旅行 (2) グラッシィ工芸美術館

日帰り旅行でのメインとなる場所「グラッシィ工芸美術館」に行ってきました。 MUSEUM IM


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Translate »
Back to top