ドイツ国内の引っ越し ③

前回 ② からの続きで不動産会社から、唯一コンタクトしてくれた物件に関して
言われた内容なのですが、正直に他の人を選んだ理由を話してくれたのです。

最終決定は不動産を管理する会社ではなく、『物件の持ち主』が決めるそうなのですが、物件の持ち主いわく職場がベルリンの人に貸したい。あなたの仕事先はフランクフルト。私達は借り主の”又貸し”の危険性を懸念しているので、最終選考で他の方に決めました。

要するに、先方からしてみれば、職場がフランクフルトなのに、何でベルリンにアパートを借りようとしているの?と不思議というか、怪しく感じたのかもしれません。

私自身は現実的に考え、フランクフルトもしくは、その近郊へ引っ越すべきだと当初から言っていたのですが、夫は「研究職だから毎日通わなくてもいい。ならば友人が多くいるベルリンに戻りたい!」と当時は強く主張。

新しい街で再び友人ゼロの現実を考えたら、馴染みのある土地に戻る方がラクだと思うのですが、ベルリンとフランクフルト、距離が距離ですからね。

半ば私が折れるようなかたちでベルリンの家探しに同行していたのですが、この5軒目の不動産会社からの電話で確信したのでした。今、ベルリンに戻るタイミングではない!と…

家探しが難しく、家賃が値上がり続けている現状だと
ベルリンの『又貸し問題』、かなり深刻なのかもしれません。

 

You might also like

ロシア人夫婦のお宅にいたおデブ猫

1月、ブログを全く更新できず2月になってしまい、年末年始の内容を書くのは非常に気が引けるのですが… 

初めてベルリン以外でビザ更新 ②

初めてベルリン以外でビザ更新 ① の続きです。 3回目のビザ更新をベルリンでした際、3

実家にあったお宝 〜 70年代のタッパーウェア 〜

マンションではなく一戸建てだからかなのか、モノがやったら多い実家。 一階の和室がほぼモノ置き状

4月に雪とは…

3月末に近所を散歩した時、あともう少しで春がくる! と思ったのですが... 日々、冷

楽しいメゾネット生活

生まれ育った広島の家は庭がある一戸建なのですが、親元を離れてから、東京でもドイツでも一戸建に住んだ経

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

クロアチア ドゥブロヴニクのお土産

前々回のブログ記事にクロアチアに向けて出発したと書いたのですが、お土産と共に帰国し、戻ってきたのでク

加速がつづく?ファストファッション

先日、ミッテにオープンするH&M傘下のファッションブランド MONKI(モンキ)のオープニン

これって本当に椎茸? BIO Shiitake

先週、近所のフードマーケットで売られていたBIO椎茸。プライスカードには ♡ BIO Shiita

木の葉であそぶ

10月下旬だというのに暖かくて快晴続きのベルリン! 秋が非常に短い、夏が終わればすぐ長い冬がや


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top