『mono-RING』Peter Raacke デザインとの出会い

posted on : ヴィンテージ記録帳

mono社 のヴィンテージ・カトラリである『mono-RING』をDILL objectsで販売する前に、どういう経緯で知ったのか(出会ったのか)を紹介したいと思います。

1年半以上前の話になるのですが、ある蚤の市にいった際、数本のカトラリを手に持ってお客さんに何やら力説している年配の男性が目に飛び込んできました。商品説明をしている売り手は勿論、多々みかけるのですが、ものすご〜く真剣接客。

これは珍しいケースかも!と思い、ひとまず他の方への接客が終わったところで私から質問したのです。そのカトラリーは何か特別なものなんですか?と…

男性は、monoの商品だよ。知ってるかい?と聞くので「知らない」と即答すると「君はmonoを知らないのかっ!と呆れ顔。内心、そこまでバカにするかぁ?!と思ったものの、目の前に並べてあったフォーク、ナイフ、スプーンに私は一目惚れ。

deai01

デザイナーはペーター何とかで〜(その時に覚えられなかった Peter Raacke 氏の名前)なかなか珍しいもので等うんたらかんたら。今、monoでは販売されてなく… と早口で非常に長い接客がスタートしたのです。

しかし私は既に商品詳細は知らなくても、柄の端のリング型といい、ロボットのような雰囲気を持つカトラリに目が釘付け状態。絶対に購入して帰ろうと決めたのでした。

値段ですが、安くはなかったです。

deai02

ありがたい事に、セット売りではなくバラ売りのみ。手持ちがなかったため、銀行に行きたい事を伝え、必ず買いますから!と20€だけ内金として先に渡しました。しかし、後になって思うと実は高くなかったのです!

なぜならば商品自体が殆ど出回ってないから。あったとしてもコンディションの良いものは滅多にない。その上、現行のmono商品は高級プライスだったのです!

モノクロの下画像は1960年代のマグナム誌に掲載されていた、その当時の mono-e の広告です。

deai03

この mono-e は現在でも販売されているので DILL objects での販売予定はございません。また、mono-t に関してもヴィンテージの商品が見つかりにくい上、見つかっても木製部分の劣化があります。

ヴィンテージでも決して安価ではないため、現行では販売されていない『mono-RING』シリーズのみに絞ります!

また、近日中に販売スタートする『mono-RING』シリーズは時間をかけて少しずつ集めてきたものです。商品のコンディションも考えると、仕入れは困難なため、もし追加があるとしても時間がかかると思って頂きたいです!

You might also like

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.

ヴィンテージを使用したイースターのデコレーション

日本ではあまり馴染みがないイースター。 各国問わず、クリスチャンの方には非常に大事な行事の1つです

ドイツ SGRAFO MODERN GERMANY

ここ数年、花器は「色」と「形」だけを見て 何か、ほんわかと惹かれるものを選んでいます。

Haldenwanger Berlin

Haldenwanger社のアポテケ 小皿 2個セット販売スタートしました。 下の画像

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと

愛着を持ち続けられる小物をデスクまわりに!

デスクまわりの小物にこだわりはありますか? 私の場合はパソコンに向かっている時間が長いので、デ

幸せ夫婦の写真

ベルリンに住み始めて1年目の時、家庭から出た昔のアルバムを売っている古道具屋があり、見てると楽しくな

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿スタンド」を購入しました。

アントワープ旅行 ⑦ アントワープの蚤の市

かなり以前に「アントワープの蚤の市はいいよ〜!」と 聞いた事はあったのですが、今回  "初" のア

イエナグラスの収納方法

ベルリン在住の日本人男性アーティストのお茶会に呼ばれた時に、キッチンで見かけた良いアイディア。使い込


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • pinterest

Back to top