最初は笑っていたものの… 聞き間違い

posted on : 日常のあれこれ

先月下旬から今月にかけ、訳あって頻繁に
Wiesbaden (ヴィースバーデン)に通っていました。

特に秘密にしているわけではなく、順を追って詳細を書いていきたい
ので、しばらくお待ちを…

ヴィースバーデンで用事を済ませ部屋でくつろいでいた、ある夜

ジム オルークがヴィースバーデンに住んでるんだって 🎶
Vさん(友人)が言ってた!

と夫が嬉しそうな表情をして言ってきたのです。
確か彼は日本に定住しているはずでは…と疑問に思ったので

それって最近の話なの?
Vさんとまた電話で話す機会があれば確認してくれるかな。
とお願いしておきました。

そして約10日後…

ごめん。聞き間違えてた。
ジム オルークじゃなかった。
ミッキー ロークだった。

それを聞いて、最初は笑っていたものの、なんだか無性に
ムカついてきて、どうやったらその名前を聞き間違えるかな?
嬉しくない情報なんだけど(怒)と返答。

僕だって嬉しくはないさ!!
と私の冷たい言い方にイラっときた様子。

ミッキー ロークにも彼のファンに対しても「嬉しくない」とか
大変失礼な発言ですが、どうも整形を幾度か繰り返している姿が
痛々しくて…

それはともかく6年前位にヴィースバーデンに家を購入したのだとか。
ただ、現在も所有し、住み続けてるかどうかは不明です。

 

You might also like

今年中に!気になっているのに手付かずのまま

2年前の冬だったと思います。友人から、壊れて使えない電化製品を捨てに行くのだけど、あなたもあるようだ

懐かしい!友人からの手書きレシピ

ヴィースバーデンの家(アパート)は 私の人生 ”初” 、メゾネットになっています。 メゾネッ

やっぱり好きになれない Porridge (ポリッジ)

記事を書いたまま「未公開」で保留になったままの記事を発見! 先月の内容ですが、Paris 特集

ベルリン

ベルリンの家賃は引き続き値上がり中

久々にベルリン滞在してきました。 すっかり秋模様で道には枯れ葉だけではなく、カスタニエンもごろごろ

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったという内容で書いたのですが、窓に

春の到来

どうやらベルリンに春が到来したようです! 特に今週は、長い冬が終わろうとしてるんだと実感できる日々

プレゼントは自分でラッピング!

ご存知の方も多いと思いますが ドイツではお店でプレゼントのラッピング包装はしてくれません。

お酒が強くなる一方で、ホロリと酔えなくなる

このブログで何度か書いた事があるので、内容が重複するようで申し訳けないのですが、私は日本にいた頃、ビ

ピクニックアイテム やっと使える季節が来た〜!

なが〜い冬がやっと去り、日照時間もグンと増え、春らしい季節になってきたベルリン。やっと『ピクニックア

ニベア ミニ缶 自動販売機

約2年前でしょうか。Rosenthaler Platz 駅 (ローゼンターラー・プラッツ駅) 近くに


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top